FC2ブログ

shirakiku(シラキク) BLACK LABEL 純米無濾過生原酒 vibrant(ヴィブラント)

家飲み記録 shirakiku(シラキク) BLACK LABEL 純米無濾過生原酒 vibrant(ヴィブラント)

20190605104522961.jpg  20190605104531414.jpg

 京都府京丹後市のお酒です。
 同銘柄の家飲みは二回目ですね。

 こちらは、以前にご紹介している白いラベルの商品が、今年からリニューアルされたものだそうです。
 60%まで削ったコシヒカリを使用した無濾過生原酒というのは前回同様。
 ただ今回からは名前通り「黒麹」を使っているそうですので、味わいは別物と考えた方が良さそうですね。
 ちなみに黒麹は泡盛等に使われるタイプの麹です(日本酒は通常黄麹)、黒麹使用の日本酒としては当ブログでは前に福岡の「黒兜」というお酒を紹介したことがありますね。

 しかし、瓶の形状含め目を引くデザインですね~(何気に容量は750から720mlになったみたい)
 奇抜なガワは同蔵の特徴でしょう、中身さえ良ければ個人的には全然アリだと思います。
 (ちなみに個人的には「BLACK LABEL」というとCAVEのシューティングを想起したり…、まあ余談)


 上立ち香は割とハッキリとした酸とほんのりセメダインを感じる爽やかな果実香がそこそこに。
 含むと、結構ケミカル感のある引き締まった旨酸味がスルスルと入ってきて、少々唾液腺を刺激しつつ最後まで勢いよく喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、フレッシュな酸味を中心として、控えめな甘味や苦味が寄り添う感じで、フレッシュかつ実にモダンな印象ですね、苦味は皆無でひたすらスルスルいってしまう感じ。
 後味はほんのり苦味を残しつつ、やっぱり酸が引き取って見事にキレてくれます。

 今風の食中酒といった趣の、フレッシュな酸でしっかりと引き締まった、スイスイ系のお酒でした。
 個人的には甘味が少ないのが寂しいのですが、それは完全にイチャモンですね、このお酒は酸旨酒として完成している感があります。(ちょっと酸が強すぎるきらいはあるかも)
 クエン酸が多いと言われるとまあ腑に落ちる感じですね、新政と似た感じの「日本酒離れ感」があるお酒だと思います。
 白木久、せっかくなので次は別ライン(銀シャリとか)もいただいてみたいと思います。

 ただ、開栓後は早い段階で若干崩れた様に個人的には感じました。
 酸が強くても伸びるわけではないというのが、日本酒の難しいところですね~

20190605104545314.jpg  20190605104555145.jpg

名称:shirakiku(シラキク) BLACK LABEL 純米無濾過生原酒 vibrant(ヴィブラント)
蔵元情報:白杉酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:新川屋佐々木酒店(人形町)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 白木久 純米

2019年06月09日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

Shirakiku (白木久) 純米無濾過生原酒 

家飲み記録 Shirakiku (白木久) 純米無濾過生原酒 

20180118160036535.jpg  20180118160045595.jpg

 京都府京丹後市のお酒です。
 家飲み・外飲み含め、確か初めていただきます。

 最近は割と手当たり次第に未飲銘柄をチョイスしておりますが、これもその一本ですね。
 こちらについては見た目のインパクトも凄いと思います、ワインっぽい緑の750mlボトルで、あまり見ないガラス栓を使っていました(写真撮り忘れたなあ)。
 雰囲気的に、以前飲んだ参宮アンプレヴュを思い出しましたね、かなり勝負に出ているデザインかと。
 同蔵は他にも「銀シャリ」とか「バサラ」といった、日本酒離れしたインパクトのあるネーミングのお酒を出しているようです。

 スペック的に特筆すべきはやはり「丹後産コシヒカリ100%」で造られているということでしょう。
 酒造りに使うのは難しい飯米、それも地元産の米をあえて使う蔵には確固たる信念があって、実際お酒としてもレベルが高いものを出してくる印象があります。
 (例)風の森と秋津穂戦勝政宗とひとめぼれ一ノ蔵とササニシキ
 飯米の王ともいえるコシヒカリを60%まで削って醸したこのお酒、果たしてどのようなものでしょうか。

20180118160054243.jpg

 上立ち香はある意味想定通り、爽やかな酸を感じるフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、甘酸っぱい感じの旨味が勢い良く入ってきて、最後まで酸でギリギリ輪郭を保ちつつ、じわじわと染み入ってきます。
 味わいは、いかにもワイン系日本酒という感じの、酸が最初から最後まで主役を演じる味わいで、甘さの存在感も強く、渋味がちょっと重い印象もあたえるのですが、最終的には酸の働きでダレを防いでいる印象。
 後味は、ほんのりと渋味を口中に残しつつ、やはり酸が仕事をしてキレます。

 見た目通りの日本酒離れした甘酸っぱさが特徴的な、新世代の芳醇旨口さけでした。
 若干味がうるさい部分もあるのは飯米利用故かな…、ただ、とにかく酸の使い方が旨くて、最近の「こっち系」のお酒の中でもレベルが高い印象。
 また、酸だけじゃなくて甘味がちゃんとあるのが個人的には嬉しいです。
 実は結構凄いと思うのが、口当たりで度数17~18を感じさせないところなんですよね、それこそワイン党でも普通に楽しめるんじゃないかしら。
 白木久、次はまた別の、面白い名前のシリーズを飲んでみたいと思いました。

20180118160104753.jpg

紹介:「日本酒愉快者ブログ」さんの同スペックの記事
http://osakefunky.hatenablog.com/entry/2018/01/28/211156

名称:Shirakiku (白木久) 純米無濾過生原酒 
精米歩合:60%
使用米:コシヒカリ
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:白杉酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/750ml
購入した酒屋さん:新川屋佐々木酒店(人形町)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 白木久 純米

2018年05月07日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |