慶樹 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 27BY

本日の家飲み 慶樹(よしき) 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 27BY

20160412232042615.jpg  20160412232128015.jpg

 岐阜県揖斐郡大野町のお酒です。
 当ブログでは何度も取り上げている、殿堂入り銘柄の一つ。

 「日本一小さな蔵のお酒」として、すっかり入手困難酒状態の射美ですが、今回は縁あって同蔵の特別品である慶樹の一升瓶を入手できました。
 個人的に思うのは、これほどまでの甘口酒って結構人を選ぶはずなのに、なぜこれほどまでに品薄なのかということです。
 ある意味煽る側の私が言うのもなんですが、もしその希少性に興味があって飲んでみて、自分の口に合わないと感じたら、次からはあえて飲まなくても良いんじゃないかなあ。
 その分は私のようなガチ甘口派が群がって、絶対飲み切ると思いますし。
 結構入手困難銘柄は反射的にキープしてしまう酒飲みって多い気がしますが、あまり実りのない買い方のように、個人的には感じます。

 さてスペックはいつもの通り、揖斐の誉「AMS」を用いた無濾過生原酒。
 裏ラベルは相変わらず酒造りと全く関係ないですね、前回頂いたものは奥さんに関する惚気話でしたが、今回は親バカ話です(笑)

20160412232203884.jpg

 上立ち香はほんのりお米の甘さを感じる香りが控えめに。
 含むと、粘度の高い甘旨味がゆるりと入ってきて、裏方にほんの少々の苦味を感じさせつつ、あくまで甘味をメインとしながらじわじわと染みこんできます。
 味わいは、やはり砂糖菓子を溶かしたような芳醇な旨味が主役、ポイントは酸味が皆無で、ひたすら純度の高い甘旨味が最後まで続くことでしょうね。
 後味は、あくまで控えめな苦味を感じさせながら、ゆっくりと引き上げます。

 最後まで優しい甘味がゆっくりと染み込んでくる、オンリーワンの甘口酒でした。
 最近黒村祐を飲んだ関係か、そこまで強烈な甘さじゃない気もしてしまうのですが、まあやっぱり普通の感覚からいったらもろ甘いでしょう。
 でも、私にとってはとても心地よい甘さですね…、甘口好きには一度是非試してみてほしい銘柄というのは確かです。
 食中酒というよりは単品でいくらでも飲めてしまいそうなお酒というのもポイントかな、実は気づいたら開栓直後四合やってしまってました…
 慶樹(射美)はこの味わいの路線を、キープして欲しいなあと思いました。

20160412232218125.jpg

名称:慶樹 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 27BY
精米歩合:60%
使用米:揖斐の誉「AMS18」
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年04月24日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

外飲みギャラリーin「じきしん&和ごころ」

 今までちょくちょく外飲み記録をブログで書いていたのですが、最近はちょっとネタ切れ感というかマンネリ化が激しかったこともありサボっていました。
 特に、行きつけのお店だと流石に毎回は書くことが無くて…。

 しかし、外飲み自体をしてなかったわけでなく、しっかりラベル撮影もほぼ毎回していたので、実は写真を相当数ストックしています。
 まあお蔵入りさせるもの何なので、写真だけ放出してしまおうと思います。

 今回は四ツ谷駅しんみち通りの「じきしん」さんと、姉妹店「和ごころ」さんです。

 まずはじきしんさん一日目。

2013jiki (1)  2013jiki (2)

 2013jiki (3)  2013jiki (6)

2013jiki (7) 2013jiki (8)

2013jiki (9) 2013jiki (10)

2013jiki (12)  2013jiki (14)

2013jiki (13)  2013jiki (15)

2013jiki (17)

 次に和ごころさん。

2013jiki (18)  2013jiki (19)

2013jiki (26)  2013jiki (27)

2013jiki (22) 2013jiki (23)

2013jiki (24)  2013jiki (25)

2013jiki (28)

2013jiki (20) 2013jiki (21)



さらにじきしんさん二日目。

2013jiki (30)

2013jiki (31)

2013jiki (29)

2013jiki (32)

2013jiki (34)

2013jiki (35)

2013jiki (36)

2013jiki (38)

 たまにピントずれがあったり、そもそも撮り忘れがあるのはご愛嬌ということで…。
 もうあまり解説はしません、我ながら良いお酒を楽しんだと思います。
 きっとまた近いうちに行っちゃうんだろうなあ…。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年02月23日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

慶樹 「特純」 中取り無濾過生原酒

本日の家飲み 慶樹(よしき) 特純 中取り無濾過生原酒

fc2_2013-05-07_18-09-46-626.jpg  fc2_2013-05-07_18-10-09-272.jpg

 「射美」を醸す蔵元さんの、杜氏さんの名前を関する鈴傳限定ブランドです。
 詳しくは例によって鈴傳さんホームページ参照のこと、いつみても熱いページだ…。
 
 慶樹は割と最近いただいたのですが、感動ものの旨さだったので今回も選びました。
 微妙なスペック違いもあったのですが、ここは「中取り」をセレクト。
 いつもは揖斐の誉使用と明記しているのですが、今回は「岐阜県産米」になってますね…、実際はどうなんだろう。

fc2_2013-05-07_18-11-21-397.jpg

 今回もおりがらみと見まごうばかりに濁っています。
 ただ、口当たりはあまり粉っぽさは無く、ちょっととろっとしている感じです。

fc2_2013-05-07_18-12-07-662.jpg

 上立ち香はやはり甘い香りがほどほどに。
 含むと、慶樹特有の砂糖菓子のような濃厚な甘旨味が、今回はとても自然にじんわりと広がっていきます。
 特筆すべきは、いつも感じていたクセが皆無で、濃厚ながら透明感のある旨味になっているところですね。
 苦渋味も皆無で、兎に角純粋な甘旨味をじっくりと味わえます。
 その上甘ダレた感じは全くなく、高精白のお酒を思わせる上品な印象を受けます。
 後味も、甘旨味の余韻を残しつつ自然にキレていきます。

 とろみすら感じる個性的で濃厚な甘旨味がありつつ、クセや雑味を極限まで削った、極めて完成度の高いお酒でした。
 これは旨い…、旨すぎてなんか泣けて来ました。
 「中取りだから」といえばそうなのでしょうが、ここまではっきりと違いのある味わいに仕上げてくるのは本当に凄いと思います。

 開栓後は少し落ち着いた感じの味わいになりますが、キレはそのまま。
 これは好みかな…、個人的には甲乙つけがたいです。

 厳選槽場汲み火入れも大好きでしたが、この中取りは更にその上を行く味わいと感じました。
 今までは割と好みの分かれる味わいと思っていましたが、これなら「甘口日本酒」に抵抗のない人全てに勧められます。
 コスパも文句無しでこれは「マイ殿堂入り」ですね、慶樹・射美は一生追い続ける勢いで行こうと思います。

fc2_2013-05-07_18-11-43-441.jpg

名称:慶樹 「特純」 中取り無濾過生原酒
製法情報:無濾過原酒 中取り
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:15%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社(岐阜県揖斐郡大野町)
製造年月:2013/4(24BY)
購入価格(税込):1,312円/720ml
お気に入り度:9.0/9.0 (マイ殿堂入り)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年05月11日 岐阜の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

外飲み雑記in四ツ谷三丁目5 「酒徒庵」

 先日、またもや四谷三丁目の日本酒専門店「酒徒庵」にお邪魔してきました。
 今回は友人と二人でカウンター席に陣取ったため、冷蔵庫が近いのがうれしかったです。

 その関係で、今回はほとんど自分で銘柄を指定してしまいました…。
 いやあ新規開拓も重要ですが、ラベル見たらお気に入り銘柄は飲みたくなっちゃうよなあ。
 内容は以下の通りです。

自分が中心に飲んだお酒
・雁木 活性にごり発泡純米生原酒 「flight of wharf」
・空蔵 純米吟醸 生酒 山田錦
・スペシャルロ万 Version秋 熟成生原酒
・屋守 純米 袋吊るしうすにごり
・屋守 純米 別注斗瓶取り
・福のしずく 純米吟醸無濾過生原酒 23BY
・五十嵐 純米吟醸 直汲み
・慶樹 特別純米 厳選槽場汲生貯蔵 23BY
・十四代 中取り純米吟醸 生詰 播州山田錦
(この他、ネット掲載禁止の大吟醸を一ついただきました)

友人から一口ずつぐらいもらったお酒
・宝剣 純米酒 限定超辛口
・風の森 純米大吟醸 秋津穂 無濾過生原酒笊籬採り
・山本 純米吟醸 生原酒
・鍋島 きもと純米 神力
・天宝一 山田錦純米吟醸 袋吊り本生
・楯の川 純米大吟醸 本流辛口

 私は完全に芳醇甘口系中心、「福のしずく」と掲載禁止大吟醸がお店オススメで後は自分セレクト。
 友人の方は「スッキリ系」で基本おまかせでの注文でした。

 今回は正直どれも甲乙つけがたい味わいだったなあ…。
 ロ万、福のしずく、慶樹はどれも搾られてから1年以上経ったものですが、熟成香は皆無で非常に私好みの芳醇酒でした。

 fc2_2013-04-02_12-47-14-284.jpg  fc2_2013-04-02_12-51-35-708.jpg

fc2_2013-04-02_12-48-28-151.jpg  fc2_2013-04-02_12-52-09-548.jpg

fc2_2013-04-02_12-49-19-895.jpg  fc2_2013-04-02_12-49-49-064.jpg

 五十嵐と「flight of wharf」は前回頂いて美味しかったので今回も頼みました。
 やっぱりうまかったのですが、両方とも家飲みが難しいのが辛いところです。

fc2_2013-04-02_12-48-53-352.jpg  fc2_2013-04-02_12-46-27-228.jpg

 また、オススメでいただいたブログ掲載禁止のお酒も素晴らしかったなあ。
 いわゆる「あら」と「せめ」をブレンドしたアル添大吟醸だったのですが、濃厚な甘味がありながら舌触りがなめらかでアル添の良いところだけ感じるような美酒でした。
 
 で、最後に飲んだ十四代がやっぱりうまかった…。
 濃厚酒づくしの後だったので、より綺麗な味わいに感じられました。

fc2_2013-04-02_12-50-55-983.jpg

 もちろん他にいただいたお酒も全て美酒でしたし、料理も美味しくガンガン食べてしまいました。
 閉店が早めなのはある意味非常にありがたいのかもしれません(歯止め的な意味で)。

fc2_2013-04-02_12-46-52-091.jpg  fc2_2013-04-02_12-47-36-859.jpg

fc2_2013-04-02_12-48-01-486.jpg  fc2_2013-04-02_12-50-22-135.jpg

 まあつらつらと書きましたが、今回も大満足のひとときでした。
 実はこの日の3日後にまた別メンバーと行ってしまったので(笑)、また別に書く予定です。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年04月04日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

慶樹 「特純」 厳選槽場汲み 無濾過原酒 揖斐の誉

本日の家飲み 慶樹 特別純米 厳選槽場汲み 無濾過原酒 揖斐の誉

fc2_2013-02-25_00-35-22-450.jpg  fc2_2013-02-25_00-35-42-833.jpg

 近時、マニアの間では既にブレイク中と思われる「射美」を醸す杉原酒造さんの、鈴傳さんプライベートブランドバージョンです。
 鈴傳さんのホームページにはこのブランドに対する熱い思いが綴られており、本気で大事にしていこうという気概が伝わってきます。

 私が23BYに特純の生バージョンをいただいたときは、とても濃厚な甘旨味とともにクセともとれるような苦みも感じた、個性派芳醇酒といった印象でした。
 今季はあえて(一回)火入れとのことです、さていかがでしょうか。

 注ぐと、いわゆるうすにごりのお酒と同じくらい、はっきりと白濁しています。

fc2_2013-02-25_00-36-46-649.jpg  fc2_2013-02-25_00-36-22-553.jpg

 上立ち香はかなり抑えめで、ちょっと甘い香りが。
 含むと、とても火入れしているとは思えないほど濃厚な甘旨味が、ガツン!ジワーっと口内を支配します。
この甘味はなんだろうな…、単純にフルーティーとも言い難い、砂糖の和菓子をとろけさせたような濃厚な甘味です。
 ただ甘だれた感じはなく、裏にはこれまた個性的なエグ味というか苦味というか、そういう味わいが前向きに役割を果たし、複雑な旨味を形作っています。
 後味はその濃厚さが嘘のようにしっかりとキレ、ほんの少々の苦味が残る感じ。

 まさにオンリーワンの濃厚甘旨酒でした。
 とにかく個性が強いお酒なので好き嫌いは分かれそうな気もします。
 とはいえ、去年頂いた生に比べると、後ろ向きに感じるクセが薄くなり、より完成度が高くなったように感じました。

 また、いつにも増して私の貧弱なボキャブラリではこの個性を表現することは困難です、正直ギブアップ。
 ただひとつ言えることは、私はこの味、大好きです。

(追記)二日目以降は、全体的に味わいが落ち着いてくる感じです。
 私は初日のインパクトが好きですが、これは口開け後の方も全然イケますね、むしろこっちの方が好きな人も多 そうに感じました。

 ちなみに、このお酒の裏ラベルには、いつも作り手さんの近況がエッセイ風に書かれているのですが、あまりに酒づくりと関係なくて逆に面白い(笑)。
 (下の写真は、左が23BY、右が今回いただいた24BY)

fc2_2013-03-01_19-19-02-448.jpg  fc2_2013-02-25_00-36-03-511.jpg

名称:慶樹 特別純米 厳選槽場汲み 無濾過原酒 揖斐の誉
製法情報:無濾過原酒
精米歩合:60%
酒米:揖斐の誉(AMS18)
アルコール度:15%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社(岐阜県揖斐郡大野町)
製造年月:2013/2(24BY)
購入価格(税込):1,312円/720ml
お気に入り度:8.8/9.0
47

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年03月01日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |