2018長野酒特集まとめ

 今期たまたま長野のお酒が続いたことから、軽い気持ちで連続して掲載してみたわけですが、最終的には11本分となかなか立派なボリュームの特集になった感がありますね。
 というわけで、ここで振り返っておきたいと思います。(特集の最初の回はこちら
 ただ正確には、まとめというよりは、特に気に入ったお酒について改めてオススメするという感じの記事にしようと思います。

 というわけで、まずは今回のMVPをご紹介。

①美寿々 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒
20180528132632892.jpg
 今回は基本どのお酒も好みだったのですが、その中でも頭一つ抜け出ていた印象。
 昔から好きな銘柄でしたが、相変わらず素晴らしい出来栄えでしたね、雄町初挑戦でこれは凄すぎ。
 そこまで甘味一辺倒というわけではなく割と万人が楽しめるタイプですし、日本酒好きであるなら、すべからく一度は飲むべき銘柄であるとここに断言しておきます。

②水尾 「紅」 純米吟醸 無濾過生原酒 29BY
20180412125559020.jpg
 私としても四合瓶を一気に空けるなんてことはそう滅多にないわけで、そうしてしまったということ自体が旨さの証明と言えるでしょう。
 旅行時購入、車中開栓というシチュエーションによるブースト効果は否定できないものの、やっぱり素晴らしい出来だと思います。

③夜明け前 純米吟醸 生一本 しずくどり生酒
20180426151012757.jpg 
 「ザ・長野酒」とでも言いたくなるような芳醇な甘味と、雫らしいキレイさの両立が心地よい。
 このお酒が気に入ったなら、長野酒にドップリ浸かっていっても後悔はしないでしょう。
 
 上記3銘柄は今回のスペックに限らず、全国区で戦える実力派長野銘柄の筆頭グループに入っていると思います。
 所謂、フレッシュフルーティー芳醇甘旨系のお酒が嫌いでなければ、新酒の時期に一度は飲んでみて欲しいですね。
 通販以外では中々手に入れにくいですが、新橋の信州おさけ村さんなら結構置いてあることは多いかと…。
 特に美寿々は味わいのレベルと知名度のギャップが極めて大きいと前から思っております、こんな記事にまで目を通してしまうぐらいに読者の皆様は日本酒に熱心なのですから、何としてでも飲んでみてください!

 また、これ以外のお酒もどれも美味しかったですね。
 特に鼎の安定感、艶三郎のコスパ、縁喜の個性はそれぞれ非常に魅力的でした。
 ちょっと残念だったのが私の愛する井の頭が何となくベストコンディションじゃなかったっぽいことですね、ベストならMVPも狙えた雰囲気も感じましたが…、絶対来期も買います。

 今回まとめてみて、改めて自分と長野の酒の相性の良さを実感しましたね。
 今年も多分「大長野酒祭り」に行くと思うので、今から楽しみです。
 ビバ長野酒!

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月01日 日本酒関連の雑記 トラックバック:0 コメント:3

水尾 「紅」 純米吟醸 無濾過生原酒 29BY

家飲み記録 水尾 「紅」 純米吟醸 無濾過生原酒 29BY

20180412125559020.jpg  20180412125608284.jpg

 長野県飯山市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね、長野酒特集の6本目。

 こちらも信濃錦や亀の世同様、松本の中島酒店さんで購入しました、長野旅行時の土産酒のトリになりますね。
 水尾については以前も「紅」のひやおろしを飲んでおり、今回買うかどうかも迷ったのですが、生酒版も飲んでみたいと前から思っていたことと、1本ぐらいは良く知った信頼できる銘柄を買うのも良いかと思ったことからセレクトしました。
 実は当初は、宿泊先の旅館で飲もうかと思って買ったのですが、旅館の日本酒メニューが思いの外ちゃんとしていて(鏡花水月・善哉の生酒とか)、そちらで十分楽しめたので予定を変更しています。
 ちなみに結局帰りの電車内で開栓しました。

 スペックは、長野が誇る復刻米「金紋錦」を49%まで削った高精白の純米吟醸で、お値段も1ランク上という感じ。
 特急あずさの車窓から、風景を楽しみつついただきます。

20180412125616751.jpg

 上立香は、フレッシュかつ甘さを感じられる果実香が仄かに。
 含むと、フレッシュで芳醇な甘旨味が華やかな感じで入ってきて、チリチリとしたガス感を伴いつつも滑らかさも感じるような口当たりで、最後までバランスを保ったまま染み入ってきます。
 味わいは、全体としてはメロンを彷彿とさせる、ふくよかな甘味、程よいガスと青さによるフレッシュさ、心地よいラムネ的含み香が一体となって、かつマイナス要素をほぼ感じない完成度の高いもの。
 後味は、青い苦味がしっかり仕事をして、見事にキレます。

 強めのガス感をまといつつも、まろやかさすら感じさせる芳醇な甘旨味をストレートに楽しめる、極めてハイレベルなフレッシュ甘旨酒でした。
 紅はやっぱりメロンですね、どことなくバニラもあってクリームソーダ的と言えるかも、そして濃厚さとキレのバランスが素晴らしい!本当にお酒としての出来が高次元です。
 金紋錦にこだわって、これだけ使いこなすに至ったというのも見事の一言ですね、個性・完成度の双方で明らかに全国区でバリバリ戦えるレベルかと。
 水尾は銘酒ひしめく長野でも傑出したお酒だと思います、是非早いうちに他のスペックもいただいてみたいと思いました。

20180412125633863.jpg  20180412125625549.jpg

20180412125642659.jpg

名称:水尾 「紅」 純米吟醸 無濾過生原酒 29BY
精米歩合:49%
使用米:金紋錦
アルコール度:17度
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社田中屋酒造店
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:中島酒店(松本)
お気に入り度:8.6/9.0

■長野旅行時購入酒記念写真
20180426133825332.jpg
 …実は水尾は空瓶だったりします、旨過ぎて車内で四合飲み切っちゃったんですよね。
 連れが居たとはいえ、傍から見たら明らかにやべーやつだったに違いない…
 ただ、シチュエーションの影響を除外しても、このお酒が素晴らしい味わいだったことは間違いないと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月21日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

水尾 紅 ひやおろし 純米吟醸 原酒

本日の家飲み 水尾 紅(くれない) ひやおろし 純米吟醸 原酒

1416126617083.jpg  1416126634195.jpg

 長野県飯山市のお酒です。
 外飲みやイベントでは何度もいただいていますが、意外にも家飲みは初めて。

 水尾といえば、「第83回関東信越国税局酒類鑑評会(2012年)」で最優秀賞を受賞し、226の酒蔵の頂点にたったことが記憶に新しいところです。
 なんだかんだでかなりの数の蔵が受賞する新酒鑑評会の金賞より、この結果は重い価値をもつものと言えるのではないでしょうか。
 あの新潟を差し置いて長野酒が選ばれたという点でも、インパクトがあったかと思います。

 さて、今回いただくのはランクがちと高めの純米吟醸「紅」の、ひやおろしバージョンです。
 大長野酒祭りでは何度もいただいており、毎回甘味主役の安定感のある旨みが非常に好印象でした。

1416126650683.jpg

 上立ち香はひやおろしには珍しい、程良く甘いセメダイン香がそこそこに。
 含むと、老ね感皆無で味が乗った印象の濃厚な甘旨味がスッと入ってきますが、しばらくするとそれに強めの辛さが絡みついてキリリとした印象に変わりつつ染みこんできます。
 旨味は、メロンっぽい甘味が中心で生酒のような芳醇さと青臭さがある気がします、が、それが非常に前向きに感じられるようなまとまりがありますね。
 後味は辛さで見事なまでにきっちりキレます。

 味乗りのした濃厚な旨甘味を、しっかりとした辛さで引き取るお手本のようなひやおろしでした。
 今年飲んだひやおろしの中では川亀に似ているかも…、これも私の好みドストライクです。
 雑味の無さも素晴らしいですし、原酒ならではの濃厚さにはやっぱり惹かれてしまいます。
 水尾はやっぱり長野酒の中でも頭ひとつ抜けている完成度があると思いました。

 常温だと普通に口当たりは柔らかくなりますね。
 しかし後味の辛さはさらに増すような…、うーん辛い、私には辛すぎる気もしますが、キレは凄いです。

1416126662431.jpg  1416126674832.jpg

1416126684974.jpg

名称:水尾 紅 ひやおろし 純米吟醸 原酒
精米歩合:49%
酒米:金紋錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社田中屋酒造店
購入価格(税抜):約1,700円/720ml(レシート紛失…)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年11月30日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |