日置桜 純米 しぼりたて生原酒 「山眠る」 28BY

本日の家飲み 日置桜 純米 しぼりたて生原酒 「山眠る」 28BY

20170331163355096.jpg  20170331163407132.jpg

 鳥取県鳥取市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みはあったようななかったような…

 この日置桜については、「山陰の辛口酒」というカテゴリーで、確固たるファンが付いている銘柄という印象があります。
 当ブログで既に登場した「扶桑鶴」「梅津の生もと」と同グループって感じですね。
 この辺りは火入れの上で常温で数年熟成させてナンボというイメージもありますが、熟成系初心者の私として、まずは自分の得意分野(?)である生原酒をセレクトしました。

 スペックは、麹米は強力!日本酒度+8!酸度1.8!7号酵母!とマニア目線からみると実にそれっぽいもの。
  掛米の銀坊主というのは初耳でした、少しググった限りでは酒造好適米ではなく使用銘柄も日置桜以外出てこないので、特別なこだわりがあると思われます。
 ちなみに昨年2月出荷のものを10月に開栓しています、前回の而今と異なり、これは「このくらい余裕っしょ」という一種の確信の上での放置ですね(もちろん冷蔵保存)。

20170331163416879.jpg

 上立ち香はセメダイン系のスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、キリリとしながらもしっかりと存在感のある旨味が力強く入ってきて、強めの酸味で唾液腺を刺激しつつも、最後まで旨味の芯を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、少し青い草っぽい風味がある、酸味でガッチリ引き締まった旨味が主役、はっきりとした甘味は僅少ながら飲み応えはしっかりあり、飲み進めるごとに魅力が増す印象。
 後味は酸がメインで仕事をして、もう文句のつけようのないぐらいに、スパっとキレます。

 高日本酒度らしい、いわゆる辛口の味わいではありつつ、淡麗とは一線を画す、山陰辛口銘柄の生原酒として納得感の高いお酒でした。
 これからの熟成パフォーマンスを予感させながら、浮いた感じの若さや粗さを感じさせないところは見事。
 銘柄としてのメインストリームではないと思うのですが、商品としての完成度はとても高いですね。
 日置桜の実力を感じさせてくれた一本でした、次はまた別スペックもいただいてみたいと思います。

 当然のように燗をつけると、おお、旨味がまるで塊になったかのような濃度と硬度(?)になりますね。
 その分酸味は柔らかく感じるようになって、流石の燗上がり。
 

20170331163426636.jpg  20170331163434595.jpg

20170331163442592.jpg

名称:日置桜 純米 しぼりたて生原酒 「山眠る」 28BY
精米歩合:65%
使用米: 麹:強力 掛:銀坊主
アルコール度:16度
日本酒度:+8
蔵元情報:有限会社 山根酒造場
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 日置桜 純米

2018年01月30日 鳥取の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |