FC2ブログ

ORIGIN FRESH(オリジンフレッシュ) 純米吟醸 朝日 生原酒 

家飲み記録 ORIGIN FRESH(オリジンフレッシュ) 純米吟醸 朝日 生原酒 

20190123211151244.jpg  20190123211202413.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 この銘柄は初めていただきますが、同蔵の通常銘柄「燦然」は一度家飲みしています

 蔵元ホームページの取扱い店一覧を見る限り、地元重視っぽいですね。
 実際、出張で岡山に行った時は色々なところで燦然の看板を見かけました。
 そしてこのORIGIN FRESHは、「倉敷市・総社市にある蔵元の若手グループ「岡山ZARU」の共通ブランド酒」とのことです(蔵元発表記事はこちら)。
 私が期待を寄せるパターンである、地場の実力蔵が今風に寄せてきたブランドということですね。

 スペックは朝日米の精米歩合55%の無濾過生原酒。
 裏ラベルを見るに、「搾った当日に瓶詰」ということがポイントのようです。
 ただ、3月製造を9月開栓なので、今回は若干熟したコンディションでいただきました。

20190123211213150.jpg

 上立ち香は…あまり感じないですね、
 含むと、割と素直かつ濃厚な甘旨味がトロリと入ってきて、あまり酸を感じさせないまま、しかしそんなにダレずにゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、煮詰めた洋梨的な高濃度の甘味が純然たる主役、そこに寄り添うはやはり渋味ですね、苦味もほんの少しあるかな、全体として柔らかい印象のまま上手く奥深さを加えダレを防いでいる印象。
 後味は、その渋味と苦味が引き取って、ゆるやかに引き上げてくれます。

 極めて高濃度な甘味の魅力を、それと喧嘩しない苦渋の働きで飽きとダレを防ぎながらストレートに感じさせてくれる、個性派芳醇甘旨酒でした。
 若干砂糖ドバドバ入れたカフェオレ的な風味のようにも感じますね、ラベルがなんとなくそういうふうに見えてくるような…、ともかく、徹底的に私好みのお酒です。
 いやあ、この低酸の濃厚な甘さ、どうしても桃の里を思い出してしまうなあ、なんとなく朝日米に由来する特性のようにも思えます。
 最近某大手酒販店も目を付けているようですが、個人的にも今後朝日米のお酒は意識して追ってみたいかな。
 オリジン、また買う機会があれば逃さないようにしたいと思いました。

20190123211220726.jpg

名称:ORIGIN FRESH(オリジンフレッシュ) 純米吟醸 朝日 生原酒 
蔵元情報:菊池酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけ:まとめ買い記念写真
20190123211134841.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年01月30日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

燦然 純米 雄町 しぼりたて生

本日の家飲み 燦然(さんぜん) 純米 雄町 しぼりたて生

20170123133638423.jpg  20170123133647088.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。
 
 引き続き岡山出張時のお酒ですが、調達先は前回から移動して、岡山駅近くの「さかばやし」さんになります。
 このお店の特徴は、何といっても取り扱い銘柄が「岡山酒オンリー」であることでしょう。
 店内は地酒屋らしく壁一面にバーッと冷蔵庫が並ぶのですが、そこに並ぶのは見事なまでに岡山酒ばかり…、私も数々の地酒屋を見てきましたが、ここまで徹底したお店は初めてです。
 なお、角打ち(というか酒バー)併設で、試飲体制もかなり充実しているようです。
 
 ただ私がお邪魔したときはたまたま蔵元の会(ブログでも紹介している「嘉美心」)の日で、基本的に酒屋営業は休み、シャッターも半分降りていたのですが、お願いしてお酒だけ売ってもらいました。
 無理を言ってしまい申し訳ありませんでした…、またお忙しいところ丁寧なご対応ありがとうございました、この場を借りてお礼申し上げます。
 今度お邪魔する機会があれば、試飲&角打ちでじっくり楽しみたいなあ…
 
 というわけで、今回のセレクトは基本的にフィーリングです。
 この燦然はわりと土産物屋等で見かけて、地元なじみの銘柄っぽいと思い、その生スペックがあったので購入。
 岡山酒の真骨頂、地元産雄町米を65まで削った新酒しぼりたてです。


 上立ち香はセメダインと果実の中間といった、フレッシュな香りが控えめに。
 含むと、中程度の濃度で、かつ酸苦をまとった甘旨味がスルリと入ってきて、最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、フレッシュかつ甘酸苦がバランスを保って、かつ透明感を感じる、いかにもガンガンいってしまいそうな雰囲気の飲み飽きなさが有るもの。
 後味は酸苦がしっかり受け持って、バッチリキレます。

 甘味を含めて色々な味がしっかりと主張しながら、突出するものが無い結果としてスイスイ飲めてしまうお酒でした。
 これが17度って結構危ないなあ…、フルーティーの飲みやすさとはまた違う、透明感の飲みやすさを感じましたね。
 ちなみに一緒に飲んだ母君曰く「淡麗甘口」とのこと、このお酒については納得感のある表現かと思います。
 燦然、また出会えれば他のスペックもいただいてみたいと思いました。

20170123133705214.jpg  20170123133656419.jpg

名称:燦然 純米 雄町 しぼりたて生
精米歩合:65%
使用米:雄町
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:菊池酒造株式会社
購入価格(税抜):1,375円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(岡山市)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 燦然 純米

2017年01月30日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |