李白 「如月」 純米吟醸 生

本日の家飲み 李白 「如月」 純米吟醸 生

20170830104321449.jpg  20170830104330352.jpg

 島根県松江市のお酒です。
 外飲みは経験あったかと思いますが、家飲みは初めてで、ブログでも初登場。

 こちらも、前回の浦霞同様、シマヤ酒店さんでの購入酒です。
 同店ではまず広さに圧倒されたわけですが、品揃えもやはり素晴らしかったですね。
 特に菊姫が10年以上前から各種ビンテージが揃っていたのが圧巻でした、また個人的には寿喜心が多数並んでいたのが嬉しいところでした、いやあわかる人はわかるんですよええ。
 「お酒ミライ Tシャツ屋の日本酒ブログ」さんも「夏休みはここに行くべき!僕が勧める日本酒専門酒屋4選!」で取り上げている通り、日本酒好きなら一度は訪問して損はないお店かと思います。

 今回は島根の雄、李白の生酒をセレクトしました、地場の実力蔵の生酒ということで、前回の続きという感じですね。
 スペックは山田錦55磨きの生酒、ただ製造が12月で開栓7月なので、ちょっと生熟コンディションです。
 (後、何気に艦これ銘柄ですね、劇場版ヒロインの。)

20170830104340929.jpg

 上立ち香はバニラとセメダインが混じったようなキリリとした香りがそこそこに。
 含むと、舌に独特な引っ掛かりを残す渋味(?)を纏った引き締まった旨味が力強く入ってきて、尻上がりに強まるキリリとした辛さで強烈に引き締まりながら勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やっぱり若干バニラ的な風味のある、甘味控えめながらキツさが抑えられた、飲みがいとスルスル進む飲みやすさを両立させた印象のもの。
 後味は渋辛でスッキリとキレます。

 生の辛口酒の王道を行くような、キリリと引き締まりつつ、旨味もしっかり味あわせてくれるお酒でした。
 やっぱり山陰らしい筋肉質な引き締まりがありますね、まあむしろ李白はその代表格というべきなのでしょう。
 私にはちょっと物足りない印象もありますが、この方向性だからこそ好きな人は多いと思います。
 李白、次はまた別のスペックも試してみたいと思いました。

20170830104400715.jpg  20170830104351025.jpg

20170830104420785.jpg

名称:李白 「如月」 純米吟醸 生
精米歩合:55%
使用米:山田錦
アルコール度:15~16%
日本酒度:+3
蔵元情報:李白酒造有限会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:シマヤ酒店(千葉)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 李白 純米吟醸

2017年09月10日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |