流輝 ももいろ 純米吟醸 舟搾り無濾過生

本日の家飲み 流輝 ももいろ 純米吟醸 舟搾り無濾過生

20150407145827723.jpg  20150407145838786.jpg

 群馬県藤岡市のお酒です。
 今年すでに一本いただいているので当ブログでの紹介は2回目ですね。

 こちらのお酒は、その名の通りうっすらとピンク色をしています。
 しかもそれは「協会赤色清酒酵母」という酵母の働きで生じる色素によるもので、着色料等の添加は一切ないというところが大きなポイントでしょう。
 雰囲気的にもどぎつさがなく、いかにも自然なやさしさのある色味になっています。
 (しかし、「るか」で「ももいろ」とか、偶然にしてもあまりにも巡音さんを想起してしまいますね…。たぶん現状騒いでいるのは私だけだとは思いますが、やっぱりザクみたいに「キャラクター関連銘柄」として話題になっても良いような)

 裏ラベルのスペックを見ると、やはり日本酒度-16、酸度2.5というのが目を引きますね。
 wikipediaによると「協会赤色清酒酵母」自体が女性層等の開拓を視野に入れた甘口のお酒を志向して開発されたらしいので、このお酒もその方向に合わせたのだと思います。

20150407145855553.jpg 20150407145911087.jpg

20150420121247596.jpg

 上立ち香はうすにごりらしくガス混じりでスッキリとしたお米の香りがほどほどに。
 含むと、個性的な旨酸味が若干のガス感と共に入ってきて、唾液線を刺激しながら染みこんできます。
 旨味はフレッシュで果実感のある酸味が主役で、甘さをしっかり引き締めて爽やかな印象を形作ります。
 後味はその酸味がちょっと酸っぱい感じで引取ります。

 見た目のイロモノ感や数値の強烈さとは違った印象の、バランスの良い甘酸っぱ酒でした。
 個人的好みからは、もう少し酸っぱいと一気に苦手になる恐れがあるのですが、うまく踏みとどまっている感じ。
 これは良いですね~、うすにごりの苦味とかも仕事していて、結構奥深い味わいだと思います。
 流輝は個人的にどんどん印象が良くなっています、これから一層注目していきたいと思いました。

20150407145927877.jpg

名称:流輝 ももいろ 純米吟醸 舟搾り無濾過生
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:-16
蔵元情報:松屋酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 流輝 純米吟醸

2015年05月14日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

【ギャザリー】萌酒だけじゃない!キャラクターに関係する日本酒銘柄ピックアップ

  「ギャザリー」の記事を更新しました、これでついに10本目。
 今回のタイトルは以下の通りです。

 萌酒だけじゃない!キャラクターに関係する日本酒銘柄ピックアップ

 まあたまにはこんな記事も良いかなと。
 ポイントは、萌え酒・コラボ酒でなく、微妙に間接的に関係しているお酒を選んでいるところですね。
 というかほぼこじつけなものも多かったり(苦笑)
 まあある意味まとめサイトらしい記事になったと思います、興味があれば一度ご笑覧ください。


 ちなみに、この記事をそもそも書こうと思ったきっかけは「流輝」でした。
 「作」が名前つながりでガンダムファンに人気が出ていることは有名なので、ボカロファンなら流輝を推しても良いだろうと。
 しかし、なんか検索してみると流輝の名前に興奮しているのってほぼ私だけなんですよね…
 悔しいので空気を読まずにもうしばらく騒いでようかと思います(迷惑にならない程度に)

 なお、諸事情により2月末までにギャザリー用に温めていたネタを放出して駆け込み更新する予定です。
 あと1、2本は載せたいですね、今後ともお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます!

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年02月26日 ギャザリーの記事 トラックバック:0 コメント:0

流輝 純米吟醸 舟絞り無ろ過 生 山田錦

本日の家飲み 流輝 (るか) 純米吟醸 舟絞り無ろ過 生

fc2_2014-06-06_12-34-43-738.jpg fc2_2014-06-06_12-35-51-759.jpg

 群馬県藤岡市のお酒です。
 外では何度かいただいていますが、家飲みは初めて。

 なかなかインパクトのある銘柄名だと思います。
 裏ラベルに「自分の子供のように育ってほしいと願いを込め名づけました」とありますが、これだけだと意味が通じないような…。
 少し補足すると、以前お酒のイベントで聞いた蔵元さんのお話では、「流輝」というのはもともとお子さんにつけようと思っていた名前なのだそうです。
 だから、その名前をお酒につけることが、子供に対するように丹精込めて育てるということに繋がるわけです。

 ちなみにその際にどうしても気になって「ボーカロイドってご存知ですか?」と聞いてしまいました。
 結局ご存知ないとのことだったので、某巡音さんとは無関係のようです。
 せっかく同名なのでそこらへん少し話そうかなとも思ったのですが…、痛いオタになりそうだったので止めておきました(汗)

 スペックは山田錦の60、スタンダードな純米吟醸無濾過生ですね。
 ラベルがピンク文字なので、個人的にはそこからも巡音さんを思い出してしまいます。

fc2_2014-06-06_12-35-19-918.jpg

 上立ち香は甘さ、フレッシュさが混じったアルコール臭がそこそこに。
 含むと、しっかりとした印象で、フルーティーな甘旨味が多少の苦味を伴いつつ力強く染みこんできます。
 旨味は蜜たっぷりのリンゴといった、甘酸がそれぞれ強く主張するタイプの味わい。
 ただ、後で少しアルコールのキツさのようなものも感じますね、尻上がりに荒々しさが出てきます。
 後味はそのアルコール感と苦味でキレます。

 荒さやキツさを感じさせつつ、それ以上に魅力的な旨甘味のある若々しいお酒でした。
 実は以前外飲みをした際はその荒さが目立って良い印象ではなかったのですが、今回は長所が上回っているように受け取れました。
 スペックの違いによるものかもしれませんが、酒質がまさに向上中なのかもしれません。
 流輝は今後も追っていこうと思います。

fc2_2014-06-06_12-36-25-391.jpg

名称:流輝 純米吟醸 舟絞り無ろ過 生 山田錦
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:15.9%
日本酒度:不明
蔵元情報:松屋酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 流輝 純米吟醸

2014年08月01日 群馬の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |