江戸開城 純米どぶろく

本日の家飲み 江戸開城 純米どぶろく

20170221130340830.jpg  20170221130349229.jpg

 東京都港区のお酒です。
 ブログでは初登場ですね、外飲み経験については後述。
 にごり酒特集の6本目。

 こちらを醸す「東京港醸造」は、明治時代に廃業した酒蔵の子孫が約100年ぶりに酒造免許を取得し、開業の地である港区芝で営業を再開させた蔵らしいです(非常に立派なホームページがあるので関連情報はそちらも参照)。
 ちょっと前までは赤羽の小山酒造(丸真正宗)が23区唯一の酒蔵だったと思うので、二つ目ということになるのでしょう。
 (ちなみに小山酒造のホームページは現在「23区で唯一100年以上清酒を製造し続ける酒蔵」という表現になってます
 Wikipediaによると、酒造免許を得たのが2010年、「清酒」製造免許を得たのが2016年ということで、その間はリキュールやどぶろく等を醸していたようです。
 製品ラインナップにもその名残があるようで、どぶろくだけで3種類出していますね。

 店頭には原材料名に「スピリッツ」が混ざっている白ラベルのどぶろくと、この純米どぶろくが並んでいましたが、店員のお兄さんに「どっちの方が甘いですかねえ」ということを中心に、味わいの特徴を教えてもらって、こちらをセレクトしました。
 が、実はこのお酒、アルコール度数が5~6度と極めて低いものであるということに、飲む直前になって気づきました。
 これには「お兄さんその情報重要だよ…」とがっくしきてしまいましたが、ラベルに明記されている以上悪いのは私でしょう。
 分類は「その他醸造酒」ということで、おそらく「こして」いない狭義のどぶろくですね、お値段は「700」mlで税抜き1,800円と、私にとってはちょっと高級品。

20170221130357158.jpg  20170221130404938.jpg

 上立ち香はお米っぽい香りがほんの少々。
 含むと、ドロドロとしながらも、粒があっさりと砕けていくように引っかかりの無い口当たりで、スッキリとした甘味が最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、非常に軽い感じながら日本酒的な旨甘味は確かにあって、同時に甘酒的な風味の旨酸味を裏方に感じさせる、極めて面白い個性的なもの。
 後味は見事なまでにスッキリと引き上げます。

 粉っぽさが皆無なで、飲むヨーグルト的な乳酸の風味も感じるような、とにかくオンリーワンでゴクゴク飲めてしまう系のどぶろくでした。
 これはこれで楽しいのですが…、私にとってはお酒として軽すぎて、絶望的なコスパになってしまうのが厳しい(正直1日で余裕で飲み切れてしまう)。
 度数換算では黒村裕以上の高級酒になってしまいますからね…、日本酒ブログの中でもコスパにうるさいと自負しておる当ブログとしては、ちょっとリピートする気にはなれないのが正直なところ。
 江戸開城については、お値ごろな生酒を出してきたら、購入を検討してみたいと思います。

20170221130421524.jpg  20170221130413465.jpg

名称:江戸開城 純米どぶろく
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:5~6%
日本酒度:不明
蔵元情報:東京港醸造
購入価格(税抜):1,800円/700ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:7.7/9.0

 ここからは少し蛇足。
 江戸開城については、外飲みで純米吟醸原酒をいただいたことがあるのですが、火入れだったこともあってあまり印象には残りませんでした。
 というかせっかく東京のど真ん中にあるのに、何で生酒を出荷しないのかなあというのが、生酒偏重派としての私の素直な疑問ではあります。
 なんというか、都内有力地酒屋がこぞって取り扱いを開始しているのもちょっと釈然としないんですよね。
 全体的に値段が割高なのは、地代やら諸経費の関係で仕方ないのかもしれませんが、一飲み手としては「ストーリー」だけではなく、「酒質」でしっかりと付加価値を付けていって欲しいというのが正直な気持ちです。
 (わざわざこんなことを言う理由としては、「酒質」は文句ないのに「売り方」が下手な地方蔵とのギャップがどうにも歯がゆいということがありまして… 私としてはそちらを応援したいと強く思った今日この頃でした)

20170331162252517.jpg  20170331162301153.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年04月09日 東京の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |