竹鶴 純米吟醸 生 初しぼり

本日の家飲み 竹鶴 純米吟醸 生 初しぼり

20170706121534906.jpg  20170706121544155.jpg

 広島県竹原市のお酒です。
 外飲み経験はありますが、家飲みは初めて。

 こちらの蔵元は、まさにあの「ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝の生家」として知られる竹鶴酒造になります。
 実際「マッサン」 放映時にはこの日本酒についてもひどい品薄状態だったとか…、今は少し落ち着いてきている印象がありますが、やっぱりそういう需要って凄いんですよねえ。
 ちなみに日本酒の「竹鶴」についても、熟成で真価を発揮する銘柄というように、マニア・業界は認識しているようです、この辺りにはウィスキーとのつながりを感じますね。

 といいつつ、今回いただくスペックは28BYの新酒初しぼり。
 「杜の蔵」「睡龍」同様、熟成向け銘柄について、あえて新酒を登酒店さんでまとめ買いした中の一本だったりします。
 とはいえ、1月出荷、7月開栓なので半年は寝かせています、我ながらややこしいことしてますね…

20170706121553007.jpg

 上立ち香は落ち着いたセメダインというか、草的な香りがそこそこに。
 含むと、やはり程々に落ち着いてかつしっかり引き締まった印象の旨味が割りと優しい口当たりで入ってきたかと思うと、直ぐに酸が表に出てきて若干唾液腺を刺激しつつ染み込んできます。
 味わいは、やっぱり甘味は控えめ、まさに筋肉質と言った感じの酸の効いた旨味が主役で、草っぽい感じも少々あって、いかにも熟成で伸びそうな片鱗を感じさせるもの。
 後味は、酸がガッチリと引き取って、力強くキレます。

 半年ぐらいではまだまだ伸びしろがありそうな印象の、実に筋肉質な酸旨酒でした。
 やっぱり杜の蔵の新酒と印象は被りますね、熟成に向く酒質の基本は「酸」にあるんだなあということが良く分かります。
 まあ、甘さは脇役で主役は酸旨というお酒が好きな人でかつ青めの草感が気にならなければ、早飲みも十分有りだとは思います。
 竹鶴、いつか熟成系もじっくり家飲みしてみたいと思いました。

 燗を付けてみると、何というか草感が増しますね。
 まだ若くて青々とした芝生のイメージですが、これが干し草になってくるとまた味わい深くなりそうな…

20170706121601516.jpg  20170706121610389.jpg

名称:竹鶴 純米吟醸 生 初しぼり
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:竹鶴酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 竹鶴 純米吟醸

2017年10月31日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

外飲み雑記in市ヶ谷 「あて 煮込 肴」

 先日、会社の同僚と市ヶ谷の地酒メインの居酒屋「あて 煮込 肴」にお邪魔してきました。

 ここで特徴的なのはまずなんといってもその建物ですね。
 昭和34年築の小さな古い一軒家を改装したということで、年季の入った家具や内装などを始めとてもノスタルジックな雰囲気の中、一杯やることができるのです。
 なかでも、畳とちゃぶ台と一升瓶の組み合わせというのは、なんというか非常に「しっくり」きますね。
 
 また、こちらは日本酒のラインナップの充実度もかなりなもので、愛好家の中では市ヶ谷で日本酒と言えばここというぐらいの有名度だとか。
 我々もばっちり各地の地酒をいただきました。

 頂いた銘柄はこんな感じ。
・新政 NO6 純米原酒
・王禄 純米にごり出雲麹屋
・青やまユ 純米吟醸 生酒
・綿屋 特別純米酒生 23BY
・作 玄の智 純米
・よえもん 純米吟醸 山田錦 (燗酒)
・鳴海 純米吟醸 酒こまち 直詰生
・長珍 純米60 無濾過生酒
・悦凱陣 山廃純米 オオセト 無濾過生
・群馬泉 超特撰 山廃純米
・池龜 純米吟醸 無濾過原酒
・喜久酔 特別純米
・仙禽 雄町50 NUDE
・竹鶴 純米原酒 無濾過生
・飛露喜 特別純米 生詰
・雨後の月 辛口純米
 例によって名前が不正確なのはご了承ください。
 というか日本酒のネーミング(スペック)はラベル見ても正確なところがわからなかったりするのが難しいところです…。

 今回一番印象に残ったお酒はこちらの鳴海です。
fc2_2013-06-03_08-43-09-995.jpg
 鳴海は実は今回初飲みでしたが、しっかりとした甘旨味が印象的で自分のストライクゾーンでした。
 近いうちに家飲みしようと思います。

 他にお気に入りだったのは池龜と竹鶴かな。
fc2_2013-06-03_08-43-59-318.jpg  fc2_2013-06-03_08-46-13-603.jpg
 両方共初飲みです。
 正直なところ、細かい味の記憶はあいまいなのですが(汗)、共に芳醇でそれぞれに個性的な味わいという、自分の好みにあったものだったと思います。

 他のお酒のラベルはこんな感じ。
fc2_2013-06-03_08-37-28-102.jpg  fc2_2013-06-03_08-37-57-974.jpg

fc2_2013-06-03_08-38-57-377.jpg  fc2_2013-06-03_08-40-23-735.jpg

fc2_2013-06-03_08-36-17-970.jpg  fc2_2013-06-03_08-43-35-700.jpg

fc2_2013-06-03_08-44-22-510.jpg  fc2_2013-06-03_08-45-01-316.jpg

fc2_2013-06-03_08-46-39-804.jpg  fc2_2013-06-03_08-47-06-612.jpg
 今回畳に一升瓶をどんと置いて接写しております。

 お酒のメニューは相当厳選されているようで、どれも非常にレベルが高いものでした。
 また料理もやはり日本酒に合うものばかりで、とても美味しかったです。
 たたずまいの雰囲気も含め日本酒を非常に深く楽しめたひとときでした。
 またお邪魔したいと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年06月08日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |