望(bo:) 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石

本日の家飲み 望(bo:) 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石

20160612034947350.jpg  20160612034958732.jpg

 栃木県芳賀郡益子町のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みに関しては後述します。

 こちらはノーマークの銘柄だったのですが、うのかわ酒店さんが新規取扱ということで、かなり推しているようだったので素直に購入しました。
 醸すのは「外池酒造店」、地元銘柄の「燦爛」は私が以前那須塩原市に旅行したとき、たまたま現地でいただいたお酒でした。
 それはアル添生貯蔵の低価格帯商品だったのですが、悪い印象無かったんですよね。
 東京ではほとんど見ないけど、地元にはしっかり浸透している酒蔵は実力派という印象があり、そういう蔵の新ブランドというのは実際とても興味があります。

 スペックは五百万石を55まで磨いた、オーソドックスな純米吟醸無濾過生原酒。
 裏ラベルに詳細な解説がある他、蔵元ホームページには「望」専用のコーナーがあり、最新情報が積極的に更新されていることからも、気合を入れて売り出そうという意思が伝わってきます。

20160612035019085.jpg

 上立ち香は濃い目ながらスッキリとした果実香がそこそこに。
 含むと、落ち着いた印象のどっしりとした旨味が、これまた強めの苦味でギリギリと締め付けられながら、力強く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、うーむ酸味はあまり無く、砂糖菓子的な甘味が一方の主役、もう一方の主役はキツくない感じの苦味で、その二つがせめぎ合ってバランスを取っている感じですね。
 後味はその苦味を少々口中に残しつつ、力強くキレます。

 伝統的(昭和的味わいを脱却しつつ、単純に今風の味わいでもない、個性派芳醇旨酒でした。
 うーむ、割と玄人好みな複雑さと奥深さがありますね。
 こういうお酒は、「まずは一回飲んでみてください!」としか言いようが無いのが辛いところです。
 ともあれ魅力的なお酒であることは間違いないですね、望、今後の動きに注目していきたいと思います。

20160612035031597.jpg

 開栓後は心なしかより奥深い味わいになる気がします。
 とりあえず、落ちる感じではないので、安心してゆっくりと飲めるお酒でしょう。

名称:望(bo:) 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社外池酒造店
購入価格(税抜):1,556円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 純米吟醸

2016年07月28日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |