FC2ブログ

伊勢の杜の御山杉(みやますぎ) 純米酒 生

家飲み記録 伊勢の杜の御山杉(みやますぎ) 純米酒 生

20200410191808330.jpg  20200410191823481.jpg

 三重県三重郡朝日町のお酒です、家飲み・外飲み含め初めていただきます。

 こちらも上野の「酒のサンワ」さんでの購入酒です。
 同店もやっぱりこだわりを感じるセレクトなんですよね~、この御山杉なんて全く見たことも聞いたこともない銘柄でした。
 蔵元ホームページを見る限り、生産量も相当少なそうですね…石高どのくらいなんだろう。
 個人的には店頭でこういう銘柄(の生酒)に出会うとアガリます、今回も問答無用で購入!

 裏ラベルのスペック情報は貧弱ですね、精米歩合は65%で使用米は不明。
 2019年3月製造で10月開栓なので、結構な生熟コンディションでいただいています。

20200410191857523.jpg

 上立ち香はむしろ青さすら感じるセメダイン的な香りがそこそこに。
 含むと、程よい熟感を纏ったバランスの良い旨味が自然な口当たりで入ってきて、ほんのりとした辛さが裏方で引き締め役をこなしつつ、しっかりと輪郭を保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、米と果実の中間といった趣の落ち着いて、日本酒的な奥深さをしっかり感じさせてくれるもので、浮いた苦味等は皆無、それでいてピリっとした辛さで非常に飲み飽きない印象を与えてくれます。
 後味は、その辛さが表に出てきて、あくまで自然に、見事なまでにキレます。

 味わいに浮いたところのない、ついつい杯を重ねてしまうモダン系芳醇辛口という感じのお酒でした。
 いやあ、こういういぶし銀的とでも言うべき、インパクトや個性をあえて抑えているようなお酒って、感想が難しいんですよね~
 でもこのお酒は本当に良くできていると思います、落ち着いていながら古臭さがないところが実に自分好み。
 御前杉、その名を記憶に刻みつけておきたいと思いました。

 そして開栓後も全く崩れないですね~、常温時もバランス良し。
 コスパ含め、是非オススメできるお酒でした。

20200410191907097.jpg  20200410191927646.jpg

名称:伊勢の杜の御山杉(みやますぎ) 純米酒 生
蔵元情報:有限会社稲垣 稲垣酒造場
購入価格(税抜):1,250円/720ml
購入した酒屋さん:酒のサンワ(上野)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年04月17日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |