東魁盛 特別純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 東魁盛(とうかいさかり) 特別純米 無濾過生原酒

20170926125225002.jpg  20170926125233123.jpg
 
 千葉県富津市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらも初緑同様、「酒のサンワ」さん初訪問時の購入酒です。
 初酒屋で初銘柄という買い方は一見チャレンジング(無謀)のように思えるかもしれませんが、実際のところ、①ちゃんとした地酒屋で、②自分の好みのスペック(私の場合特純or純吟の生)で、③そこそこの値段のものをセレクトすれば、実際はそう外すことはないというのが自分の実感です。
 地酒の場合、実は少し銘柄を知っている人ほど知っている銘柄しか買わないという風になりがちに思えますが、個人的にはちょっと勿体無い気もするんですよね、やぱり知らない銘柄を開けるときのワクワク感は他に代えがたいものがありますし。
 (まあ勿論好みの方向性や、一日に飲める量にも個人差があるので、一概には言えないのですが…)

 閑話休題、実はこの「東魁盛」は私の地元千葉県のお酒ということで、脳内「いつか飲むリスト」には入れていました。
 店内には数スペックありましたが、セオリーにのっとって特純をセレクト。
 五百万石の55磨きですが、自社栽培ってところは結構大事なポイントですね。


 上立ち香はリンゴ・バニラ感のある濃縮されて落ち着いた印象の香りがそこそこに。
 含むと、酸味と甘味と苦味が拮抗するバランスの良い旨味が自然な口当たりで入ってきて、最後までバランスを保ったままでゆっくりと染み込んできます。
 味わいはリンゴ系の王道を行くような甘酸旨味が主役で、ほんのりと感じる苦味も含め、それぞれの要素がそれぞれ程よく主張する印象の、飲みごたえと飲みやすさを両立させたもの。
 後味は酸と苦味がしっかり引き取ってキレます。

 裏には結構賑やかな味わいの世界を感させつつ、それが煩く無い感の、独特のまとまりがある芳醇甘酸酒でした。
 酸の使い方と苦味の抑え方がちゃんとしてるからこそ、パランスが保てているんだと思います。
 ちなみにこのお酒を買った直後に、かのはせがわ酒店さんのメルマガに新規取り扱い銘柄として載っていました。
 いやあなんとなく勝った気持ちになりましたね(笑)、実際、首都圏の地酒最前線で十分に戦える銘柄かと思います。
 東魁盛、今後の動向に注目していきたいですね。

20170926125249633.jpg  20170926125241265.jpg

名称:東魁盛 特別純米 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:小泉酒造合資会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:酒のサンワ(上野)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年10月27日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |