山形正宗 「まろら」 生酒

本日の家飲み 山形正宗 「まろら」 生酒

20160523083752445.jpg

20160523083833038.jpg  20160523083814020.jpg

 山形県天童市のお酒です、ブログでの紹介は3回目。
 前回いただいた雄町純吟袋吊り生は納得の美酒でした。
 
 今回いただくお酒は、ラベルのイメージ通り新しい試みがなされたものです、キーワードは「マロラクティック発酵」。
 これについては、NHK「クローズアップ現代」(2015年11月9日放映)で、結構つっこんだ紹介がなされていましたね。
 私としては、ギャザリーのまとめで軽く触れているので、「まろ何ちゃら発酵とは何ぞや?」という方も含め、是非ご一読願います。

 といいつつ、裏ラベルにも結構詳しい解説が載っていたります。
 スペック絡みではあまり記載がありませんが、度数14度というのは私の家飲みではかなり低い部類に入りますね。
 出羽燦々の60磨きですが、特定名称の記載は無いようです。


 上立ち香は未体験の、乳酸系の香りが仄かに。
 含むと、トロみを感じるほどに濃厚な甘旨味が、しかしなめらかな舌触りで入ってきて、徐々に出てくる柔らかな乳酸味で輪郭を整えつつじわじわと染みこんできます。
 味わいは、やはり乳酸感が強い独特の旨味が主役で、とにかくアルコールの刺激が皆無なところが特徴ですね、いくらでも飲めそうな危険も感じますが…
 後味は、その酸味で自然にキレていきます。

 「まろら」という言葉のイメージ通りの、最初から最後まで優しく旨味を味あわせてくれる、個性派旨甘酸酒でした。
 うーむ、裏ラベルにある「優しく柔らかな味わい」「よりまろやかな味わい」というフレーズが、見事なまでにフィットした感じのお酒でしたね、山廃に近いのですがより優しい感じ。
 新しく独自な試みをこのレベルまで高められることに、蔵の実力と研究に対する真摯な姿勢を感じることができました。
 山形正宗、今後もちょくちょくいただいていきたいなと思いました。

 開栓後しばらくすると、若干苦味がでてきたような…早めに飲みきったほうが良いかも。
 そして、燗を試す前に飲みきってしまいました…、せっかくの「温旨酸」なのに…

20160523083903886.jpg  20160523083844617.jpg

名称:山形正宗 「まろら」 生酒
精米歩合:60%
使用米:出羽燦々
アルコール度:14%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社水戸部酒造
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年06月03日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

外ヶ濱 micro bubble 生

本日の家飲み 外ヶ濱 micro bubble(そとがはま マイクロバブル) 生

20150827121016459.jpg  20150827121028710.jpg

 青森県青森市のお酒です。
 「外ヶ濱」自体はブログ初登場ですね。

 「外ヶ濱」が「田酒」を醸す西田酒造店の別ブランドということは、マニアには常識、一般人は「知らんがな」というレベルの知識かと思います。
 今回いただいたのはその外ヶ濱のなかでも新顔で、白麹をつかった発泡系のお酒です。(ラベルにある「aspergillus kawachii」とは、いわゆる「白麹菌」の学名みたいですね)
 白麹利用の日本酒というと、やはり新政の「亜麻猫」が想起されますが、実は今年西田酒造店も田酒ブランドで「純米吟醸 白生」という商品を世に出しています、今回いただくお酒はその延長線上のものといえるでしょう。

 ちなみに、本来は通常の発泡日本酒の予定だったのですが、うまく発泡させられず、やむなく「炭酸ガス注入」という方法をとったという話を、酒屋さんから聞きました(真偽は未確認)。
 その関係で特定名称も名乗れなくなってしまったとの話ですが、ここは現状に安住しない蔵元さんの姿勢に、私はむしろ感服しましたね。


 注ぐと気泡はあまり目立たず、微発泡っぽい趣。

 上立ち香はほとんど感じないですね…
 含むと、結構な量のガスが内包されている印象の旨味がシュワシュワと入ってきて、そのガス感を伴ったまま喉奥に流れ込んできます。
 旨味は、うーんガスで紛れている感もありますがかなり濃厚で、レーズンを想起させる酸渋甘がせめぎ合う感じの個性的なもの。
 後味は酸味とガスでシュワっとキレます。

 個性的な甘酸味をガス感でくるんだまま、スムーズに喉奥に届けてくれる、スッキリ芳醇酒でした。
 この、ガスを内に秘めている感じがマイクロバブルなのかな…、確かに通常の発泡日本酒と微妙に違いを感じました。
 西田酒造店の、積極的な開拓精神を今後も応援したいと思います。

 ちなみに注いでから時間が経ったり、開栓後日にちが過ぎて炭酸が抜けても十分美味しいです。
 これは発泡系日本酒独自の特長じゃないかな…、コーラとかシャンパンとかと明らかに違う部分だと思います。

20150827121042690.jpg

名称:外ヶ濱 micro bubble 生
精米歩合:55%
酒米:華吹雪
アルコール度:14度
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社西田酒造店
購入価格(税込):1,500円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年09月15日 青森の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |