水鳥記 特別純米酒 直汲み生原酒 28BY

本日の家飲み 水鳥記 特別純米酒 直汲み生原酒 28BY

20171002221824684.jpg  20171002221833839.jpg

 宮城県気仙沼市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですが、外ではあまり見かけませんね…

 前回は26BYをいただいております、その時の印象は非常に良く、いつかまた買おうとは心に決めていたのですが、実際には1年半ほど間が空いてしまいました…
 蔵元ホームページには販売店一覧があるのですが(素晴らしい!)、都内での取り扱いは宮城県アンテナショップを含めて4店舗とやはりかなり限られています。
 こういう銘柄はぼーっとしていると数年買い逃しなんてざらですからね…、実際今回も新酒の時期には買い逃しており、製造年月が去年11月のものを今年8月に購入、開栓しています。
 なので、今回はかなりの生熟期間を経ているものの感想になります、多分蔵元の意図する味わいからはちょっと離れているのでその点はご注意ください。
 
 スペック的には蔵の華の精米歩合55、前回は山田錦だったので結構大きい違いです。
 蔵元直販ページをみると、どうやら山田錦55は別ラベルで出ているようです、また美山錦を使用したものもあるみたいですね。
 

 上立ち香は若干の熟感とフレッシュさが共存したような柑橘系果実の香りがそこそこに。
 含むと、ほどほどに落ち着いた印象の甘旨味がトロリと入ってきて、徐々に出て来る柔らかめの辛さでしっかり引き締まりつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、割りとしっかり熟した洋梨的な甘旨味が主役、酸はほどほど、やはり面白いほどにゆっくりと出てくる辛さが準主役といった感じで、時間による味の移り変わりを楽しめるタイプ。
 後味は、その辛さが引き取ってしっかりとキレます。

 果実的で濃厚な甘旨味が、素直かつほどほどに熟した感じの、ある種とても秋らしいお酒でした。
 十分美味しくいただけたのですが、やっぱりこのお酒の真骨頂は新酒時の個性とインパクトかな…とも思いましたね。
 この辺りは飲んでみないと分からないうえに、好みにもよるので難しいところです。
 水鳥記、次はまだ飲んでいない美山錦も狙ってみたいと思います。

 開栓後しばらく経つと辛さが柔らかくなって良い感じですね。
 ちょっと硬質な感じも出てきたかも…、やっぱり個性的な酒質だと思います。

20171002221850101.jpg  20171002221841944.jpg

名称:水鳥記 特別純米酒 直汲み生原酒 28BY
精米歩合:55%
使用米:蔵の華
アルコール度:15%
日本酒度:+2
蔵元情報:株式会社角星
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年11月29日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

水鳥記 第一章 特別純米酒 直汲み生

本日の家飲み 水鳥記(みずとりき) 第一章 特別純米酒 直汲み生

20150630153825349.jpg  20150630153847981.jpg

 宮城県気仙沼市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め、始めていただく銘柄。

 気仙沼ということで、以前紹介した蒼天伝同様、こちらも所謂被災蔵の醸すお酒です。
 蔵元ホームページにはあまりそういう記載を前面に出していないのですが、しれっと「本社を配送センターに移転中」との旨が書いてあります、やはり大変な中で頑張っておられるのだろうと想像します。
 地元銘柄は「金紋両國」、水鳥記は限定品らしく、裏ラベルの解説によると第二章以降も続けて出てくるっぽいです。

 ちなみに今回は完全にフィーリングで選んだのですが、後で調べたところ今年のIWCでしっかりGOLDメダルを取っていました
 スペックは山田錦の55、直汲み生ということで、フレッシュさを期待してしまいますが、いかがでしょうか。

20150630153900443.jpg  20150630153934372.jpg

 上立ち香は個性的な、落ち着いた雰囲気の果実の香りがそこそこに。
 含むと、これまた個性的な完熟果実様の甘旨味が塊で入ってきて、若干の苦酸味で輪郭を保ちながらじわじわと染みこんできます。
 旨味は柑橘系の果実な感じで、非常に濃厚な甘味が主役かつ、それ一辺倒にならない全体のまとまりがある味わい。
 後味は苦味が力強く引き取り、でも自然な感じでキレます。

 個性的で濃厚な甘旨味と、飲み飽きない苦酸が見事に調和した、極めて完成度の高い旨酒でした。
 いやあこれは大正解でした、GOLDも納得です、そして私の直感力も捨てたものではないなと、少々嬉しかったりして…
 本当に、まだまだまだまだ全国には私の知らない旨酒があるのだなあと思い知らせてくれた一本です。
 水鳥記と角星、今後の動きを注視してきたいと思いました。

20150630153914690.jpg

名称:水鳥記 第一章 特別純米酒 直汲み生
精米歩合:55%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社角星
購入価格(税抜):1,450円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年07月16日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |