FC2ブログ

松乃井 吟醸 なま

家飲み記録 松乃井 吟醸 なま

20191014132133518.jpg  20191014132205149.jpg

 新潟県十日町市のお酒です。
 前回前々回に続いての紹介です、こちらも遠州屋酒店さんで入手。

 こちらのお酒については、遠州屋酒店の店長さんが、「宴会に必ず持っていくお酒」として紹介していました。

 
 一人の酒飲みとして、そういう自分の中での勝負酒というか、他の人に是非飲ませたいお酒が有るっていうのは素晴らしいと思いますね。
 私の場合は花陽浴・風の森・桃の里のどれかかなあと思うのですが、割と保存に気を使う銘柄なのが中々難しいんですよねえ…

 閑話休題、スペックについては…、あまり記載有りませんね、アル添有りの生。
 ただ、精米歩合50%で大吟醸を名乗っていないのは一つのポイントでしょう、軽々しく大吟醸を名乗らないスタンスって感じですね。
 青瓶ですが、口付近を見る限り、薄青瓶問題とは関係ない瓶ですね。

20191014132250554.jpg  20191014132219252.jpg

 上立ち香は程よく熟した感じの果実的香りが仄かに。
 含むと、やはり落ち着いた、存在感の濃い旨味が、アルコールの辛さもあって極めて高密度に凝縮された感じで、ジワジワキリリと染み込んできます。
 味わいは、うーん実にまとまりのある玄人好みの印象の落ち着いた旨渋味が中心にありますね、アルコールの辛さはかなり強いのですがバランスを崩すこと無く、全体として自然にどんどん飲めてしまいます。
 後味は、辛さがバッチリと、しかしなぜかキツさが抑えられつつ、素晴らしくキレます。

 伝統を感じるような落ち着いた旨味と、アルコール由来の辛さをガッツリ感じさせつつ、古臭さを感じさせない良バランス旨辛酒でした。
 これまたアル添否定派に飲んでみて欲しいですね、アル添を感じさせないのではなく、その良さ・意義をストレートに感じさせてくれるお酒だと思います。
 甘さが少ないのは個人的には寂しいですが、そういう系でないので納得感はあります。
 ただ、今の私なら楽しめますが、正直やっぱこの刺激は嫌いな人もいるでしょうね…、まあ慣れと好みでしょう。
 このあたり、個人的には飲めた方が選択肢は広がるとは思いますが、無理に飲むことはないだろうというスタンスです。
 松乃井は、色々と日本酒のイメージを広げさせてくれました。

■紹介:「きたろーの酒ノート」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://sakenotes.hatenablog.jp/entry/2017/08/03/221900

20191014132229661.jpg  20191014132240400.jpg

名称:松乃井 吟醸 なま
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(横浜)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月05日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

松乃井 「SUPER HONJOZO」(スーパー本醸造)

家飲み記録 松乃井 「SUPER HONJOZO」(スーパー本醸造

20191014132415133.jpg  20191014132425924.jpg

 新潟県十日町市のお酒です。
 前回に引き続いての購入ですね、こちらも遠州屋酒店さんで入手。

松乃井というと、個人的には日本酒ブログ「きたろーの酒ノート」さんのイチオシ酒という印象を前から強く持っています。
 なので、飲む機会を伺っていた銘柄ではあったんですよね、ただ、近所に特約店がなかったり、出会っても一升瓶だったりで中々…
なお、当ブログでは以前「凌駕」という同蔵別ブランドを頂いたことがあるのですが、有識者によるとやっぱり味わいが違うとのこと。
 そんなこんなで、今回まとめて色々いただけたのは非常に良い経験になりました。

 こちらのお酒についてスペック等の情報について、詳細はきたろーさんの記事を是非ご覧ください。
 ここまで情熱を持ってしっかり書かれたら、さらにこちらで書くことは無いです(笑)
 本醸造酒のイメージとかけ離れた、洒落たラベルの500ml薄青瓶という見た目も特徴的ですね。

20191014132440067.jpg

 上立ち香はなんとなく米クリームといった趣の若干くぐもった落ち着いた香りがそこそこに。
 含むと、極めて力強い旨味が、やはりアルコール的刺激の引き締まりを伴いつつ、最後までしっかりと存在感を保ったまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、見事なまでに味乗りした印象の旨味が厳然たる主役、心地よい系の苦味もあって、砂糖入りオレンジを皮ごと煮詰めたような雰囲気かしら、そしてピリピリ感がいい感じで熟のダレを防いでくれます。
 後味は、濃厚な味わいをアルコールの辛さで引き取る、アル添の良さを押し付ける感じのキレ。

 一種重いぐらいの熟した旨味を、アルコールの辛さが見事に引き取る、本醸造らしくもその上を行く感じのお酒でした。
 いやあコンセプト通りのお酒って印象ですね、純米派にも是非飲んでもらいたいような完成度かと。
 ただ、良い悪いは別にして、やっぱり他の茶瓶のお酒と熟感の方向性に違いはあるような…(少しくぐもっていると言いますか)、このお酒の場合は味わいが負けていないのであまり気にならないのですが。
 松乃井、次はまた別スペックを紹介いたします。

■紹介:「きたろーの酒ノート」さんの同スペックの記事(BY違い)
http://sakenotes.hatenablog.jp/entry/2017/08/28/223841

20191014132450466.jpg

名称:松乃井 「SUPER HONJOZO」(スーパー本醸造
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(横浜)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月02日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

松の井 吟醸 火入れ

家飲み記録 松乃井 吟醸 (2017年10月製造)

20191014132301898.jpg  20191014132331480.jpg

新潟県十日町市のお酒です。
同蔵のお酒は家飲み経験有りですが同銘柄は初めて、こちらも遠州屋酒店さんで買えるお酒です。

遠州屋酒店さんの素敵なところその③として、「製造年月が古い掘り出し物のお酒がある」ということがあると思います。
一般的な食料品の感覚では、古いものは悪いものというふうに考えがちだと思いますが、日本酒に関しては、場合によってはワイン的な感覚で、熟成によってより旨くなるということがザラにあるわけです。
ただ、蔵元での管理された熟成と違い、例えばスーパーでの売れ残り酒なんかはだと、管理状態が悪い・または酒質が熟成に向かない等の理由で、単に「老ね」て嫌な匂いが出てくることも多いんですよね。
しかし、遠州屋酒店さんでの取り扱い銘柄は基本的に酒質が「強い」熟成に向くお酒が多いので、割と安心して買えるというのは非常に大きいと思います。

今回いただくのは約1年半前に製造されたものですね、使用米は山田錦の50%精米、アルコール添加有になってます。
火入れということもあり、熟成的にはまだまだ序の口といったところでしょうか。

20191014132341781.jpg  20191014132352379.jpg

上立ち香は実に落ち着いた、果実っぽくも甘さが抑えられた香りが控えめに。
含むと、やはり落ち着いた印象の存在感のある旨味が実に自然な口当たりで入ってきて、火入れ的な含み香を伴いつつも、最後までまとまりを保ったまま染み込んできます。
味わいは、実に柔らかい砂糖菓子のような甘味を纏った、しかしお米を感じる旨味が中心、苦渋もしっかり存在するのですが不思議な程に裏方に徹している印象、アルコール的辛さも浮かずに一体となっている感じですね。
後味は、アルコール的辛さが受け持ちつつも、実に自然な感じで引き上げます。

落ち着いた柔らかい完熟系の旨味を、辛さが最小限の役割を果たして引き上げる、アル添の良さを感じられるお酒でした。
飲み始めに火入れっぽい香りが伴うのが私には若干マイナスではあります、ただそれ以外の部分は素晴らしいバランス。
実際飲みごたえがあるのにどんどん飲めるんですよ、これはやっぱりアル添の利点が最大限に発揮されているように思えますね。
実は松乃井は3スペックほどまとめて入手したので続けてご紹介します。

20191014132403173.jpg

紹介:「きたろーの酒ノート」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://sakenotes.hatenablog.jp/entry/2017/11/02/214941

名称:松乃井 吟醸 (2017年10月製造)
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(横浜)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 松乃井 吟醸

2019年10月30日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

凌駕(りょうが) 特別純米 秋だより

家飲み記録 凌駕(りょうが) 特別純米 秋だより

20190218132911927.jpg  20190218132922007.jpg

 新潟県十日市市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらは名古屋出張時の土産酒になります、購入先は「リカーワールド21 シバタ」さん。
 同店は一見コンビニの様な外観でいて、実際入ると非常に充実した日本酒ラインナップに驚きます。
 せっかく愛知に来たので、「長珍」を買おうか最後まで迷ったのですが、基本一升瓶なので冷蔵庫の空きの点から断念…

 さて、この「凌駕」は限定ブランドで、通常銘柄は蔵名でもある「松乃井」です。
 松乃井というと個人的には、日本酒ブログ「きたろーの酒ノート」さんのイチオシ銘柄という印象が強いですね、「日本酒ブログマニア」でもある私としては、一度飲んでみたいと思っていました。
 ちなみに「凌駕」については蔵元ホームページではなく、地酒専門の代理店「株式会社花山」のホームページに詳しく載っていました、多分PBかな。

 そちらによると、使用米は「たかね錦」、精米歩合は55%で、日本酒度+4とのこと。
 多分加水火入れの上で寝かせたタイプでしょうね、お値段が安めなのも嬉しいところ。 

20190218132930638.jpg

 上立ち香は硬質な感じの落ち着いたアルコール的香りが控えめに。
 含むと、バランスの取れた引き締まった旨味が力強くも柔らかみもある口当たりで入ってきて、割と最後までその印象のまま、ゆっくりと胃に流れ込んできます。
 味わいは、甘さを抑えた洋梨的な風味のある旨味が主役、そしてほんのりとした辛さがそれに溶け込むように一体となって、優しさと引き締まりを兼ね備えている印象。
 後味は非常に自然ながら、見事なまでにスッキリとキレます。

 秋酒の良いところを集めたような、キレと柔らかさをしっかり両立させた、どんどん飲めてしまう系の適熟酒でした。
 後味の引き上げ方も非常に丁寧というか、刺激感に頼らない感じなところが非常に良いですね。
 まあ、私からすると甘味やインパクトの面で物足りない印象もあるますが…それは完全に言いがかりでしょう、とんがったところが無いまとまりこそが魅力かと。
 凌駕、生もあるようなので次はそちらも是非いただいてみたいと思いました。

20190218132954238.jpg  20190218132943937.jpg

名称:凌駕(りょうが) 特別純米 秋だより
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入価格(税抜):1,230円/720ml
購入した酒屋さん:リカーワールド21 シバタ(名古屋)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年03月08日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |