FC2ブログ

MIYASAKA CORE 純米生原酒

家飲み記録 MIYASAKA CORE 純米生原酒

20181026131829004.jpg  20181026131837695.jpg

 長野県諏訪市のお酒です。
 同蔵のお酒としては、以前に真澄のうすにごりをご紹介していますね。

 今回「酒の勝鬨」さんまで足を伸ばした最大の理由が、このお酒です。
 実はこのCORE、今年の大長野酒祭りで飲んだ数十種類のお酒の中で一番印象が良かったんですよね。
 その時に蔵元さんと話したのですが、このお酒自体、あの「風の森」からガッツリ技術協力を得つつ造られたものだそうです。
 裏ラベルに記載のある、酸化を極力排除した新たな搾り方というのは、風の森の「笊籬採り」を下敷きにしつつ、さらに自蔵の技術を駆使して考案したものだとか…
 そもそも真澄は、風の森がメインで使用している「7号酵母」の発祥蔵ということで、協力関係の下地はあったようですね。
 蔵元さんのお話を聞く限り、風の森への謙虚かつ率直なリスペクトが伝わってきて、個人的にはとても好感が持てました。

 スペックは精米歩合60%の生原酒、使用米はラベルに記載無いですが美山錦のようです。
 ただ、お値段は四合瓶で2,000円オーバーとなかなかなもの…、まあ仕方ないのでしょうが、この辺りも風の森を見習ってほしかったなあ(ちなみに「突釃(つきこし)」という別の限定品もあるのですが、そっちはもっと高い)。
 4月製造、8月開栓です。

 ちなみに購入前には「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さんの記事を参考にさせていただきました。
 そして、最近掲載された「日本酒感想日誌」さんの記事を見て初めて、ラベルが7号酵母の「7」の文字を模していることを知りました…、いやこれはわかりませんて。

20181026131846182.jpg  20181026133134661.jpg

 上立ち香はアップルサイダー的な爽やかな香りがそこそこに。
 含むと、非常に濃厚な甘酸旨味がチリチリとしたガス感を纏いつつ入ってきて、少々の渋味的な奥深さを裏側に感じさせつつ、じんわりと染み入ってきます。
 味わいは、リンゴとマスカットのブレンド?のような甘酸味を中心にしつつ、それに一体化して浮いたところのない渋味が伴うことで複雑味を加えるのですが、それを雑味とは全く感じさせないまとまりがありますね。
 後味は、ガスと酸渋の働きで、しっかりと、かつ自然にキレます。

 インパクトと奥深さを備えた甘旨味を、高純度かつ重く無い感じで味わわせてくれる、極めて高次元でまとまった芳醇甘旨酒でした。
 いやあ実際この味を出されてしまうと、値段が高いみたいな文句は付けられませんわ、むしろお値段以上と言ってよいでしょう。
 原材料費から自動的にされるような値付けだけでなく、こういうこだわりのお酒の価値がちゃんと評価されて、しっかりとした販路を確保できれば、日本酒業界をもう一歩前に進めることができるのではないか、そんなことまで考えさせてくれたお酒でした。
 (まあ一消費者としては安いに越したことはないという思いもあるのですが…)
 MIYASAKA、真澄の新ブランドとして非常に期待できると思います、今後要注目ですね。

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2599.html

紹介:「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さんの同スペックの記事
http://blog.livedoor.jp/namappi/archives/1071103128.html

20181026131854878.jpg

名称:MIYASAKA CORE 純米生原酒
精米歩合:60%
使用米:美山錦
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:宮坂醸造株式会社
購入価格(税抜):2,200円ぐらい(レシート紛失…)/720ml
購入した酒屋さん:酒の勝鬨(築地)
お気に入り度:8.6/9.0(値段を考慮に入れても)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年11月18日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

真澄 純米吟醸 うすにごり 搾りたて生原酒

本日の家飲み 真澄 純米吟醸 うすにごり 搾りたて生原酒

20160412232253137.jpg  20160412232309537.jpg

 長野県諏訪市のお酒です。
 家飲み、外飲み共に経験ありですが、ブログでの紹介は初めてでした。

 真澄というと、個人的には押しも押されもせぬ地酒業界の雄という印象があります。
 いわゆる「ナショナルブランド」に次ぐ規模がありながら、「大長野酒祭り」みたいなイベントにも顔を出すフットワークの軽さがあり、「7号酵母発祥」という歴史を持ちながら、海外輸出にも積極的という、なんというか隙のない経営体制に見えるんですよね。
 ホームページもなかなか充実していますが、ちょくちょく「(文 宮坂直孝)」という記事があるのが素敵です、この規模で社長直筆というのは凄いと思いますね、やっぱりトップが自らメッセージを発信できるって大事。

 今回いただくのは、昨年までは「あらばしり」と銘打たれていた新酒限定品が、今期名前を変えて登場したものです。
 裏ラベルにも結構詳細なスペック記載がありますが、ホームページの商品紹介はさらに詳細
 面白いのは「昨年までの「純米吟醸あらばしり」よりおいしくなると思います。(2016年1月)」と素直に書いちゃってるところですね、酒質向上に力をいれているという自信の表れでしょうか。
 単なる王冠栓でなく、プラスチックの器具でがっちり密閉されているところにも、こだわりを感じる気がします。

20160412232347348.jpg

 上立ち香は甘さが伴った果実とお米の中間の香りがそこそこに。
 含むと、濃厚ながらバランスの取れた印象の甘旨味が自然に入ってきて、程良いおりの苦味でしっかりと輪郭を保ちつつ、ゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、長野酒のど真ん中をいくような、クセがなくみずみずしいリンゴ系果実の甘旨味が主役、ただ、甘さ自体が立つというよりは、酸苦もしっかりあって、全体としては完全にバランスの取れた印象。
 後味は最後までバランスを保って、自然にキレます。

 甘さの魅力を十分に感じさせつつ、とにかく全体のバランスが素晴らしい、王道芳醇フレッシュ酒でした。
 なんというか、露骨に個性を出さずして、これが真澄だ!というような自信を感じさせるような味わいでしたね。
 常温棚の真澄しか知らない方にこそ、ぜひ飲んでみて欲しい一本でした。

20160412232325697.jpg

名称:真澄 純米吟醸 うすにごり 搾りたて生原酒
精米歩合:55%
酒米: 麹米:ひとごこち 掛米:美山錦
アルコール度:17%
日本酒度:-2
蔵元情報:宮坂醸造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 真澄 純米吟醸

2016年04月28日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |