FC2ブログ

梅一輪 特約蔵出大吟醸 躍「おどる」

家飲み記録 梅一輪 特約蔵出大吟醸 躍「おどる」

20180704145453115.jpg  20180704151558029.jpg

 千葉県山武市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 「IMADEYA千葉エキナカ店」での購入酒4本目、ラストになります。
 この銘柄は鑑評会金賞受賞リストで結構見ており、いつか飲みたいと思っていたので、今回買えたのは嬉しかったですね。
 正直なところ、「いまでや」さんというとワインを前面に出していたり、最近では「GINZA SIX」に出店していたりという部分が目についていて、個人的には「スカしてるなあ」というイメージ(笑)が今までありました。
 が、実際店頭を覗き、取り扱い銘柄をチェックしてみると、別に流行り系一辺倒でなく新旧の実力派銘柄をしっかりと揃えているのが見て取れます。
 特に地元千葉酒の取り扱いが充実しているのがやっぱり良いですね~、地酒屋として根っこの部分がちゃんとしているという感じ。

 このお酒はそんな地元との繋がりを感じさせる、いまでやオリジナルスペックみたいです。
 使用米は非公開ながら、精米歩合50で税抜1,500円を切るのは素敵ですね。
 アル添有の大吟醸、一回火入れ。

20180704151629555.jpg

 上立ち香は…、うーんメロンクリーム的な結構個性的な香りがそこそこに。
 含むと、程よい濃度の旨味が優しい口当たりでスルスルと入ってきて、ほんのりとした辛さを彷彿とさせて輪郭を保ちつつ、最後までバランス良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、まろやかなかつ落ち着いた印象のメロン的旨味が中心にあるのですが、甘味はほどほど、濃度も中程度ながら酸もあって、凝縮されている感じの飲みごたえもあります。
 後味は、非常に自然な感じで、かつ見事に引き上げます。

 インパクトよりも全体のまとまりが魅力的な、穏やか系高コスパ味吟醸でした。
 何というか、古臭さが無いのに、伝統的日本酒の魅力を感じさせる辛さを感じましたね、アル添由来なのかもしれませんがキツさも抑えられている感じ。
 全体として非常に丁寧に造られているのが伝わってくるんですよね、地方密着型の蔵でもこういう高レベルの造りができるところが多くあるのが、日本酒業界の懐の深いところだと思います。
 梅一輪、次はまた別のスペックも是非いただいてみたいと思いました。

20180704151608350.jpg  20180704151617260.jpg

名称:梅一輪 特約蔵出大吟醸 躍「おどる」
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:梅一輪酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:IMADEYA千葉エキナカ店
お気に入り度:8.4/9.0

■おまけ:今回の購入酒記念写真
20180619102543554.jpg
どれも良かったですね~、今度は銀座店とか通販も利用してみようかな。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 梅一輪 大吟醸

2018年07月24日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |