鼎 純米吟醸 生酒

本日の家飲み 鼎(かなえ) 純米吟醸 生酒

20170926080255367.jpg  20170926080304322.jpg

 長野県上田市のお酒です。
 外では何度かいただいていますが、家飲みは初めて。

 朝日屋酒店さんでの購入酒が続きます、ちなみこの「鼎」は以前に紹介した「瀧澤」を醸す信州銘醸さんの限定ブランドになっています。
 そもそも朝日屋酒店まで足を延ばしたのは実はこの鼎目当てであり、きっかけは滝澤の記事で日誌係さんにお店含めてオススメコメントをもらったことだったりします。
 しかしこの点、鼎自体は結構前から飲みたいと思っていた銘柄だったのに、コメントもらうまでそれが瀧澤と全く結びついていませんでしたからね…
 私のようなマニアでも見落とすこの日本酒業界のブランド細分の習慣、やっぱり分かりにくいですよねえ。

 閑話休題、スペック的には美山錦の55磨きということで瀧澤と同じですが、ポイントは何といっても生酒であることですね。
 特徴的なラベルデザインに加え、裏ラベルではこのお酒に対する思いが記載されており、いかにも限定品的なオーラがあります。
 また、超軟水「黒曜の水」で醸されているそうです、一般的に軟水使用のお酒は柔らかく飲みやすいお酒になると言われているようですが、さていかがでしょうか。

20170926080315942.jpg

 上立ち香は熟れきって蜜たっぷりのリンゴといった印象の甘い香りが気持ち強めに。
 含むと、濃厚かつバランスの取れた甘旨味が舌触り滑らかに入ってきて、あくまで裏方に苦味を感じさせつつ、最後まで崩れずにゆっくりと染み入ってきます。
 味わいは、香りの印象通りの完熟リンゴ的な、芳醇甘旨系の王道を行くような果実味が主役、そして雑味は皆無で非常に完成度高いですね、上品さすら感じます。
 後味は苦味が必要最低限に引き取ってしっかりキレます。

 心地よいリンゴ的甘味や口当たりの優しさなど、長野酒の良いところを凝縮したような、ハイレベル芳醇甘口酒でした。
 28BYということで心配していた苦味もちゃんと裏方で留まってましたし、割りと非の打ち所が無い甘旨酒なんじゃないかと…
 いやあこれを私に勧めてくれるあたり、よくわかっていらっしゃいます、日誌係さんありがとうございます。
 鼎はおりがらみ等他にもスペックがあるようなので、次はそちらも是非いただいてみたいと思いました。

20170926080342595.jpg  20170926080331998.jpg

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックのお酒の感想(BY違い)
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-590.html

名称:鼎 純米吟醸 生酒
精米歩合:55%
使用米:美山錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:信州銘醸株式会社
購入価格(税抜):1,381円/720ml
購入した酒屋さん:朝日屋酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年10月21日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

瀧澤 純米吟醸

本日の家飲み 瀧澤 純米吟醸

20160925214059394.jpg  20160925214109025.jpg

 長野県上田市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め、確か初めていただきます。
 ましだやさん購入酒6本目。

 私は「どの県のお酒が一番好き?」と聞かれたとしたら「長野県」と答えることにしています(次に奈良県)。
 昨今の日本酒業界では杜氏制が後退し、地域別の味わいの特徴は薄れてきている傾向にあると思います。
 が、それでもやはり食文化等に根差した特徴はある程度は残っており、中でも長野はそれが強い印象ですね。
 具体的に言うと「芳醇」(あと若干甘口)ということでしょう、ある意味「淡麗辛口」にはっきりと向こうを張る地域として、最有力候補なのではないでしょうか。
 そしてその特徴は、私のストライクゾーンどんぴしゃなんですよね…、当ブログでも現在最多登場県になっています(しかも特定銘柄に偏っていない)。

 たびたび「信州おさけ村」さんからも買っていることもあって、かなり色々な長野酒を飲んだ自負があったのですが、この「瀧澤」は初見だったので、即決で発注しました。
 スペック的には一般的な純米吟醸火入れ(多分加水あり)ですが、ラベルはブラック地にゴールド文字と結構攻めたデザインという印象。

20160925214124069.jpg

 上立ち香は落ち着いた果実香がほんの少々。
 含むと、極めて濃厚な甘旨味がトロリと入ってきて、これまた強めの苦辛さで輪郭を保ちつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、実に長野酒らしい完熟リンゴ的芳醇甘旨味が主役ながら、苦辛が尻上がりにどんどん強くなるため、全体としては芳醇辛口といった印象が残ります。
 後味はピリピリした辛さを口中に残しつつ、ガッツリとキレます。

 最初から最後までしっかりとした味わいながら、甘旨と苦辛が拮抗するバランスで、ダレ感を見事に抑えた芳醇酒でした。
 (多分加水)火入れでこの存在感、やっぱり長野イズムを感じるお酒ですね。
 しかし「鋭敏な切れ味、後味スッキリ」ということには同感ですが、これを「淡麗」と蔵元自ら表現してしまうことには違和感バリバリですねえ…、本当日本酒業界はその呪縛からさっさと逃れるべきだと私は思います。
 (ホームページの「芳醇な旨みを感じるも、キレの良さで綺麗なまとまりを見せるお酒」という表現の方が個人的にしっくりきます)
 ともかく、滝澤はまた他のスペックも飲んでみたいと思いました。

20160925214134831.jpg

名称:瀧澤 純米吟醸
精米歩合:55%
使用米:美山錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:信州銘醸株式会社
購入価格(税抜):1,425円/720ml
購入した酒屋さん:増田屋本店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 瀧澤 純米吟醸

2016年11月09日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |