FC2ブログ

ボーミッシェル スノーファンタジー 冬季限定うすにごり生原酒 01BY

家飲み記録 ボーミッシェル スノーファンタジー 冬季限定うすにごり生原酒 01BY

20200623163551706.jpg  20200623163601168.jpg

 長野県佐久市のお酒です、同蔵のお酒の紹介は2回目。

 こちらを醸す伴野酒造の通常銘柄は「澤の花」、当ブログでは以前「俺ラベル」というユニークなお酒を紹介しています。
 ボー・ミッシェルの方は日本酒離れした見た目に違わず、非常に個性的な低アル原酒商品だったかと思います。
 こちらについてはSAKETIMESに詳しい記事がありますね、今ほど低アル原酒が一般的ではないときから出し続けているというのはやはりすごいことかと。
 今回はその冬季限定のうすにごりです、まあほぼ一年前に飲んだ感想になりますが、今年ももうそろそろ出るはずなのでその参考までに…

 アルコール度数は9度、私が好む原酒の下手したら二分の一以下ですね。
 にごりは結構濃い目で、スノーファンタジーという名がに相応しい風情。

20200623163633374.jpg  20200623163611810.jpg

20200623163655481.jpg

 上立ち香はアルコール入りカルピスソーダ的な乳酸を感じる香りがそこそこに。
 含むと、乳酸的柔らかさのある甘酸味が、強めのガス感と、控えめの苦味を伴って、シュワシュワとした口当たりで入ってきて、割と軽やかに喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりカルピスを彷彿とさせる乳酸飲料的な旨味が主役、甘味が結構強いのと、オリ由来の旨味ブーストと苦味もあって、かなり濃厚に感じますね、ただ低アルも相まって少々ダレ感はあるかな…
 後味は、若干甘味苦味の余韻を残しつつ、酸を感じさせながらゆったりと引き上げます。

 柔らかい乳酸を伴った濃い甘味がシュワシュワスルスルと入ってくる、実にモダンな活性にごり酒でした。
 低アルの上にガスが強いので、グビグビいっちゃいますね~、このわかりやすさは魅力だと思います。
 ある界隈では新政の天蛙に似ているという話が出ていましたが、むべなるかなという感じです、蛙が買えなければまずこっちでも十分満足できるんじゃないかしら。
 ボーミッシェル、低アル原酒の先駆けとしての貫禄を感じる完成度でした。

 ちなみに温度が上がってしまうとかなりダレるのでしっかり冷やすのがオススメです。
 冷やすとスイスイですねえ、一日で飲みきってしまった…、飲んべいにとってはコスパは悪いかも。

20200623163622236.jpg

名称:ボーミッシェル スノーファンタジー 冬季限定うすにごり生原酒 01BY
蔵元情報:伴野酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/500ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年11月09日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

澤の花 純米 無濾過生原酒 俺ラベル

本日の家飲み 澤の花 純米 無濾過生原酒 俺ラベル

20161226162928815.jpg  20161226162937544.jpg

 長野県佐久市のお酒です。
 家飲みは初めてでブログでも初登場ですが、外では何度かいただいています。

 澤の花については、イベント「大長野酒祭り」などで今までも結構色々なスペックをいただいています。
 有名なのは「Beau Michelle(ボー・ミッシェル)」でしょうね、松尾大社で行われるイベント「酒-1グランプリ」において、2015年の総合優勝を飾った、デザイン・味わいともに非常に今風かつ個性的なお酒です。(なんかTVにも出てたとか…)

 今回いただくお酒もデザイン的にはまあ個性的ですね…、造り手である伴野貴之氏の顔がプリントされております。
 かの「山本」の裏ラベルには造り手のシルエットが印刷されていましたが、こちらは単色とはいえ表情もはっきりわかる感じのプリント。
 センスについてはコメントを差し控えますが(笑)、インパクトは絶大かと思います。

 スペック的にはひとごこち60磨きの新酒無濾過生原酒、酵母も9号系ということで、割とスタンダードなものですね。
 製造年月と蔵出年月を併記しているところは個人的には◎。 

20161226162947064.jpg

 上立ち香はバニラとリンゴを感じるフレッシュな香りが気持ち強めに。
 含むと、良くも悪くも新酒らしい力強く荒々しい甘旨味がグワッと入ってきて、青い苦味で輪郭を維持しつつ、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは極めて長野っぽいリンゴ的な甘旨味が主役で酸もありますね、苦味も結構強いのですが、旨味の存在感ときっちり拮抗している印象です。
 後味はほんのりと苦酸を残しつつ、しっかりとキレます。

 ザ・長野酒!といった趣の、フレッシュリンゴの甘旨酸味をストレートに楽しめる、芳醇旨酒でした。
 いやあこれは私の好みのラインですね、このお酒はこの方向性を進んで欲しいところ。
 後はもうちっと苦味が引っ込んで、洗練された味わいになれば、こっち系のお酒の超激戦区である長野でも浮き上がることができそうに感じました。
 澤の花、今後注目度を上げていきたいと思います。

20161226162956287.jpg

名称:澤の花 純米 無濾過生原酒 俺ラベル
精米歩合:60%
使用米:ひとごこち
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:伴野酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 澤の花 純米

2017年03月02日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |