徳正宗 純米吟醸 あらばしり 生原酒 26BY

本日の家飲み 徳正宗 純米吟醸 あらばしり 生原酒 26BY

20170830103724291.jpg  20170830104200430.jpg

 茨城県猿島郡境町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらは個人的に全くノーマークの銘柄で、シマヤ酒店さんの店頭で初めて出会い、フィーリングで購入しました。
 改めて蔵元ホームページを見ると、トピックスがちゃんと更新されていたり、特約店一覧があったり、銀座の茨城アンテナショップの紹介があったり、しっかり情報公開を頑張っている印象を受けます。
 例の「KURA MASTER」に出品してメダルもらったりもしているようですし、所謂地域密着型の蔵が一皮剥けようと努力している最中っぽいですね(勝手な想像ですが)。
 個人的には、その方向性は全く間違っていないと思います、応援したいですね。

 今回いただくスペックは55磨きのあらばしりということですが、ラベルは垢抜けない感じで情報量も少ないです。
 買う時はあまり意識しなかったのですが、27/2出荷なので、恐らく店頭で2年ほどの生熟を経たお酒になっています。
 シマヤさんの店頭には結構こういうお酒が並んでいて、氷温熟成であることをハッキリ表示して積極的に売り出しているものもありました。


 上立ち香はガッツリ熟した印象のカラメル的甘さのある香りがそこそこに。
 含むと、やっぱり熟成香をしっかりと纏った野太い旨味がドドドと入ってきたかと思うと、ピリピリした辛さが時間差で出てきて、強引に味わいを引き締めつつ、最後まで力強く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、うーむ生老ねに片足突っ込んだ感じの風味はあるものの、ほんのりと甘味を纏った旨味が非常に濃厚で、かつ辛さとバランスが取れているため、全体としては自然に楽しめる印象。
 後味はやはり辛さが引き取ってバッチリキレます。

 生熟酒の魅力を素直に感じられる、力強い旨味が特徴の芳醇旨辛酒でした。
 今回は2年前のお酒でしたが、今の酒質も気になるところです。
 蔵元の姿勢を見るに期待できそうなんですよね。
 徳正宗、次回は新酒を是非いただいてみたいと思いました。

20170830104220100.jpg  20170830104210647.jpg

名称:徳正宗 純米吟醸 あらばしり 生原酒 26BY
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:萩原酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:シマヤ酒店(千葉)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年09月23日 茨城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |