池雲 純米 無濾過生原酒 「CLOUD」

家飲み記録 池雲 純米 無濾過生原酒 「CLOUD」

20180118160005149.jpg  20180118160015476.jpg

 京都府舞鶴市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらは店頭初見衝動買い案件ですね、人形町の新川屋佐々木酒店さんで購入しました。
 同店購入酒としては最近では伊乎乃白木久田光など、ちょっと前には吟田川鴎樹等々を紹介しています。
 このラインナップや同店のホームページを見ていただければ自明のことかと思いますが、同店は流行り・有名銘柄とは一線を画す、ひと味違った感じの銘柄セレクトをしており、私のような人間としては冷蔵庫を眺めるだけでもとても楽しいです。
 人形町に寄る機会はあまりないのですが、その時は大体同店と小山酒店さんを回り、腰に負担がかかるレベルの本数を抱えて帰ることになりますね。

 閑話休題、蔵元ホームページによると、こちらのお酒は丁度今回リニューアルされたらしいです。
 今年は麹は五百万石、掛米はコシヒカリ、精米歩合65%の無濾過生原酒。
 特筆すべきはお値段で、税抜1,200円を切る良心的価格設定となっています。


 注ぐと、ちょっとだけ濁ってますね。

 上立ち香は甘酸っぱい感じの果実香がそこそこに。
 含むと、高濃度の甘酸味がググっと入ってきて、結構味の多い印象を与えつつも、酸の働きでギリギリ重さを感じさせずに、最後まで力強く染み込んできます。
 味わいは、うーむこれはやはり柑橘系果実系の甘酸味が主役ですね、ただフレッシュというよりは落ち着いていて、じんわりと甘酸の旨味を味わえるのが素敵な感じ。
 後味は酸が引き取る感じで、しっかりキレます。

 甘旨と酸が主張し合いながらも絶妙なバランスを保つ、芳醇ながらキレの良いハイコストパフォーマンス酒でした。
 いやあこのレベルでこのお値段は素晴らしいですね、既に飯米の良さをしっかり引き出せている印象があります。
 前はこれより重かったらしいので、これはリニューアルとしては大成功なんじゃないでしょうか。
 池雲、今後是非他のスペックもいただいていきたいと思いました。

 なお、温度が上がってくると重さの方が出てくるので、しっかり冷やしていただくのがオススメ。
 そうすれば、お値段以上の飲みやすさと飲みごたえを兼ね備えたお酒としてガッツリ楽しめると思います。

20180118160024931.jpg

名称:池雲 純米 無濾過生原酒 「CLOUD」 
精米歩合:65%
使用米: 麹:五百万石 掛:コシヒカリ
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:池田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,143円/750ml
購入した酒屋さん:新川屋佐々木酒店(人形町)
お気に入り度:8.5/9.0(値段も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月12日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |