FC2ブログ

村祐 黒 本生 (平成29年12月製造分)

家飲み記録 村祐 黒 本生 (平成29年12月製造分)

20180223104504349.jpg  20180223104512038.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 ブログでの登場は5回目。

 この「黒」については、2年前(27BY)にいただいて、あまりの旨さにマイ殿堂入りさせています
 が、昨年は買い逃してしまいました…、店員さん曰く昔より明らかに売り切れが速かったとのこと。
 うーむ、ブログで紹介したために若干自分の首を締めた気も…、そりゃこの味は知られれば売れますわ。

 スペックは相変わらず非公開ですが、このロットについては「日本酒のカルテ」さんに気になる情報が載っていました。
 そちらによると、今回は28BYのものを10ヶ月程度氷温熟成させてから出荷したものだとか…、凄く重要な情報だと思います。
 なお、12月購入4月開栓。 

20180223104456000.jpg

 上立ち香はうっとりするような甘い個性的な香りがそこそこに。
 含むと、滑らかな口当たりの甘酸味がスルリと入ってきて、最後までその甘味酸味の純度を保ったまま、しかしほんのりと渋味の奥深さを彷彿とさせつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、極めて純度の高い甘味が中心にありつつ、今年は結構酸味も強くて金柑の砂糖漬け的な果実感が出てますね、ただやっぱり雑味の無さは心地良い…、普段飲んでるお酒の一歩先を見せてくれます。
 後味は、濃厚な甘味を酸で引き上げる印象で、自然にキレます。

 非常に純度の高い甘味と酸味が、繊細ながらもダイナミックにバランスを保つ、高次元な芳醇甘酸酒でした。
 う~ん、極めて上品ではあるのですが、今回は和三盆から離れちゃったかな…、個人的には「低酸」が魅力と思っているのでちょっと残念ではあります。
 甘味と酸味でバランスを取るお酒は結構ありますからね…、個人的には「上品さ」には高いお金を出すつもりは無く、高級酒にもあくまで個性を求める性質なので(具体例:風の森TYPE2)、若干肩透かしな感触。
 村祐、来期この「黒」を買うかどうかは、熟考の上で決めようと思います。


 (以下ちょっと愚痴。スルー推奨。)
 う~む、情報非公開を徹底するなら味わいの再現性には気を付けて欲しいと思いますね…、通常の価格帯ならともかく、私としては毎年清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入しているわけで。
 そりゃ氷温だろうが熟成させたら良くも悪くも味は変わりますよ、納得ずくで買うならともかく、そんな違いを黙ってるってのはちょっと…
 基本的に村祐の徹底した姿勢は好きではあるのですが、今回はちょっといかがなものかと思った次第です。
 (まあ初めて飲んだ人は普通に美味しいと思うでしょうし、常盤ならそんなことは思わないので、冷静に考えると私が貧乏性なゆえに高級酒に対するハードルが無茶苦茶高いだけなんですけどね…)

紹介:「日本酒のカルテ」さんの同スペックの記事
http://blog.livedoor.jp/sakechart/archives/murayu-kuro-2018by.html

20180223104519518.jpg  20180223104528488.jpg

名称:村祐 黒 本生 (平成29年12月製造分)
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):4,000円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0(価格を考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年07月28日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

村祐 常盤ラベル 亀口取り 28BY

本日の家飲み 村祐 常盤ラベル 亀口取り 28BY

20170922144030887.jpg  20170922144047252.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 ブログでの紹介は4回目になります。

 なぜか村祐は常盤ラベルばっかり飲んでますね(4回中3回)ただ実は、一回目は通常品二回目は生熟品、そして今回は亀口取りと微妙に違っていたりします。
 この辺り実にマニアックな違いなんですよね…、村祐は基本スペック非公開を徹底していつつも、この辺りの情報はチラチラ出してくるのがニクいと思います。
 ちなみに亀口取りは村祐の限定品として結構有名かと…私も前から目を付けておりました、ググると「無加圧」ってところがポイントみたいですね。

 スペックは相変わらずの非公開、確か亀口取りは一升瓶限定なので、腹をくくって購入。
 5月出荷の7月開栓なので、ちょっと間が開いてしまいましたね。

20170922144110618.jpg  20170922144119306.jpg

 上立ち香は蜜たっぷりの青リンゴといった趣の、甘酸を感じる果実の香りがそこそこに。
 含むと、複雑な印象の甘旨味が、しかしなめらかな口当たりでトロリと入ってきて、最後までその存在感を保ちつつじわじわと染み込んできます。
 味わいは、和三盆というにはちょっと濃い感じの砂糖系の甘味に、割りと色々な方向の味が絡みついた感じの、完熟果実の砂糖漬けと言った趣の甘旨味が最初から最後まで主役を演じます。
 後味は、ほんのりと苦渋を舌先に残しつつも、濃厚さをきちんと引き取って自然に引き上げていきます。
 
 心地よく、若干複雑さもある甘旨味を、じっくりじんわりと楽しめる、確固たるスタンスを感じるお酒でした。
 28BYが故か気持ちいつもより苦渋が強かった気も…、ただこれはあくまでも常盤ラベル同士を比べての話。
 基本的には、やはり安定して甘旨い、甘口派鉄板商品といえるでしょう。
 村祐は引き続き追っていこうと思いました。

 開栓から時間が経ってくると、更に複雑味が増してきますね。
 レーズン様の渋味を纏った感じも出てきますが、これはこれで楽しい感じ。
 この甘さの割には崩れないお酒だと思いました。

20170922144138454.jpg  20170922144129420.jpg

名称:村裕 常盤ラベル 亀口取り 28BY
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):3,300円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年09月27日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

村祐 常盤ラベル 本生 27BY (H28.9出荷版)

本日の家飲み 村祐 常盤ラベル 本生 27BY (H28.9出荷版)

20161021150442608.jpg  20161021150452050.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 ブログでの紹介は3回目。

 前回に引き続き、こちらも9月出荷の生酒ということで、普通の「ひやおろし」とは一線を画した秋酒となっています。
 どうも個人的には「ひやおろし」にはあまり良いイメージが無いんですよね…、新酒のフレッシュ感のような魅力は無いし、長期熟成酒のような振り切った個性も無いので、どうにも中途半端といいますか。
 昔は冷蔵技術が発達していなかったため、「一回火入れの常温保存で、風味を損なわない(老ねない)程度に熟成した」お酒としてまさに「秋しか飲めない」お酒だったのでしょうが、今は一年中生酒が老ねずに飲める時代ですからね…
 そりゃあガチガチの2回火入れ酒に比べたら風味は好ましいでしょうが、「秋といえばこれ」みたいな存在としては、もはや(ブランディングを除いた酒質上では)実体的な価値を失っているんじゃないかしらと思うわけです。

 まあ理屈をこねましたが、実際は生酒偏愛派の自分が、秋の時期の酒屋&居酒屋での選択肢がひやおろしで占拠されている様子を見て、いわば私怨を抱いているためにこんなことを書いてしまった次第です。
 個人的には、冷蔵保存が一般化した昨今なら、ちょうど旨味が乗ってきた生熟酒こそ秋酒として評価されて欲しい!

 閑話休題、今回いただいたのは、ブログでは既に紹介済みの常盤ラベル、ただ前回が1月出荷の新酒だったのに比べ、今回はいわば生熟版です。
 村祐特有の、「清酒 要冷蔵 本生」というそっけない記載がこれだけ心強く思えるのは秋特有ですね、一面秋色ラベルに枯れた酒屋さんの冷蔵庫の中、青々と聳える常盤色の佇まいも素敵。
 

 上立ち香は甘酸っぱい超個性的な香りがそこそこに。
 含むと、トロトロに熟した甘旨味がググっと入ってきて、結構強めの酸味及び奥底に感じる苦渋味と拮抗しながら、じわじわと染みこんできます。
 味わいは、干した完熟果実といった高濃度かつ複雑味のある甘旨味が純然たる主役を演じ、強めながら落ち着いた酸味がしっかりと引き締めるまとまりのあるもの。
 後味は甘味が嘘のように苦渋味が見事に引き取ってキレます。

 確かな個性のある濃厚な甘旨味が程よい感じで熟した、いい意味で存在感の濃い秋酒でした。
 なんというか村祐の生熟酒として非常に納得感がありますね、やはり甘味に芯があって全然ダレ感が無いのが素晴らしい。
 村祐への信頼感をより深くしてくれた一本でした、次は未飲の紺瑠璃ラベルを狙いたいと思います。

20161021150512237.jpg  20161021150501929.jpg

名称:村祐 常盤ラベル 本生 27BY (H28.9出荷版)
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年11月29日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

村祐 黒 本生

本日の家飲み 村祐 黒 本生

20160426083619343.jpg  20160426083642814.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 自分としては内外問わず結構飲んでいる印象ですが、以外にもブログでの家飲み紹介は2回目。

 漆黒の曇り硝子瓶に、ピンクの箔押しラベルが一種異様な存在感を放つこのお酒、当ブログでは以前に今は亡き(?)酒徒庵さんでの外飲み時にプチ感想記事を書いています。
 あまりに印象に残りすぎて、去年酒屋さんに並んでいるのをしばらく見つめ、売り切れ後も忘れられず、ついに今期早々に一升瓶で購入してしまいました。
 まあ、そんなにほいほい買えるお値段のお酒ではありませんが、1年に1回ぐらいは許されると思いたい…

 裏ラベルには当然のように特定名称の記載はなく、「清酒 本生」と大きく書いてあります。
 ネットでかき集めた情報によると、どうやら高精白純米大吟醸の無濾過生原酒らしいですね、その割にはアルコール度数は低めの15度。
 また、日本酒度はかなりマイナスに振れているようで、このお酒、飲んでいるとお猪口が机にペタペタ張り付きました。
 昔の安酒で、糖添し過ぎてそうなるものがあるとは聞いたことあったのですが、私が飲んでいるような純米酒でこれは初めての経験です。

(店員さんが気を利かせて箱もつけてくれました、これがまた格好良い!)
20160426083720372.jpg  20160426083737965.jpg

 上立ち香は干しぶどうの砂糖漬けのような、極めて個性的な甘い感じの香りが強めに。
 含むと、その香りのイメージどおりの濃厚な甘旨味が、まさに雑味ゼロで入ってきて、その濃度と透明感をを保持したままトロリと染みこんできます。
 味わいは、やはり巨峰orレーズン的な果実を、砂糖漬けにしてかつ煮詰めたような超濃厚の甘旨味が主役、それでいて甘ったるさを微塵も感じさせないような上品な純度が最後まで続きます。
 後味は酸も辛も苦もほとんど感じさせずに、しかし完璧に自然に引き上げます。

 贅沢なスペックと蔵元の技術の粋を、全て「村祐」という銘柄の魅力を磨き上げることにぶち込んだような、超個性派高級酒でした。
 なんというか、洗練された甘旨味であれば、とことん濃厚にしてもクドくならないということを見事に証明してくれた感じです。
 ただ、流石に飲み手は選ぶでしょうね、一般的な高精白酒とは対照的に、激しく好き嫌いが別れそうなお酒ではないかと。
 そして私は大好きです…、お値段的に他のお酒と比べにくいのですが、「究極の甘口酒」という位置づけで「マイ殿堂入り」にしたいと思います。
 村祐、今後もその姿勢を貫いて欲しいと、一飲み手として切に願います。

 なお、勿体無くて2週間以上かけて飲みましたが、バランスは全然崩れませんでした。
 若干インパクトが薄れて、まろやかになった気もしますね、どっちも良いです。

20160426083654129.jpg

名称:村祐 黒 本生
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):8,000円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.9/9.0(価格を考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年05月20日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

(プチ感想)黒村祐 本生

名称:黒村祐 本生
飲んだ場所:酒徒庵

soto0209 (3)  soto0209 (4)

 ブログ掲載状況の通り、私は基本四合瓶2,000円を超えるお酒は家飲みの対象から外しています。
 そういうお酒を飲みたい場合、良心的な居酒屋さんでちびっとだけいただくことで欲求を処理している次第。
 そのうえ貧乏舌なので必ずしも高いお酒を美味しく感じるわけではないのですが、やはり物凄いお酒に出会うこともあります。
 
 その一つがこの黒村祐。
 常盤ラベルで感じられた上品な甘旨味を、さらに高純度に精製して濃厚にしたかのような滑らかな味わいには、しばし言葉を失ってしまいました。
 高精白にすることで単に雑味を無くすだけでなく、透明度を保ったまま旨味を濃度を上げてきたこのお酒、確かにお値段以上の価値があると思います。

 店長さんも自信満々に「旨いでしょ」と一言。
 いや本当に旨かったです…、いつか特別な日に家飲みしたいところ。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年03月04日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

村祐 常盤ラベル 生酒

本日の家飲み 村祐 常盤ラベル 生酒

fc2_2014-02-19_19-08-00-740.jpg  fc2_2014-02-19_19-08-29-236.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 家でも外でも何度かいただいていますが、ブログでは初めてですね。

 村祐は、法律的な記載事項を除き、細かいスペックを一切非公開としていることで、その筋では有名な銘柄です。
 今回のラベルをみても、「本生清酒」の記載と「原材料」「アルコール度」、後は「製造年月日」ぐらいしかわかりません。
 極めて不親切ではありますが、知ってる人はそこらへん百も承知で買うでしょうし、取り扱っている酒屋・居酒屋さんなら味わいをしっかり把握してお客に勧めると思うので、実際はあまり不都合はないのかも…。
 私のようなオタクにとってはちょっと寂しいですけどね。

 なお、村祐の各スペックの見分け方はラベルの色になりまして、今回はグリーンの「常盤」色です。
 ちなみに私の初村祐は一昨年に買った低価格帯の「茜」で、そのときは酸味が強すぎて苦手という印象がありました。
 しかし、ちょっと前に酒徒庵さんで店長お勧めの一杯として「黒」をいただき、その旨さに衝撃を受けたのです(その分高いですけど)。
 流石に黒は家飲みでは贅沢なので、大体いつも飲んでいる価格帯である常盤をセレクトした次第です。

 上立ち香はフレッシュ感のある吟醸香がそこそこに。
 含むと、とても上品な印象の甘旨味がスーッと入ってきて、尻上がりに濃厚さを増しながら広がっていきます。
 旨味は、フルーティーかつクセの無い甘味が主役を演じる、白ワインを思わせるような味わい。
 長く含んでいるとしっかりとした甘味の裏で、若干の酸渋がきちんとスッキリ感を出しているのがわかるあたり、非常に完成度の高さを感じます。
 後味はバランスの良さを感じる自然なキレ。

 非常に綺麗な旨味を雑味ゼロで楽しめる、お値段以上の高級感のあるお酒でした。
 この時期はある種の荒々しさを感じる新酒が多い中、このお酒で一息つけるような安心感を感じます。
 アルコール度は低めなので加水はしてるのかなあ、でも物足りない感じはないですね。
 村祐の実力を感じる逸品でした、次は是非亀口取りなどの限定品も飲んでみたいです。

fc2_2014-02-19_19-08-51-550.jpg

名称:村祐 常盤ラベル 生酒
製法情報:生酒
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:15%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:村祐酒造株式会社(新潟県新潟市)
製造年月:2014/1(25BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年03月03日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |