FC2ブログ

竹林 ふかまり 純米吟醸 無濾過生原酒 「瀞」 29BY

家飲み記録 竹林 ふかまり 純米吟醸 無濾過生原酒 「瀞」 29BY

20191125105519929.jpg  20191125105529785.jpg

 岡山県浅口市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸す丸本酒造は、別銘柄として「賀茂緑」というお酒も出しているようです(多分地元銘柄)。
 蔵元ホームページを見ると、「米づくり」に並々ならぬこだわりを持っていることが伝わってきます。
 裏ラベルにも誇らしげに記載がありますが、自社栽培で山田錦を30年作り続けているっていうのは凄い実績だと思いますね。
 ホームページにはさらにその辺りが詳しく書いてあります、「タンパク矛盾」の話なんていうのは、日本酒マニアとしては興味深いところでした。
  ちなみに、「竹林」については、蔵元ホームページとは別にブランド紹介サイトがあります、この辺りの情報発信のやり方含め、実に先進性を感じさせる蔵だなあと思いますね。

 今回いただくのは、その自社栽培山田錦を60%まで削った無濾過生原酒。
 製造が2018/3で開栓2019/7なので、かなり長めの生熟期間を経ております。

20191125105538600.jpg

20191125105547247.jpg  20191125105557747.jpg

 上立ち香は落ち着いたセメダイン的な、少々草感もある引き締まった香りがそこそこに。
 含むと、青さがありながらもキツさ皆無の個性的な旨酸味がグググッと入ってきて、力強くバランスを取りつつ、息の長い感じでじわじわと染み込んできます。
 味わいは、甘さ控えめで、フレッシュながらも非常にまとまりが良い印象の旨味と落ち着いた酸味が純然たる主役ですね、苦味等のクセはしっかり抑えられていて、濃厚ながらもグイグイいける印象。
 後味は、少々渋味の余韻を口中に残しつつ、酸味が引き取る形でしっかりキレます。

 伝統的な米の旨味を特有のモダンさで包んで楽しませてくれる、純米生酒らしい旨口酒でした。
 全体として極めてハイレベルに纏まっている印象ですね~、ちなみに控えめながらも甘味はあるんですよ、米系なので旨味というべきなのかもしれませんが。
 ただ、温度によっては若干渋味がしつこい感じもあるかも…、個人的にはある程度冷やした方が好きかなあ。
 竹林、実力派銘柄だなあと感じさせてくれた一本でした。

20191125105606736.jpg  20191125105617996.jpg

名称:竹林 ふかまり 純米吟醸 無濾過生原酒 「瀞」 29BY
蔵元情報:丸本酒造株式会社
購入価格(税抜):1,353円/720ml
購入した酒屋さん:いまでや(通販)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 竹林 純米吟醸

2019年12月07日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

竹林 ふかまり 瀞 無濾過生原酒

本日の家飲み 竹林 ふかまり 瀞 無濾過生原酒

fc2_2014-02-19_18-58-14-941.jpg  fc2_2014-02-19_18-58-40-878.jpg

 岡山県浅口市のお酒です。
 家飲みでも外飲みでも初めて。

 こちらを醸す丸本酒造の通常銘柄は「加茂緑」、公式ホームページはなかなか充実していて情報発信への気概を感じます。
 個別の商品紹介に、相性の良い料理の記載があるのも好感触。

 ちなみに、スペック的にはなんといっても熟成がポイントでしょう。
 裏ラベルにはしっかりと搾り日(2011/12/23)と、製造年月(2013/10)が明記されています、ほぼ2年熟成ですね。
 しかも、-5℃での生熟成とのことで、相当なこだわりを感じます。

fc2_2014-02-19_18-59-09-855.jpg

 上立ち香は落ち着いた干しレーズンのような香りがほのかに。
 含むと、まさに完熟果実といった濃厚な甘旨味が、ジワーっと染みこんできます。
 旨味は、熟成感は有りながらクセはあまりなく、しっかりと味が乗った甘味を素直に楽しめます。
 後は酸味も結構ありますね、そのおかげで濃厚さの割にダレた感じは皆無です。
 後味はその酸味で力強くキレる感じ。

 熟成系の旨味をナチュラルに感じられる、熟成酒入門に相応しいお酒でした。
 この感じはやっぱりレーズンっぽい印象があるかな。
 私はあまり飲まないタイプのお酒ですが、これはヒネた感じが全然ないので十分楽しめました。
 また他のスペックも試してみたいところです。

 折角なので燗をつけると、口当たり柔らかながら酸がさらに出てきますね。
 ただ、バランスは崩れない感じで結構ほっとする味わいになります、これも良い感じだなあ。

 うーん、熟成酒の長所をしっかりと伝えてくれた一本でした。

名称:竹林 ふかまり 瀞 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:17.5%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:丸本酒造株式会社(岡山県浅口市)
製造年月:2013/10(23BY)
購入価格(税込):1,420円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 竹林 純米

2014年02月26日 岡山の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |