FC2ブログ

伝匠月桂冠 純米吟醸 しぼりたて生原酒

家飲み記録 伝匠月桂冠 純米吟醸 しぼりたて生原酒

20180827121304844.jpg  20180827121313384.jpg
 
 京都府京都市伏見区のお酒です。
 カップ酒ぐらいはやったことあるかもしれませんが、しっかりと家飲みするのは初めてですね。

 京都みやげ酒の2本目です、伏見の商店街の酒屋さんで購入しました(その時伏見巡りもしていたり)。
 商品コンセプトは蔵元ホームページをご参照ください(手抜き)、若干お高めながらも、高級酒と紙パック系廉価品の中間である、地酒激戦区で勝負に出ている商品かと思います。
 お店の人は「生原酒はここでしか買えない」的な話をされてましたが、つい最近オフィシャル通販のラインナップに加わったみたいです。
 このあたりは「京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ」さんも書かれてますので、興味があれば是非ご参照を)

 スペックは山田錦の60の生原酒。
 これまた直球勝負って印象ですね、全国レベルの大手の実力を見せていただきましょう。

20180827121327472.jpg  20180827121335293.jpg

 上立ち香は、濃厚フレッシュといった柑橘系果実の香りがそこそこに。
 含むと、しっかりとしたバランスの良いあまうまみが力強く入ってきて、しょうしょうのアルコールの刺激感でバッチリ引き締まりつつ、ぐぐっと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、柑橘系果実の甘酸にちょっとバナナ風味を加えた感じの、実に飲みごたえのある甘旨味が主役、それをアルコール系の辛さが占めるのですが、見事なまでに苦味が皆無で全体のバランスが良い印象。
 後味は、辛さが割とガッツリ、でもキツくない感じでキレてくれます。

 まさに大手の貫禄を感じる、丁寧にマイナス要素を廃しつつもしっかりインパクトのある、芳醇甘旨酸辛でした。
 実は実家でのどぐろを焼いてもらって、一緒にいただいたのですが、魚の油をしっかり引き取りつつも喧嘩しない印象でした、食中酒としてもイケるタイプなんじゃないかと。
 後はもうちょっと安ければ有り難いのですが…、まあこれはお値段以上というべきなのでしょう。
 ともかく、月桂冠の実力を感じさせる一本でしたね、恐るべし大手の技術力。

 開栓後は甘味が開いてくるとともに辛さもしっかり増してダレませんね。
 さすが、これなら居酒屋一升瓶でも全然イケるでしょう、完成度は非常に高いと思います。

紹介:「京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ」さんの同スペックの記事
https://kyoto-sakeblog.com/3111



20180827121343830.jpg

名称:伝匠月桂冠 純米吟醸 しぼりたて生原酒
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:月桂冠株式会社
購入価格(税抜):2,130円/720ml(公式通販価格)
購入した酒屋さん:京極屋酒店(伏見)
お気に入り度:8.5/9.0

■おまけギャラリー

20180914124746923.jpg

20180914124804071.jpg

20180914124816504.jpg


20180815110412314.jpg

20180815110434664.jpg  20180815110446713.jpg

 大倉記念館は入場料400円ですが、この純米吟醸が貰えたので十分満足。

■おまけギャラリーその2

20180919125159049.jpg  20180919125212214.jpg

20180919125220818.jpg  20180919125232748.jpg

 実は黄桜にも行って、限定純米大吟醸を飲みました。
 これも旨かったなあ、どうせならこっちも買って飲み比べすれば良かった…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年09月19日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |