FC2ブログ

秋鹿 山廃純米 無濾過生原酒 自営田山田錦 29BY

家飲み記録 秋鹿 山廃純米 無濾過生原酒 自営田山田錦 29BY

20200128145736946.jpg  20200128145745857.jpg

 大阪府豊能郡能勢町のお酒です、ブログでの登場は2回目。
 引き続き、笹塚の本間酒店さんでの購入酒になります。

 ある程度熟成生酒の経験がある方なら、「お、秋鹿ね」とニヤリとするんじゃないでしょうか、このジャンルでは確固たる地位を築いている銘柄だと思います。
 本間酒店さんにはこの辺りの銘柄がずらっと揃っています、具体的な銘柄は「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんが、酒屋さん紹介記事に載せていますね(渋谷区)。
 単に揃っているだけでなく、BYなどの情報がしっかりわかるように陳列されているのもポイントで、冷蔵庫は実に壮観。

 今回のお酒のラベルにはスペック情報がびっしり書いていますね。
 確か秋鹿の「へのへのもへじマーク」は、自営田のお米利用のお酒限定で付けられるものだったと思います。
 2019年9月開栓なので、一年以上は生熟を経ているわけですが、秋鹿の中ではまだ若いと言えるかも。

20200128145814575.jpg

 上立ち香は落ち着いた酸を感じるお米由来的な香りがそこそこに。
 含むと、やはり落ち着いて、かつ非常にバランスの良い印象の旨酸味が、意外にも結構軽さもある口当たりで入ってきて、最後までド安定のまま胃袋に染み渡ってきます。
 味わいは、いわゆる芳醇辛口系って感じの旨酸味が主役なのですが、熟感・濃度・重みが全体的に中庸な感じで、見晴らしの良い感も相まって、本当にじんわりじんわり楽しめる感じ。
 後味は、アルコールというか米由来って感じの辛さ(?)が引き取って完璧なキレ。

 ほど熟芳醇辛口系無濾過生原酒として、素晴らしくまとまりの良い、貫禄を感じるお酒でした。
 なんとなく、もう少しインパクトのある飲み口を想像していたのですが、いやあこれは酸が立ちつつも実に上品。
 とにかく「あら」が全く無いんですよね、旨酸の純度が高くて、一種の完成形という印象を与えてくれます。
 これが数年生熟成となると、また違った面が出てくるんでしょうね、ポテンシャルの高さもビンビンに感じました。
 秋鹿、やっぱり素敵な個性のある銘柄だと思います。

 そして燗を付けると…、うわあこれは良いですね。
 酸がさらに柔らかくなって、旨味が増す感じ、流石だなあ…

20200128145756726.jpg  20200128145805665.jpg

名称:秋鹿 山廃純米 無濾過生原酒 自営田山田錦 29BY
蔵元情報:秋鹿酒造有限会社
購入価格(税抜):メモ忘れ…/720ml
購入した酒屋さん:本間酒店(笹塚)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年02月05日 大阪の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

秋鹿 山廃 純米 無濾過生原酒 7号酵母 山田錦 26BY

本日の家飲み 秋鹿 山廃 純米 無濾過生原酒 7号酵母 山田錦 26BY

20170706103657378.jpg  20170706103706066.jpg

 大阪府豊能郡能勢町のお酒です。
 外飲みでは何度もいただいていますが、家飲み・ブログ登場はなんと初めて。

 唐突ですが、「アンチひやおろし派(笑)」の自分としては、秋に飲むお酒のセレクトに若干特殊なところがあります。
 といいつつこの数年は家飲みに関しては割と充実した秋酒ライフを遅れているので、もはや季節外れながら今年の秋にいただいたお酒を、セレクトのコンセプトと共に何回かまとめて取り上げてみようと思います。
 (もはや完全に季節外れですが、まあゆるく見てもらって、来年以降の参考になれば…)

 第一回は秋鹿、セレクトコンセプトは「秋だから!」というとしょっぱなから「馬鹿にしてんのか」と思われそうですね(笑)
 実際は以下の通り。

 まるめち的秋酒アプローチその①…「年がら年中飲み頃である、数年熟成ものを選ぶ」

 まあこういうお酒はいつ開けても良いのですが、冬~春はやっぱり新酒メインでいきたいし、夏は燗酒しにくいし…みたいな発想で、秋が割とやりやすいんじゃないかと思うわけです。
 また、酸が効いているお酒が多いと思うので、サンマなんかにも良く合うんじゃないかと…

 で、今回いただくのは26BYなので三年近くの生熟もの。
 秋鹿といえば山廃熟成系が充実している代表格の銘柄だと思うので、コンセプト的にはぴったりかと。

20170706103717110.jpg

 注ぐと、見事なまでの黄金色ですね。

 上立ち香はだいたい想像通りの、酸と熟感が絡み合った感じの香りがそこそこに。
 含むと、やはり強めの酸味をまとった、しっかりと熟した旨味が力強く入ってきて、最後まで絶妙なバランスを保ったまま、じんわりじんわりと染み込んできます。
 味わいは、甘味は控えめながら、お米をよく噛むと出てくるような甘さを若干感じて、柔らかな酸味と相まってバッチリコクとキレを両立させている旨味を演出してくれます。
 後味は酸味が引き取って、見事にキレます。

 熟成山廃生酒の王道を往く、物凄く芯の強、かつバランスがしっかりとれている芳醇旨酸酒でした。
 所謂日本酒中級者向けと言いますか、フレッシュフルーティー酒にちょっと飽きてきたようなタイミングで
 これはあと数年は余裕で持ちそうですね…、とりあえず冷蔵庫に置いておけば、「こういうお酒」を体が求めたときのために非常に心強い存在になってくれるでしょう。
 秋鹿はまさに評判通りの実力派銘柄だと、はっきり思い知らせてくれた一本でした。

 燗をつけると、酸味は変わらず強めですが、やはり口当たりが優しくなり、甘味の存在感も増して完熟果実感が出てきます。
 ちなみに飛び切り燗でも全然崩れませんね、むしろ飲みやすさまで感じます、この腰の強さは流石の一言。

20170706103725974.jpg

名称:秋鹿 山廃 純米 無濾過生原酒 7号酵母 山田錦 26BY
精米歩合:70%
使用米:山田錦
アルコール度:18%
日本酒度:+6
蔵元情報:秋鹿酒造有限会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年12月21日 大阪の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |