FC2ブログ

玉櫻 純米生 とろとろにごり酒 30BY

家飲みプチ記録 玉櫻 純米生 とろとろにごり酒 30BY

20190508164927282.jpg  20190508164937079.jpg

 当ブログで28BY29BYと掲載した「にごり酒特集」において、文句無しでにMVPとしたお酒です、今年も当然リピート(まず2本買いました)
 前回の感想はこちら。
 
 なお、以下の感想は3月に開栓したときのものです。

20190508164946265.jpg  20190508164955253.jpg

 注ぐと、いつも通りその名にそぐわず、高濃度に濁っています。

 上立ち香はシュワシュワとしたガスと米粉が混じった感じの香りがそこそこに。
 含むと、ガス感と甘味と少々の苦味が入り混じった旨味が力強く入ってきて、トロリとした濃度とガス感が良い感じでせめぎ合いつつ、最後まで密度を保ったまま流れ込んできます。
 味わいは、やはりお米的な旨味が主役ですね、ほんのりと甘くて濃度は高く飲みごたえはあるのですが、あくまで優しい酸苦で全体的には硬質かつ引き締まっている印象。
 後味は、流石に若干の粉っぽさを口中を残しつつも、味わい自体は酸メインで見事に引き上げます。

 お米の旨味というものを、食感含めてど濃厚かつストレート、そしてクセなく楽しませてくれるトロシュワ酒でした。
 甘味はあるんですが、ほぼフルーツ感が無いのがまた面白いんですよ、とにかく米、それこそご飯的な飽きない感じがあります。
 またガスだけじゃなくて酸が聞いているので、注いでガスが抜けてもキレるところが、ありがちな直汲み系と一線を隠している感じなんですよね、オンリーワンながらも万人にオススメできるバランスだと思います。
 玉櫻とろとろにごり、来年も必ず買おうと思わせてくれました、引き続き激オススメ。

 ちなみに4月末に我慢できずに2本目を空けてしまいました(平成最後の家飲み酒として)。
 これがまた穴開き栓なのに全然ダレないんですよね~
 酒屋さんによると、もっと後になるとより発酵が進んで甘さが減っていくとか…、どの時点で飲んでも良さそうなことを含め、本当に凄いお酒だと思います。

20190508165012856.jpg  20190508165003916.jpg

名称:玉櫻 純米生 とろとろにごり酒 30BY
蔵元情報:玉櫻酒造有限会社
購入価格(税抜):1,250円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店(尾久)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月18日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

白龍 純米 初しぼり生原酒

家飲み記録 白龍 純米 初しぼり生原酒

20190425122203534.jpg  20190425122220360.jpg

 福井県吉田郡永平寺町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 未飲銘柄ということで衝動買いしました。
 多分散々言われているでしょうし若干失礼なことかもしれませんが、銘柄名からはどうしても「黒龍」を想起してしまいますね…、なんと同じ町内にあるらしいですし、由来で何か共通するものがあるのでしょうか。
 「ブラックドラゴンとホワイトドラゴンの飲み比べ」みたいなことをするのも面白いかもしれませんね。
 ちなみにこちらを醸す吉田酒造についてはSAKETIMESに紹介記事がありました、20代の蔵元女性杜氏ということで、今後も期待できそうな雰囲気を感じます。

 ラベルのスペック情報は貧弱ですね…、精米歩合70の生原酒でお値段は税抜1250円と良心的。
 11月製造の初しぼりですが、年明け1月に開栓しています。 

20190425122234045.jpg

 上立ち香はほんのりセメダイン混じりの酸が立った香りが控えめに。
 含むと、酸でしっかりと引き締まった感じの旨味が力強く入ってきて、青さも伴いつつ最後まで勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、うーんお米由来っぽい強い酸がとにかく中心ですね、若干の青さもあってフレッシュ感が強く、セメダイン系のケミカル感も手伝い、極めて硬度密度の高い印象。
 後味は、そのまんま酸が引き取って少々口がすぼまる感じでキレます。

 クリアな酸が最初から最後まで主役をはる、クイクイいってしまう感じの、軽さと飲みごたえを兼ね備えたお酒でした。
 いやあこれは個性ハッキリしてるなあ、甘味が僅少なので正直私のストライクゾーンからは外れるのですが、ハマる人は絶対に居るかと。
 日本酒はこういう多様性が良いんですよね~、やっぱり色々な銘柄を試すのは面白いっす。
 白龍、今後に期待すると共に、また別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20190425122308210.jpg  20190425122248042.jpg

名称:白龍 純米 初しぼり生原酒
蔵元情報:吉田酒造有限会社
購入価格(税抜):1,250円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 白龍 純米

2019年05月08日 福井の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

二兎 純米 山田錦六十五 生原酒

家飲み記録 二兎 純米 山田錦六十五 生原酒

20190423151425086.jpg  20190423151435309.jpg

 愛知県岡崎市のお酒です。
 同蔵のお酒の登場は4回目と、結構ハイペースですね。

 二兎は以前に山田錦五十五を飲んでいますね、今回は折角なので微妙に違うスペックをセレクトしてみました。
 二兎も順調に評価されてきている印象ですね~これまた日誌係さんの慧眼に感服。
 何だかんだで人気が出る銘柄というのは、基本的にはその味わいに納得感があると思います。
 あえて一言で言ってしまうと、「個性とまとまり」を兼ね備えたお酒が多いんですよね、正に二兎を追っているお酒という感じ。

 スペックは名前の通り山田錦の精米歩合65%です。
 11月購入で12月開栓なので、ほぼ新酒即飲みですね。

20190423151443528.jpg

 上立ち香は実にフレッシュでクセの無い洋梨的?な果実香がそこそこに。
 含むと、濃厚かつ若干硬質な印象の甘旨味がストレートな感じで入ってきて、若干の苦味と個性的なスースーする感じで最後まで軽さを維持したまま、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘さはそこそこながら高密度のフレッシュな旨味が中心にあって、そこにミント的な風味が伴うことで特有の飲み進めやすさを演出します、味わいがしっかりありつつどこか軽さがあるんですよね。
 後味は、その軽い感じのまま、苦味が引き取って見事なまでにしっかりキレます。

 フレッシュでミンティーという極めて個性的な風味を芯に持った、オンリーワンの芳醇スルスル酒でした。
 引き締まり方の硬質な感じはミネラル感とも言えるかも…、う~ん改めて日本酒の多様さを感じますねえ。
 私のような甘味偏重派より、全体のバランスを重視する方にオススメといえるかも(あるいは蒸留酒もイケる方)。
 二兎の確固たる個性を感じた一本でした、次はまた別スペックもいただいてみたいと思います

20190423151451660.jpg

名称:二兎 純米 山田錦六十五 生原酒
蔵元情報:丸石醸造株式会社
購入価格(税抜):1,459円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 二兎 純米

2019年04月30日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

播州一献 純米生原酒

家飲み記録 播州一献 純米生原酒

20190423151506957.jpg  20190423151516853.jpg

 兵庫県宍栗市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 こちらを醸す山陽杯酒造で、2018年11月にかなりの規模の火事が有ったのは記憶に新しいところです(はせがわ酒店さんのホームページに写真付きの記事がありました)。
 不幸中の幸いで、人的被害がなく、醸造関連の設備にもあまり影響がなかったとのことでしたが、それでも大変な苦労の中出荷されたであろう、30BYの新酒が今回のお酒になります。
 こういうときは一人の酒飲みとして「飲んで応援」するというのがやっぱり良いと思うんですよね、皆ハッピーということで。
 (ちなみに火事直後外飲みもしています

 さて、スペックはラベルに非常に詳細な記載が有ります、これ系のラベルはマニア心をくすぐりますね(凱陣とか亀泉cel-24とか)。
 また、肩掛けラベルには現状のお知らせと「感謝」の記載、こういうのは素敵ですね。

20190423151547232.jpg  20190423151601197.jpg

 上立ち香は結構濃厚な印象の、セメダイン混じりのフレッシュな香りが控えめに。
 含むと、しっかりと酸が効いた引き締まった旨味が力強く入ってきて、ほんのりとした程度の苦渋味も相まって、最後までキリリとした印象のままゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、甘さ控えめのフレッシュな芳醇辛口といった趣の旨味が主役、苦渋味が浮いた感じではないので、旨味をじっくりと楽しめる印象ですね。
 後味は、酸メインで引き取る形で見事なまでにキレます。

 フレッシュな酸によるキレが心地よい、実に新酒らしい今風の芳醇辛口酒でした。
 やっぱり以前飲んだ「ののさん」に比べると甘さ控えめですね、酸も相まって日本酒度+-0とは思えないレベルの引き締まりがあります。
 個人的ストライクゾーンからは外れますが、たまにこういうキレ酒も飲みたくなります、地酒の多様性万歳。
 播州一献、逆境をバネに躍進されることを祈りたいと思いました。

 開栓後数日経つと、口当たりが丸くなりますね。
 なんか甘味もハッキリ出てきましたし、これはこっちのほうが断然良いなあ、即飲みは損なお酒かも。

20190423151535803.jpg  20190423151526719.jpg

名称:播州一献 純米生原酒
蔵元情報:山陽杯酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 播州一献 純米

2019年04月28日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

亀萬 純米 無濾過生原酒直汲 野白金一式 九号酵母

家飲み記録 亀萬 純米 無濾過生原酒直汲 野白金一式 九号酵母

20190410170107866.jpg  20190410170117528.jpg
 
 熊本県葦北郡津奈木町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらのお酒は横浜の徳丸商店さんで購入しました。
 そっち方面に用があったので、「お酒ミライ」さんの初心者向け酒屋紹介記事を参考にしつつ訪問した次第です、いやあこちらの記事は遠征時には非常に役に立ちますね~初心者に限らずオススメ。
 さて、こちらは熊本酒ということで、九号酵母の産みの親と言われるかの「酒の神様」野白金一氏へのリスペクトが前面に表れていると思います。
 氏の功績についてはここでは書ききれませんが、九号酵母の発祥蔵「香露」だけに止まらず、現在でも熊本の酒蔵で非常に大きな存在のようですね。

 スペックは…、う~む酵母についてばかりで他の事がほとんど書いてないですね、これはちょっと不親切かも。
 2018年3月製造で、実は同年11月開栓なので、完全に生熟コンディションでいただいています。

20190410170126715.jpg  20190410170135440.jpg

 上立ち香は割とストレートなレーズンチョコレート香がそこそこに。
 含むと、実に素直に味が乗った印象の旨味が力強く入ってきて、心地よいほろ苦さや渋味を伴って最後まで濃度と複雑味を保ちつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはり若干ビター系のチョコ感を強く感じる甘旨味が中心にあって、いやあ含み香には洋梨的な果実感もあるなあ、さらに苦渋が奥深さを加える
 後味は、ほんのりと苦味を口中に残しつつ、力強くキレる印象。

 無濾過生原酒の生熟成としての面白味をビンビンに感じさせてくれる、濃厚チョコ系ホロ苦甘旨酒でした。
 いやあ凄く素直な旨味なんですよね~、甘味が枯れずに、熟感だけ加速度的に乗ってきた感じといいますか。
 苦味がまた悪くないんですよ、ストレートに奥深さと飲み飽きなさを添えてくれる感じで、浮かずに一体化している印象。
 蔵元が生熟状態で飲まれることを想定しているのかは不明ですが、個人的には非常に良い状態でいただけたと思います。
 亀萬、こうなると是非新酒も試してみたいと思いました。

 雰囲気的に燗を付けてみると…、いやあ素直に予想通りですね。
 ホットチョコレートというと言い過ぎかもしれませんが、そっち系のほっこりした甘味は感じますね、いやあ良いですわ。

20190410170143949.jpg

名称:亀萬 純米 無濾過生原酒直汲 野白金一式 九号酵母
蔵元情報:亀萬酒造株式会社
購入価格(税抜):1,311円/720ml
購入した酒屋さん:徳丸商店(横浜)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年04月20日 熊本の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

菊鷹 ~菊一文字~ 純米 無濾過生酒 秋あがり 29BY

家飲み記録 菊鷹 ~菊一文字~ 純米 無濾過生酒 秋あがり 29BY

20190408152015465.jpg  20190408152050757.jpg

 愛知県稲沢市のお酒です。
 ブログでの登場は以外にもまだ2回目。

 菊鷹は山本杜氏の移籍以来確実に固定ファンを増やしている印象ですね、私も好きですし外飲みでは良くいただくのですが、如何せん一升瓶しかない関係で家飲み回数は中々増えません。
 個人的に菊鷹には山廃のイメージがあるのですが、今回は速醸です、特筆すべきは酵母に「協会8号」を使っていることかと思います。
 この酵母についてはWikipediaによると、「やや高温性で、酸多く濃醇酒向きとされた。淡麗辛口ブームが始まったころ、1978年(昭和53年)に時代の流れに合わないということで発売中止となり~」との記載が。
 私の様なアンチ淡麗辛口派(笑)からすると激おこ案件ですね…、ただ今の時代には方向性的に合ってるんじゃないでしょうか。

 他のスペックとしては、麹米に富山県山田錦、掛米に兵庫県夢錦使用というなんとなくこだわりを感じる組み合わせが目を引きます、精米歩合は65%。
 29BY、3月製造を10月に買って開栓しています、たぶん瓶詰保存後秋越えた辺りを狙って出荷って感じかなあ。
 
20190408152033496.jpg

20190408152101297.jpg  20190408152112137.jpg

 上立ち香は結構ハッキリとしたアルコール香に乳酸的な香りが混じったものがそこそこに。
 含むと、やはり酸の立った旨味が力強く入ってきて、唾液腺を少々刺激しつつも、そこそこの熟感や甘味の柔らかさも伴って、独特のバランスを保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、ほんのりとした甘味を酸がしっかり引き締める、果実感とケミカル感の両方を感じる押しの強い旨味が主役、渋味は若干あって複雑さを添えていますね。
 後味は完全に酸が受け持って素晴らしくキレます。

 少々熟感もありながら、まだまだ伸びそうな気配も強く感じる、速醸でも菊鷹の強さは健在といった趣の芳醇旨酸酒でした。
 基本的に杯を重ねて、温度が上がってきてから伸びるタイプですね~、甘味と酸味がいい感じに融合してくる感じ。
 これは一升瓶を適当に横においてちびちびやるスタイルが合うかと思いました。
 しかし、こういうお酒を飲むと、8号酵母はもっと広まってもいいんじゃないかと素朴に思ってしまいますね(使う側からすると色々あるのでしょうが…)
 菊鷹の安定した実力を感じた一本でした、次はまた別スペックをいただいてみたいと思います。

 なお四合瓶に移しつつも、常温保存でやっても全くダレません、蛇形とかそっち系の生酒ですね。
 しかしこういう超力強いお酒と、吟醸的な繊細なお酒って、完全に別カテゴリの魅力が有りますよねえ、日本酒の多様性って凄い。

20190408152122412.jpg

名称:菊鷹 ~菊一文字~ 純米 無濾過生酒 秋あがり 29BY
蔵元情報:藤市酒造株式会社
購入価格(税抜):2,900円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年04月16日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

W(ダブリュー) 純米 赤磐雄町 瓶火入

家飲み記録 W(ダブリュー) 純米 赤磐雄町 瓶火入

20190320145213487.jpg  20190320145222523.jpg

 岐阜県飛騨市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸す渡辺酒造の通常銘柄は「蓬莱」…、だと思うのですが、蔵元ホームページの商品紹介を一見すると、若干とっ散らかっていますね。
 正直言ってしまいますと、モンドセレクション金賞を押し出していたり、「あのアニメ映画の聖地巡礼ファン」向けに「聖地の酒」とか言って巫女ラベル出していたり、売らんかなな姿勢が全面に出ている部分にはちょっと鼻白むところもあります。
 が、まあこの状況で生き残らなければならない地酒蔵としては見習うべきところも多いんじゃないでしょうか、逆にこの辺り消極的過ぎる蔵が多い気もします…
 閑話休題、このWシリーズは、そんな蔵が満を持して特約店限定で出してきた、いわばマニアにも向けたブランドですね、個人的には「日本酒ブログ(由紀の酒)」さんがまとめて取り上げていたのが印象に残っています。

 スペックは赤磐雄町を50%までと純米表記ながら結構削っています、その割にはお安いですね。
 生が無かったのでやむなく火入れをセレクトしました。

20190320145230480.jpg  20190320145238459.jpg

 上立ち香はリンゴヨーグルト的な乳酸混じりの吟醸的香りが気持ち強めに。
 含むと、かなり濃厚な甘旨味が力強く入ってきて、吟醸的苦味と独特のバランスを保ちつつ、最後まで存在感を保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、やっぱりリンゴ的な甘旨味を感じるのですが、熟感や渋みと相まってむしろアップルティー的な雰囲気になってますね、さらにアルコール感や苦味もあって、独特な雰囲気を感じさせます。
 後味は、熟感と苦味の余韻を残しつつ、しっかりキレてくれます。

 中心に吟醸酒の王道的なリンゴ感がありながら、纏う熟苦渋で確固たる個性を確立している、芳醇甘旨酒でした。
 うーむ、これは完全に地酒最前線で勝負できるレベルですね…、瓶火入れですし、恐らくしっかりお金を設備投資にも回しているんじゃないかしら。
 火入れでこれなら私としてはやっぱり生も飲んでみたいなあ、できれば来期は抑えたいところ。
 W、渡辺酒造が品質面の実力も十分であることを知らしめてくれた一本でした。

20190320145256214.jpg

名称:W(ダブリュー) 純米 赤磐雄町 瓶火入
蔵元情報:有限会社渡辺酒造店
購入価格(税抜):1,409円/720ml
購入した酒屋さん:いまでや銀座(GINZA SIX)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 純米

2019年03月28日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

众(ぎん) 山廃70 純米無濾過生原酒

家飲み記録 众(ぎん) 山廃70 純米無濾過生原酒

20190320145306329.jpg  20190320145314967.jpg

 愛知県岡崎市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸す柴田酒造場には、「考の司」という銘柄もあるそうです、が、目立つのはやっぱりこっちの众ですよね。
 生もと・山廃系のお酒が众と名付けられるようです、この辺りの由来やこだわりに関しては、蔵元ホームページの銘柄紹介に実にしっかり書いてあるので、興味があればそちらをご参照ください。
 やっぱり、地酒蔵が県外でお酒を売ろうとするなら、この蔵みたいにホームページを充実させるのって重要だと思うんですよね…、銘柄にまつわるストーリーや想いを積極的に出してくれると買い手側としてありがたいです。

 で、裏ラベルの情報も実に豊富ですし、杜氏の名前入りメッセージがあるのも良いですね~(実際新政が売れた理由の一つですしね)
 この情報公開の仕方は、まさに地酒蔵の範となるべき姿勢だと言えると、私は思います。
 そのコメントを見る限り、山廃であることに加え、「蒸米四段」という極めて特徴的な造りをしているところがポイントかと。

20190320145322403.jpg

 上立ち香は濃厚な感じのレーズンっぽい個性的な香りが控えめに。
 含むと、極めて濃厚かつ複雑な印象の旨味が割と柔らかい口当たりで入ってきて、苦味・酸味・渋味と絡み合いつつ、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、うーむ甘さと渋さと酸とオイル感のあるレーズンクリーム的な旨味を中心に感じつつ、アルコール的辛さやほんのりとした苦味もある、兎にも角にも複雑、ただそれでいてまとまりもある極めて個性的な世界観を感じるもの。
 後味は、酸辛がメインの働きで、少々苦渋の余韻を残しつつも、わりとしっかり引き上げます。

 非常に賑やかな味わいながら、一つの味わいの世界がしっかり構築されている、オンリーワンの芳醇旨口酒でした。
 いやあ芳醇酒ばっかり買っている私でさえ、これほど存在感のある味わいのお酒には滅多に出会えないですよ。
 製法も相当個性的のようですし、どんな好みの方でも一度は飲んでみるべき銘柄と言えるんじゃないでしょうか。
 众、次は是非他のスペックもいただいてみたいと思いました。

20190320145331918.jpg

名称:众(ぎん) 山廃70 純米無濾過生原酒
蔵元情報:合資会社柴田酒造場
購入価格(税抜):1,530円/720ml
購入した酒屋さん:いまでや銀座(GINZA SIX)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 山廃 純米

2019年03月26日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

(森泉) 純米生原酒 しぼったまんま

家飲み記録 (森泉) 純米生原酒 しぼったまんま

20190219100216730.jpg  20190219100224902.jpg

 宮城県大崎市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、こちらは仙台出張時に購入しました。

 非常に充実した日本酒コーナーがある地場の百貨店「藤崎」に行って、萩の月の簡易包装と共に地酒を買って帰るのが、自分の中では仙台出張恒例になっていますね。
 これも完全初見銘柄、蔵元ホームページを見ると、蔵及び関連施設の案内に非常に力を入れているようです。
 国登録有形文化財の日本家屋「昭和レトロ館」なんてのもあるらしく、なかなか興味をそそられますね。
 
 あまり詳細なスペック情報は無いですが、精米歩合60の生原酒、「おり」はかなり濃い目。
 しかし、地方に多いのですが、こういう一見して銘柄がわからないラベルって良くないと思うんだけどなあ…
 穴開き栓で、ダレが心配なので、11月中に開栓していただきました。

20190219100234799.jpg  20190219100301337.jpg

 上立ち香は極めて濃い感じのフレッシュなメロン的な香りがそこそこに。
 含むと、やはり超濃厚で青い甘旨味がわりとトロリとした口当たりで入ってきて、新酒らしい若干キツめの苦味とせめぎ合いつつ、濃度を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、メロン的な青い甘旨味が主役なのですが、ガス皆無で早くも水飴的な若干のダレを感じるかも、新酒的苦味やエグ味もありますね、ただ甘味の存在感であるていど許せる感じ。
 後味は、苦甘を若干口中に残しつつも、苦味が引き取る形で引き上げます。

 極めて濃厚かつ新酒らしい甘旨味をストレートに、しかし若干重い感じで味あわせてくれるお酒でした。
 いやあこれならガス感あった方が良いでしょう~、まずは穴開き栓をやめるところから始めてほしいところ。
 とは言え、製造物責任の観点からは難しいんでしょうね…、なにか穴開き栓に代わる画期的なパッケージ方法が開発されることを切実に願った今日この頃。
 森泉、次出会ったときは通常の生をいただいてみたいと思いました。

20190219100243906.jpg  20190219100251865.jpg

名称:(森泉) 純米生原酒 しぼったまんま
蔵元情報:森民酒造店
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:藤崎(仙台)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 森泉 純米

2019年03月12日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

加賀鶴 あらばしり 純米生原酒

家飲み記録 加賀鶴 あらばしり 純米生原酒

20190205103455918.jpg  20190205103504384.jpg

 石川県金沢市のお酒です。
 家飲み外飲み含め初めていただきます、金沢出張での購入酒2本目。

 こちらは金沢駅ビル内の「金沢地酒蔵」で購入しました。
 同店にはいわゆる角打ちスペースがあったり、試飲自販機があったり、一般顧客向け土産酒販売書として必要十分な役割を果たしている印象でした。
 岩手の「KIKIZAKEYA」を見たときも思ったのですが、地方の主要駅にこういう場所がある意義というのは非常に大きいと思いましたね、地酒の観光資源としての価値を再認識できました。
 さて、この加賀鶴は完全初見銘柄です、生原酒が有ったのでセレクトした次第。

 地元産五百万石を65%まで削った純米生原酒、1,700円越えはちょっと割高かな…
 製造年月は10月ですが裏ラベルには「新酒しぼりたて」記載が有るんですよね、本当かなあ(ちなみに11月開栓で飲んだ印象は完全に生熟)

20190205103513766.jpg  20190205103446152.jpg

 上立ち香は落ち着いた熟感を纏ったアルコール混じりのレーズン系(?)果実香がそこそこに。
 含むと、やはり程よい感じに味が乗った印象の旨味が力強く入ってきて、キツくない程度のアルコールの辛さでしっかり引き締まりを保ちつつ、じわりじわりと染み込んできます。
 味わいは、甘さ程々のレーズン的な落ち着いた旨味が中心にあって、紅茶にちょっとだけ似ている苦渋味が奥深さを与える、クセを抑えた生熟酒のお手本のような風味ですね、飲みごたえはバッチリ。
 後味は辛さが引き取ってキレるタイプ。

 奇を衒わない感じの、全体的にとんがったところの無い生熟酒でした。
 最初飲んだときは後ろ向きの薬臭さも若干感じたのですが、飲み進めると慣れましたね。
 生熟酒として破綻していない感じではあるのですが、個性はあまり感じないかなあ、「生原酒ならでは」って感じがあまりしないと言いますか。
 加賀鶴、また出会う機会があれば別のスペックをいただきたいと思います。

20190205103533273.jpg  20190205103522460.jpg

20190205103545020.jpg
 ↑麹米と掛米で、括弧の場所が不揃いなのが気になる…

名称:加賀鶴 あらばしり 純米生原酒
蔵元情報:やちや酒造株式会社
購入価格(税抜):1,714円/720ml
購入した酒屋さん:金沢地酒蔵
お気に入り度:8.3/9.0

■おまけギャラリー1:金沢地酒蔵外観と試飲自販機
20190215142031888.jpg

20190215142017703.jpg


■おまけギャラリー2:恒例の帰りの車内での一杯
20190215142401602.jpg
 天狗舞山廃生で、満足感十分の〆。
 しかし、駅で買った「おつまみレジェンド そして伝説へ…」のネーミング、特定年代に刺さり過ぎて反則だよなあ(笑)、味も良かったっす。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 加賀鶴 純米

2019年03月04日 石川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

薩州正宗 純米酒 生貯蔵酒

家飲み記録 薩州正宗 純米酒 生貯蔵酒

20190207163832249.jpg  20190207163841824.jpg

 鹿児島県いちき串木野市(凄い市名だ…)のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、高島屋日本橋店日本酒まつり購入酒の3本目。

 鹿児島のお酒は初登場ですね、実は日本酒まつりに行く決定打になったのがこのお酒だったりします。
 当ブログでは既に他46都道府県のお酒記事を掲載しているため、こちらで晴れて全都道府県制覇なのです!
 まあ一度制覇を目指した方はご存知だと思いますが、鹿児島と沖縄が鬼門なんですよね…(焼酎や泡盛がメインで、清酒銘柄が各1つしかない)
 沖縄の「黎明」は結構前に飲んだのですが、この薩州正宗にはずっと出会えず「こりゃ蔵元通販しかないかな…」と思っていたところだったので、今回はまさに渡りに船だったわけです。

 精米歩合は70、使用米の記載は無いですね。
 残念ながら生酒はなく、純米吟醸は水色瓶で試飲時にちょっと嫌な臭いを感じた(あくまで私は)ので、こちらをセレクトした次第。

20190207163850454.jpg

 上立ち香は結構焦がしチョコ的な、熟感と甘さのある香りがそこそこに。
 含むと、若干火入れ的熟感を纏ったお米的旨味が割と力強く入ってきて、ほんの少々の辛さと苦味で程よく輪郭を整えつつ、自然に流れ込んできます。
 味わいは、基本伝統的なお酒によく有る、熟感のある旨味が主役、焦げ感も若干ありますね、ただ苦味の浮いた感じでなくて、マイナス要素はあまり無い感じで割とスルスル飲めてしまいます。
 後味は、苦渋の余韻を少々残しつつ、しっかりと引き上げてくれます。

 伝統的な日本酒としてしっかりと作ってあるような、バランスの良いほど熟旨辛酒でした。
 普通に飲めるのですが、如何せん私が求めているような個性や甘味のインパクトはありませんでしたね、出張先のカップ酒で良く会う感じといいますか。
 方向性自体がどうしても私の好みからは外れますが(生じゃないですしね)、気負わずに飲めるお酒としてこういう味を好きな方も確実に居るでしょう。
 まあ冷静に考えるとある意味「鹿児島産」というのが唯一無二の個性なので、この酒質はある意味ベストなのかも。
 薩州正宗、また面白そうなスペックに出会えたら飲んでみたいと思います。
 
20190207163859353.jpg

名称:薩州正宗 純米酒 生貯蔵酒
蔵元情報:薩摩金山蔵株式会社
購入価格(税抜):1,315円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 薩州正宗 純米

2019年02月20日 鹿児島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

九州菊(くすぎく)  純米酒 冷やおろし

家飲み記録 九州菊(くすぎく)  純米酒 冷やおろし

20190204125253370.jpg  20190204125319864.jpg

 福岡県京都郡みやこ町のお酒です。
 家飲み経験については後述。

 今回から福岡出張時の購入酒になります、こちらは初来訪の「友添本店」さんで購入。
 私の場合秋から出張が多くなるのですが、その時期は極端に生酒が少なくなるのが辛いところです…。
 ただ今回は前から飲んでみたかった、私のお気に入り銘柄である「残心」を醸す林龍平酒造場の地元銘柄「九州菊」が並んでいたので、普段買わないひやおろしながら、購入に踏み切った次第。

 当然のようにラベルのスペック記載は貧弱ですね、使用米不明で精米歩合は60、日本酒度は+7と高めです。
 お値段はかなり抑えめで税抜1,100円台、9月購入9月開栓です。
 もみじが舞うこの瓶のデザインは素敵ですね、確か他の銘柄でも見たことがあったような…、共通デザインだったりするんでしょうか。

20190204125303661.jpg  20190204125329984.jpg

 上立ち香は火入れのちょっと安めなお酒にありがちな、砂糖水的な香りがそこそこに。
 含むと、やはりよくある感じのやさしい甘味を纏った旨味がまろやかな口当たりで入ってきて、割と最後までその感じのままで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、全くクセのないアルコール入り砂糖水という感じの、超出来の良い経済酒という印象を受けるもので、分をわきまえた濃度でいくらでもスルスルと飲めてしまいますね。
 後味は、本当に少々の苦味的なものを口中に残しながらも、極めて自然に引き上げてくれます。

 伝統的な日本酒として実に典型的な旨味を、極めて丁寧なバランスで楽しませてくれる、「中庸」の良さを体現したようなお酒でした。
 なんというか地元酒で長年愛されてきた感の強い味わいですね、私の好みである濃醇系とは少し違う方向ですが、ほどほどのまとまりが心地よい感じ。
 ただ逆説的にいつも飲んでいる「無濾過生原酒」の良さを思い出させてくれるお酒でもありますね、やっぱりちょっと物足りない!、私はやはり残心を飲むべきなのでしょう…ただこっちの方向が好きな方は絶対居るかと。
 (後、やっぱり自分に「ひやおろし」は合わないと改めて思ったり)
 ある意味、九州菊の実力を改めて感じた一本でした。

20190204125339279.jpg


名称:九州菊(くすぎく)  純米酒 冷やおろし
蔵元情報:森本酒造合資会社
購入価格(税抜):1,157円/720ml
購入した酒屋さん:友添本店(福岡)
お気に入り度:8.3/9.0

■おまけギャラリー:友添本店さん外観
20190204125210024.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 九州菊 純米

2019年02月06日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

高砂 純米 うすにごり生

家飲み記録 高砂 純米 うすにごり生

20190128191644525.jpg 20190128191654264.jpg

 静岡県富士宮市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 実は平成30年度も出張&旅行時に、現地の酒屋さんでガンガンお酒を購入しています。
 ブログではタイムラグの関係で中々ご紹介できていませんでしたが、いよいよ始めたいと思います。
 ただ、連載というよりは、ちょくちょく最近飲んだお酒を挟んだりするかと…、まあ緩い感じでやっていきますのでよろしくお願いします。

 さて、最初は昨年同様親戚を訪ねて熱海に行った際に、「石和酒店」さんで買ってきたお酒になります。
 「高砂」というと、かの而今の地元銘柄(最近全国向けでも使い始めてますが)と被った名称ですね、もろ被りは色々面倒そうな…
 「信州亀齢」みたいにどっちかが混同防止すれば良いのでしょうが、おいそれとはできないでしょうしねえ、難しい問題かと。

 さて、精米歩合は60、うすにごり生ということで残念ながら穴開き栓です。
 そして、買う前に見落としたのですが、製造年月が2017/3でした、開栓2018/9なので一年半近く経っちゃってますね。
 密閉栓ならともかく穴開き栓でこれは若干不安かも…

20190128191724890.jpg

 上立ち香はガス混じりの餅の香りみたいな感じのものがそこそこに。
 含むと、インパクトのある甘旨味がチリチリしたガス感を秘めてググッと入ってきて、ほんのりとした苦味・辛さを伴って、濃厚ながらも1種の軽やかさを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、うーん洋梨?的な風味に水飴的な甘さブーストがかかる濃厚な甘旨味が主役、それだけにやはりガスの働きが大きいですね、苦味のそこそこあって、全体としてバランスを保っている印象。
 後味は、そのガスと酸味が引き取る形で、引き上げてくれます。

 完熟系した甘旨味とガス感が特徴的な、今風の芳醇甘旨系うすにごり酒でした。
 甘味に少々飴っぽさが出てきているのはもしかしたら過熟というか、ダレの片鱗が出てきているのかも…、ただ最初は少し気になりましたが、二口目からは割と慣れましたね。
 経過期間を考えれば、ガスが活きていてかつこのくらいの熟感で済んでいるということは、むしろ強いお酒なのだろうとは思います、が、やっぱりこれは密閉栓で飲みたいですよ…、うーむ。
 高砂、次はやはりベストコンディションで飲んでみたいと思いました。

 そしてなんか以外と開栓後ガスが抜けてからもバランス崩れないなあ…
 やっぱり酸味が強いのがポイントなのかも。

20190128191704009.jpg  20190128191714819.jpg

名称:高砂 純米 うすにごり生
蔵元情報:富士高砂酒造株式会社
購入価格(税抜):1,311円/720ml
購入した酒屋さん:石和酒店(熱海)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 高砂 純米

2019年02月01日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

大正の鶴 落花流水 純米 27BY

家飲み記録 大正の鶴 落花流水 純米 27BY

20190123232122200.jpg  20190123232131595.jpg

 岡山県真庭市のお酒です。
 家飲み経験はあるのですが、ブログでは初登場ですね。
 
 随分前に「福祝」の記事で書いたのですが、2008年のJ-CASTニュースによると、麻生現副総理はこの「大正の鶴」と「福祝」がお気に入り銘柄だったとのこと。
 そこでは「安くてウマい酒」 を「燗」で飲むスタイルということも書いてありました、今ならわかりますが、やっぱり相当酒好きのコメントですよね…
 私はまだまだ基本冷酒生酒派ではありますが、色々なお酒を試していきたいということと、この「落花流水」という商品は初見だったことから今回セレクトしました。

 赤磐産朝日の65%精米、おそらく加水有の一回火入れで、要冷蔵ではないっぽいですね。
 製造年月はH30年3月ですが、H27BYとのことなので、蔵内で2年以上熟成してからの出荷のようです、開栓はさらに間が空いたH30年10月。


 上立ち香は落ち着いたセメダイン香といったスッキリした香りがそこそこに。
 含むと、そこその濃度の引き締まった旨味がスルスルと入ってきて、存在感のある酸味が最初から最後まで引き締め役に回る感じで、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、甘みはそこそこ、酸がしっかり効いた完熟果実的な旨味が中心、結構色々な味は感じるものの、それを雑味と感じさせない力強さがありますね、特に苦味が抑えられてるのがグッド。
 後味は、やはり酸が引き取る形ながら、実に自然に引き上げてくれます。

 とんがったところを抑えた実にバランスの良い、ガンガンイケる系旨辛酒でした。
 食中酒としても良し、単体でも全然満足感がある辺り非常に万能感があります、2年の熟成を感じさせないところも見事。
 いやあ、こういうお酒を飲むと、インパクト派の私は申し訳なくなるんですよね、絶対こっち系が好きな方は多いと思います。
 大正の鶴、やはり間違いなく実力派銘柄であろうと感じた一本でした。

 燗をつけると…、若干乳酸感が出てきましたね、あとは辛さもマシマシ。
 といいつつ口当たりは柔らかいので、ついつい杯が進んでしまう癒し系燗酒という印象でした。

20190123232449042.jpg


名称:大正の鶴 落花流水 純米 27BY
蔵元情報:酒造株式会社
購入価格(税抜):1,403円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 大正の鶴 純米

2019年01月28日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

楽器正宗 純米酒 生詰 おりがらみ

家飲み記録 楽器正宗 純米酒 生詰 おりがらみ

20190117100831927.jpg  20190117100841905.jpg
 
 福島県西白河郡矢吹町のお酒です。
 同銘柄の家飲みは2回目ですね。
 
 以前年間ベスト記事でも書きましたが、個人的感覚として、このお酒は2018年で最もマニア界隈でブレイクしたお酒なんじゃないかと思っています。
 twitter等でも本当に良い評判しか聞かないんですよね、実際多様化著しい地酒業界でこれほど広範に支持されるお酒は相当貴重だと思います。
 私としてはお酒ミライさんの闇鍋日本酒オフ会で、このお酒に結構早い段階で出会うことができたわけですが、そういうのはなんとなく誇らしいんですよね、いち早くこういうお酒を見出して持ってきてくれた方には改めて感謝したいところです。

 さて、スペックで特筆すべきはやはり「純米」ということでしょう。
 正直、ブランドコンセプト的に「安価な地元向けスペックの全国展開」みたいな感じだろうと思っていたので、アル添しないものを出してきたのは意外でした。
 別蔵の「会津宮泉」も似たような売り方に見えますが、既存県外向けブランドとの違いが若干わかりにくい気はしてしまいますね。

 後、そんなに発泡している雰囲気じゃないのになぜか穴開き栓です、ダレが怖いので急いで開栓しました。
20190117100851072.jpg  20190117171015463.jpg
 
 上立ち香はフレッシュな酸を伴ったお米感と果実感の双方がある香りがそこそこに。
 含むと、新酒らしいインパクトのある甘旨味が独特の苦味を纏って入ってきて、最後までバッチリ濃厚さと引き締まりを保ったまま、勢いよく喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、砂糖混じりのグレープフルーツ的な甘苦酸が相まった、しっかりフレッシュかつ濃厚かつ、実に飲み飽きない印象のバランスの良いもの。
 後味は、苦味がバッチリ引き取って見事なまでにキレてくれます。

 多種の味わいの要素がしっかりと絡み合う、一種のまとまった世界を感じる甘酸苦味酒でした。
 苦味が本当にグレープフルーツ的で悪い感じがしないんですよね…、むしろ楽器としての個性を添えてくれる印象。
 先ほどコンセプトがわかりにくい的な話をしましたが、味わい的には純米でもやっぱ「らしさ」がありますね、良く出来てますわ…脱帽。
 楽器正宗、今後も超要注目かと思います。

20190117100900655.jpg

名称:楽器正宗 純米酒 生詰 おりがらみ
蔵元情報:合名会社大木代吉本店
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年01月25日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

酒屋八兵衛 山廃純米 無濾過生原酒 28BY

家飲み記録 酒屋八兵衛 山廃純米 無濾過生原酒 28BY

20181212141655507.jpg  20181212141705031.jpg

 三重県多気郡大台町のお酒です。
 ブログでの紹介は三回目。

 酒屋八兵衛は今まで速醸のお酒を二回やってますが、そもそもは割と山廃のイメージが強い銘柄だったので、今回はある意味念願の家飲みとなります。
 蔵元ホームページを覗いてみると、今風のデザインで積極的に更新があり、SNSも活用しているということで、実にしっかりと情報発信をしている印象を持ちました(何より販売店一覧があるのが素晴らしい!)。
 記載内容も「テロワール」という言葉があったり、英語ページも用意していたり、実に先進的ですね
 個人的には地酒蔵こそ、この方面での努力が重要なんじゃないかと思っています、他蔵も是非見習ってほしいなあ…

 ラベルに記載ありませんが使用米は山田錦と五百万石、精米歩合60の無濾過生原酒です、アルコール度数は18~19度とかなり高め。
 製造年月がH29年4月で、開栓H30年9月と、少なくとも一年半近くの生熟期間を経たコンディションになってます。

20181212141713108.jpg

 上立ち香はガッチリアルコールが絡まった洋梨(?)的な香りがそこそこに。
 含むと、うおっというぐらいにアルコール臭くて口中が痛くなるような酸辛が暴れまわる感じですね、当然のように最後まで存在感があって、グワっと胃に染みこんできます。
 味わいは極めてインパクトの強い酸旨味が中心にあるのですが、若干アルコールの強さに隠れてしまっている印象すらありますね。
 後味はまあ酸辛がガッチリ引き取る形で、見事にキレます。

 う~ん、私も相当日本酒飲み慣れてきたつもりですが、これほどキツさを感じるお酒と出会ったのは久しぶりですね、飲みにくさマックスというべきか…
 ただ、一年以上寝ていてこの強さは驚きです。
 で、どう考えても開栓後ダレずに落ち着いてくるタイプだと思ったので、数日常温放置したらかなりこなれてきました。
 このレベルだと旨味を割と素直に楽しめますし、甘味も感じられるようになってきて、かなり好みになりましたね。
 酒屋八兵衛、日本酒の複雑さをある種の驚きと共に与えてくれた一本でした。

20181212141730256.jpg  20181212141721647.jpg

20181212141738780.jpg


名称:酒屋八兵衛 山廃純米 無濾過生原酒 28BY
精米歩合:60%
使用米: 山田錦・五百万石
アルコール度:18~19%
日本酒度:+5
蔵元情報:元坂酒造株式会社
購入価格(税抜):1,333円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(通販)
お気に入り度:8.4(開栓直後は8.2)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年01月19日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

而今 特別純米 にごりざけ生 30BY

家飲み記録(新春簡易版) 而今 特別純米 にごりざけ生 30BY

20190103193452672.jpg  20190103193507852.jpg

 今年も昨年同様、新年酒については簡易版でバーっと味の感想を載せていこうと思います。
 この而今にごりについては、正直今年は入手無理かな…と思っていたのですが、奇跡的にふくはら酒店さんの抽選販売に当たったので、元旦に飲むことができました。

20190103193524434.jpg  20190103193600727.jpg
 昨年の感想はこちら。

 上立ち香はやっぱりカルピスソーダとしか思えない感じのフレッシュな乳酸香がそこそこに。
 含むと、まろやかなかつ濃厚な甘酸味がガスを伴ってシュワシュワと入ってきて、苦味はありつつも割と抑えめな状態で、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはり原液多めのカルピスソーダ的な甘酸味が厳然たる主役、酸とガスで結構ギリギリながらちゃんとダレないバランスを保っていますね。
 後味は、若干米の旨味的なものを口中に残しつつも、やっぱり酸とガスがしっかり引き取ってキレてくれます。

 乳酸飲料的な甘酸旨味をにごりの濃度と存在感で味あわせつつ、ガスとのバランスで素直かつ引けのよい芳醇甘酸旨酒でした。
 昨年と比べると…、うーん一年前ということもあって違いがわからないレベルですね、それだけ安定しているということかも。
 甘旨系のにごりとしてはやっぱりオンリーワンって感じなんですよね…、個人的にはもっと他の銘柄も「甘さ」に焦点を合わせて開発して欲しいと思ってしまいます。
 而今にごり、来年も飲みたいんですけど、難しいかな…

20190103193615892.jpg  20190103193549987.jpg

名称:而今 特別純米 にごりざけ生 29BY
精米歩合:60%
使用米: 山田錦:34% 五百万石:66%
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:木屋正酒蔵合資会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店(抽選販売)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年01月03日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

萬歳 純米 磨き六割 火入

家飲み記録 萬歳 純米 磨き六割 火入

20181002224046849.jpg  20181002224101953.jpg

 愛知県岡崎市のお酒です。
 同蔵のお酒は経験ありですが、銘柄的には初登場。

 こちらを醸す丸石醸造のお酒としては、以前に「二兎」の山田錦雄町をご紹介しています。
 今回いただくのは、銘柄名にもなっている「萬歳」という、いわゆる復活米で醸したお酒になります。
 こちらに関してはわざわざ蔵元が特設の紹介ページを作成しており、かなり詳細な情報公開をしているので興味があれば是非ご参照ください。(素晴らしいことに特約店一覧もちゃんとあります)
 二兎は東京でももうかなり知られていると思いますが、あえて別ブランドにするあたりにもこだわりを感じられますね。

 さて、スペックは名前の通り萬歳米を60%までと結構削っています、ただあえての純米表記。
 火入れ(回数不明)でしたが、店頭で試飲させてもらって印象が悪くなかったのでセレクトしました。

20181002224110642.jpg

 上立ち香はほんのりセメダイン的な、爽やかな香りが控え目に。
 含むと、落ち付きながらも割りとインパクトのある旨味がググっと入ってきて、強めの酸でしっかり引き締まりつつ、最後まで存在感を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、煮詰めたマスカット的(?)甘味を纏った旨味が中心にありながらも、荒くない酸辛がそこに寄り添うことで、1種のまとまりとインパクトを両立させている印象。
 後味は、やはり酸辛が力強く引き取って、バッチリキレます。

 濃厚な甘味のインパクトと、後味の一種筋肉質とも言える引き締まりが不思議なほどに一体化している、独自性の高い芳醇甘辛酒でした。
 火入れということで生酒的キツさ粗さは抑えられているんですが、とにかく押し出しが強いのが面白いですね。
 二兎とは印象がかなり異なりますし別ブランドというのも納得です、情報公開含め色々としっかりした蔵だなあという印象を受けましたね。
 萬歳、二兎と共に今後も注目していきたいと思いました。

20181002224119636.jpg

名称:萬歳 純米 磨き六割 火入
精米歩合:60%
使用米:萬歳
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:丸石醸造株式会社
購入価格(税抜):1,343円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 萬歳 二兎 純米

2018年12月29日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

三光天賦 生もと純米 無濾過生原酒 雄町 28BY

家飲み記録 三光天賦 生もと純米 無濾過生原酒 雄町 28BY

20180312153110564.jpg  20180312153119427.jpg

 岡山県新見市のお酒です。
 銘柄的には初ですが、同蔵のお酒の紹介は3回目になります。

 今まで飲んだ同蔵のお酒は「克正」「蛇形」という限定品で、両方とも高垣克正杜氏の手によるものでした。
 このお酒は同杜氏の引退に伴い、後を引き継いだ「山上道広」杜氏が醸したものだそうです、その辺りも含めラベルに詳細な記載があるのは、個人的にはありがたいところ。
 克正や蛇形はとんでもなくパワフルなお酒で、「克正イズム」のようなものを強く感じる味わいでしたので、その辺りがどう受け継がれているかを気にしつついただきたいと思います。

 スペックは雄町を65%まで磨いた生もとの無濾過生原酒ということで、やはりいかにも力強そうな感じ。
 28BYと明記があり、製造年月29年10月のところを30年8月に開栓ですので、1年半以上生熟期間を経たものだと思われます。

20180312153135719.jpg  20180312153128138.jpg

 上立ち香はかなり強めの熟感と酸を感じる濃厚な香りがそこそこに。
 含むと、やはり強烈な旨酸がドドドと入ってきて、唾液腺を強く刺激しつつ、最後までその存在感を保ったままグググと胃に入り込んできます。
 味わいは、強烈ながらもどこか柔らかみのある乳酸系の酸味が中心にあって、そこに熟感を纏ったカラメル的甘味が絡みついている感じですね、辛さというかアルコールの刺激感も有って、全体的にはガッチリと引き締まっています。
 後味は当然のように酸辛が引き取って力強くキレます。

 お酒としての「パワー」をビンビンに感じるような、それでいて優しい側面もある芳醇旨酸辛酒でした。
 やっぱり明らかに克正や蛇形と同系統のお酒ですね~、山陰の芳醇辛口酒にも近いと思いますが、より酸味寄りで濃厚という印象。
 克正イズムがしっかりと受け継がれたことは間違いないと思います、「こういう酒」が飲みたいときにしっかり応えてくれる銘柄と言えるのではないでしょうか。
 三光天賦、今後も体がこれ系を求めたときに是非いただきたいと思いました。

 ちなみに開栓後常温保存にしましたが、一週間程度ではヘタれる気配すらしませんね。
 酸が落ち着いて、これまた克正や蛇形と同タイプの上がり方を魅せてくれます。
 そして当然のように燗も良いです、面白いのが甘味が表に出てくるところですね、実に私好み。

20180312153152399.jpg  20180312153144209.jpg

名称:三光天賦 生もと純米 無濾過生原酒 雄町 28BY
精米歩合:65%
酒米:雄町
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:三光正宗株式会社
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年12月17日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

残心 超辛純米 袋吊り無濾過生原酒

家飲み記録 残心 超辛純米 袋吊り無濾過生原酒

20180824105652905.jpg  20180824105702000.jpg

 福岡県京都郡みやこ町のお酒です。
 同蔵のお酒の紹介は7回目と、かなりのハイペースですね。

 残心は私が多大な信頼を寄せる銘柄の一つであり、実力と知名度の乖離が極めて激しい銘柄だと常々感じています。
 蔵元ホームページを見ると、いまだに九州以外で取り扱いが有るのは奈良の「うのかわ酒店」さんのみ。
 う~んどうなんだこれは、こんなことがあって良いのか!(突然の義憤)
 実際どうなんでしょうねえ、都市部の酒屋さんが新規取り扱い銘柄を決める経緯というのは、買い手にはどうも見えないところがあるわけですが、個人的にはやっぱり右へ倣えじゃなくて独自セレクトにこだわって欲しいなあという気はしております。
 
 今回のお酒は南阿蘇産の山田錦(そんな南でも作ってるんですね)を60まで削って醸した無濾過生原酒、日本酒度が+15度と極めて高いのが特徴ですね。
 正直「超辛」なんて普通では絶対買わないお酒ではありますが、うのかわさんへの発注時に残心はこれしか四合瓶の在庫が無く、やむなくセレクトしたというのが正直なところです。

20180824105718385.jpg  20180824105727423.jpg

 上立ち香は爽やかなマスカット的果実香が割と強めに。
 含むと、キリリとしながらも濃厚な旨味が非常に力強く入ってきて、酸渋辛が最後まで仕事をして引き締まりを保ちつつ、口中を刺激しながら染み込んできます。
 味わいは、渋酸を伴った実に筋肉質かつ濃厚な旨味が主役なのですが、変なキツさや浮いたアルコール感はなく、あくまで自然な辛さな印象、まさに純米、生ならではの芳醇辛口感ですね。
 後味は、渋味と辛さでチリチリ感を舌先に残しつつ、バッチリキレます。

 日本酒らしい深みのある味わいをしっかり感じさせた上で、渋辛でザックリキレる、見事なまとまりの芳醇辛口酒でした。
 まあ私がこれを飲むと、「甘味が欲しいな…」とかどうしても感じますが、それはもはやイチャモンですからね、バッチリ狙い通りの酒質になっているのだと感じます。
 芳醇辛口という言葉に惹かれるものがある方は、ぜひ一度お試しください。
 残心、やっぱり凄いお酒だと思いました、もっと×3知られるべき銘柄ですね。

20180824105738312.jpg

名称:残心 超辛純米 袋吊り無濾過生原酒
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:17.2%
日本酒度:+15
蔵元情報:林龍平酒造場
購入価格(税抜):1,660円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 残心 純米

2018年12月15日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ