FC2ブログ

恵那山 純米吟醸 ひだほまれ

家飲み記録 恵那山(えなさん) 純米吟醸 ひだほまれ

 20190212105211869.jpg  20190212105221284.jpg

 岐阜県中津川市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、高島屋日本酒まつり購入酒の7本目、トリのお酒になります。

 このお酒の製造責任者である岩ケ谷雄之氏は、かの東洋美人の蔵で酒造りを学んだみたいですね(SAKETIMESに記事がありました)。
 いやあ東洋美人(というか澄川社長)は本当に面倒見がいいですねえ…、この恵那山や、横山五十とか阿武の鶴とか、澄川社長が居なければ今の姿は無かったであろう銘柄って相当数あると思います。
 さて、蔵元ホームページは充実してますね(買える店一覧があるのは素晴らしい)、全量純米蔵で、輸出に力を入れているようです。
 
 スペックはひだほまれの精米歩合50%と、かなり削ってます。
 蔵元さんの話によると二回火入れらしいです、確かに要冷蔵表記無いですね。
 私は基本二回火入れ酒は買わないのですが、このお酒はしっかり試飲して印象が良かったので買いました。
 山田錦もありましたが、ひだほまれの方がやはり個性的に思えたのでセレクトした次第です。


 上立ち香はまさに完熟果実的な濃厚な甘さを感じる香りがそこそこに。
 含むと、やはり落ち着いた印象のまろやかな甘旨味が入ってきたかと思うと、酸味が尻上がりに強まってきて最終的にはかなり引き締まった印象を与えつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、最初の甘味は砂糖まぶしの和菓子的な柔らかいものなのですが、その後の酸味の働きは柑橘系果実を思わせる唾液腺を刺激するもの、雑味は皆無でその2つの要素が見事に調和しているのが素晴らしいですね。
 後味は、若干甘味の余韻を口中に残しつつ、ゆっくりと引き上げます。

 甘味と酸味が時間差で主役を交代する、非常に面白い個性のある、しかししっかりと落ち着きのあるお酒でした。
 いやあこれは正直未経験な味わいなんですよね、低酸で柔らかいとか、高酸でスッキリというのはわかるのですが、不思議な時間差で両立しているというのは実に面白い。
 これが二回火入れというのは意外ではありますが、ただ納得感もあるんだよなあ…、普通なら私が苦手な火入れ感もあるんですよ、ただ甘味が枯れていないので好き感が完全に勝つ感じ。
 ああ乳酸味もあるかなあ、こういう乳酸系キャンディ舐めたことがあるような…
 今回7本買ったわけですが、自分との相性と個性の点で、MVPはこのお酒ですね。
 恵那山、是が非でも他のスペックも飲んでみたいと思います。

20190212105231058.jpg

名称:恵那山(えなさん) 純米吟醸 ひだほまれ
蔵元情報:はざま酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけギャラリー:今回購入酒記念写真
20190207163716403.jpg
 担いで電車で帰るのは大変でした…
 でも、非常に満足感の高いクオリティでしたね、流石高島屋だというべきでしょう。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年02月28日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |