澤屋まつもと 守破離 山田錦 純米大吟醸

本日の家飲み 澤屋まつもと 守破離 山田錦 純米大吟醸

20170616141644085.jpg  20170616141654852.jpg
 
 京都府京都市伏見区のお酒です。
 外飲み経験は何度もあり、ブログでの登場は2回目になります。

 前回は愛山利用の特別純米をいただいています、今回は看板シリーズと思われる「守破離」の山田錦ということで、何というかど真ん中スペックですね。
 セレクトの利用は、割とこの銘柄を推してらっしゃる「日本酒感想日誌」さんのイチオシ(正確にはBY違いですが)の中で、一番購入しやすいスペックだったからですね、例によって後追いです。
 同銘柄は既に業界で確固たる地位を築いている印象ですが、個人的には各所で「引き算の酒造り」を指向しているという蔵元コメントが出ていることが印象に残っています。
 この酒仙洞堀一さんの蔵訪問記にはその辺り詳しく書かれていますね、かなり徹底した食中酒指向とのこと。

 スペックは山田錦の50磨き、裏ラベルには「原料に勝る技術なし」の標語と、原料へのこだわりなどに関する文章がびっしりと書かれています。
 インスタのアカウントの記載があるのは珍しいですね。
 ちなみに、私のセレクトには珍しく火入れです、まあそもそもあまり生で出さない銘柄かと…。

20170616141704455.jpg

 上立ち香はアップルティーのような、存在感の有る果実香が気持ち強めに。
 含むと、非常に密度が高くかつバランスの取れた果実の甘旨味が、若干のガスのチリチリ感を伴って勢い良く口中に流れ込み、雑味皆無のまま息が長く染み入ってきます。
 味わいは、やっぱり蜜たっぷりのリンゴの甘旨味が中心にあるのですが、有りがちな香り系とは一線を画した旨味のまとまり、純度がありますね、濃厚ながらいくらでも飲めそうと言いますか。
 後味は、煙のように消え失せる感じで、見事なまでに自然に引き上げます。

 「引き算のお酒」という言葉に納得感のある、しっかりとした甘旨味がありながら派手すぎず、極めて高次元のまとまりを感じるお酒でした。
 こういう完成度の高い火入れのお酒を飲むと逆説的に、「やっぱり自分は生原酒が好きなんだなあ」ということを改めて実感しますね。
 そして、以前「宮寒梅」に感じた「優等生過ぎて物足りない」という度し難い感情も沸いてきたり…、自分はまだまだ、多少荒があっても所謂「個性」「インパクト」があるお酒が好きなタイプの飲み手なのだと思います。
 とはいえ、澤屋まつもとの銘柄としてのレベルの高さはビンビンに感じる一本でした、こういうお酒が飲みたくなったとき、改めていただきたいと思います。

20170616141722364.jpg  20170616141737551.jpg

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1184.html

名称:澤屋まつもと 守破離 山田錦 純米大吟醸
精米歩合:50%
使用米:山田錦
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:松本酒造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年11月02日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

澤屋まつもと 特別純米 愛山

本日の家飲み 澤屋まつもと 特別純米 愛山

1412667648668.jpg  1412667660424.jpg

 京都府京都市、伏見のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みは何度かあったような…。

 伏見といえば灘と並ぶ酒どころとして有名です、が、銘酒居酒屋に並ぶレベルとしては最近影が薄い気がします。
 (スーパーにはよく並んでますけどね…)
 そんな中、この「澤屋まつもと」は結構東京で見かける印象。
 ちなみに地元銘柄は「桃の滴」という、「ザ・女酒!」って感じの名称だそうです。
 かなり味わいのイメージが限定される名前なので結構売りにくそうな気が…、全国向けにブランドを再設定したのは正解だと、個人的には思います。

 さて、今回いただくのは愛山を仕様した火入れのお酒です。
 「桃の滴」にも愛山利用のものがあるようなので、蔵元として気に入っているお米なのかも、愛山利用の割にはお値段も普通です。
 米粒を模した肩ラベルがちょっとチャーミングな感じ。

1412667672716.jpg

 上立ち香は落ち着いた吟醸香がそこそこに。
 含むと、とろみを感じるような濃厚な甘旨味がグッときて、時間差で出てきた苦味と共に染みこんできます。
 旨味は愛山らしさを感じるような複雑さのあるもので、濃厚な程よく熟した果実の甘味に苦味が絡みついて独特の世界を醸し出します。
 後味は苦味がしっかり引き取ってキレます。

 独特で濃厚な甘旨味をストレートに楽しめる、愛山酒のお手本のようなお酒でした。
 火入れでこれだけ濃厚な甘旨味の世界を作り出せるところは、見事としか言いようがないと思います。
 甘さが一本調子で無いので飲み飽きないところも素敵。
 流石注目を集めている銘柄ですね、澤屋まつもと、今後追っていく銘柄に追加しようと思います。

1412667683591.jpg

名称:澤屋まつもと 特別純米 愛山
精米歩合:65%
酒米:愛山
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:松本酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年12月15日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |