川鶴 純米吟醸 Wisdom ~継承~ 限定生原酒

本日の家飲み 川鶴 純米吟醸 Wisdom ~継承~ 限定生原酒

20170402154053914.jpg  20170402154104401.jpg

 香川県観音寺市のお酒です。
 当ブログでの登場は6本目と、かなりの頻度になってます。

 記事ネタ探しに蔵元ホームページに行ってみると、「平成29年度鑑評会金賞受賞」など割とタイムリーな記載があって、ツイッターやFacebookもあり、情報公開には積極的な印象を受けます。
 が、なんと商品紹介コーナーが無い上に、肝心要の「お取扱い店舗」コーナーが「ただいま製作中」…(いつからやねん)。
 正直、「買い手が知りたいこと」が伝わらない情報公開に意味はあるのかしらと、厳しいことを思ってしまいます。
 (なんか最近蔵元の情報公開姿勢ディス記事ばかりになってしまってますが、私としても不本意なんです… 本当は書く内容に困るぐらいの情報を与えて欲しいと切に願っております。)

 今回いただくのは、雄町米利用の新酒生原酒、精米歩合は58。
 川鶴は最近商品名に横文字をよくつけてますね、「Advance」「undiluted sake」なんてのもあるようです。
 裏ラベルには味わい等に関する蔵元メッセージが記載されていますが、ネーミング由来等は謎。

20170402154117540.jpg

 上立ち香は程よく甘くフレッシュな果実の香りがそこそこに。
 含むと、硬質な印象の甘酸旨味が力強く入ってきて、その酸と青い感じの苦味でしっかりと引き締まったまま、グググッと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、さわやかな酸と程々の甘味が一体化した青目の洋梨的なフレッシュな旨味が主役、苦味も結構存在感はありますがギリギリきつくない感じで個性を演出しています。
 後味は、苦酸がしっかり引き取って力強くキレる感じ。

 しっかりとした個性のある甘旨味を、ストレートに感じさせてくれるある種生原酒のお手本のような芳醇旨酒でした。
 割と前から飲んでいる身からすると、着実に酒質を向上させてきている印象を受けます。
 この歩みは止めないで欲しいですね…
 川鶴、引き続き注目していきたいと思います。

20170402154137890.jpg

名称:川鶴 純米吟醸 Wisdom ~継承~ 限定生原酒
精米歩合:58%
使用米:雄町
アルコール度:17度
日本酒度:不明
蔵元情報:川鶴酒造合資会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 川鶴 純米吟醸

2017年06月16日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:3

川鶴 讃岐くらうでぃ

本日の家飲み 川鶴 讃岐くらうでぃ

20151108205252146.jpg  20151108205314131.jpg

 香川県観音寺市のお酒です。
 ブログ掲載は早くも5回目、相当多い方ですね。

 前回紹介した川鶴は限定品の低アルコール原酒でしたが、今回もかなりの変わり種です。
 アルコール度はビール並の6%でお値段も安め、そしておりがかなり濃厚に絡んでいて甘酒と見紛うばかり。
 どうやらこのお酒は、香川県名物「骨付き鶏」と合うお酒というコンセプトで開発されたようですね、確かに味が濃くて油っぽい食べ物には、通常の日本酒はなかなか合わせにくいようにも思えます。

 ちなみに、このお酒は昨年から発売開始のようで、その時のラベルはいわゆる「萌え系」のラベルでした。
 (参考リンク:NAVERまとめ)
 この絵のポスターを秋葉原でも見たことがあるので、おそらく地域振興の企画の一環だったと思われます。
 今年は鶏の絵のラベルに変わってしまいましたが、個人的には前のラベルの方がよかったなあ…(たぶん契約上の問題でしょうけど)


 裏ラベルによると「ロック」推奨とのことだったので、とりあえずそれで飲んでみます。

 上立ち香は…、うーんロックだからか余り感じませんね。
 含むと、クリーミーな印象の甘旨味が、強めの乳酸味とともにドドドっと入ってきて、そのまま喉奥に流れ込んできます。
 旨味は乳酸味とともに米の旨味を強く感じる、日本酒離れした未体験の甘酸っぱい味わい。
 後味も甘酒的な風味を残して引き上げます。

 クリーミーな乳酸飲料の甘酸に、軽いアルコール感がコクを加える、オンリーワンのお酒でした。
 これはもう完全に日本酒とは別物ですね、有名ブロガーさんが甘酒プラスカルピスという表現をしていましたが、まさにそのままの味わいでした。
 私は甘酒が苦手なので、少し合わない感じもありますが、甘酒の風味が好きな人なら、より自然にグビグビ楽しめそうです。
 こういう日本酒の懐の広さを感じられるお酒も、どんどん出てきて欲しいなと思いました。

20151108205327835.jpg  20151108205341782.jpg

名称:川鶴 讃岐くらうでぃ
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:6度
日本酒度:不明
蔵元情報:川鶴酒造株式会社
購入価格(税込):950円/720ml
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 川鶴 にごり酒

2015年12月22日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

かわつる 純米原酒 14

本日の家飲み かわつる 純米原酒 14

20150827120857191.jpg  20150827120908371.jpg

 香川県観音寺市のお酒です。
 ブログで取り上げるのは4回目と、結構な回数になりました。

 西條鶴に続き「低アル原酒」の範疇に入るであろうお酒です。
 ところで、今回の購入時に、そもそも低アル原酒というカテゴリーがなんで出てきたかを自分なりに考えてみました。
 一つは夏向けのお酒として、通常の夏酒はアル添・加水でスッキリ感を出すタイプが多いのですが、これは私のように薄さやアルコール感を嫌う人間には避けられがちなので、それ以外のアプローチで夏向きの「軽くて飲みやすい」お酒を志向したのかなと。
 もう一つはワイン、ひいては海外市場を意識して、加水無しでキツくない程度の度数に抑えたお酒として、売り出そうということかなあと思った次第です。
 まあ別に蔵元さんに聞いたわけではないので単なる想像ですが、こういうことに思いを馳せるのもマニアの楽しみということで…。

 さて、今回の度数は14度、香川のお米である「さぬきよいまい」を使用しています。
 あえてのひらがな表記に他スペックとの明確な差別化意図を感じますね。


 上立ち香はスッキリとした果実香がほのかに。
 含むと、軽めながら少々トロミを感じるような甘味がスルリと入ってきて、そのまま自然にのど奥に流れ込んできます。
 旨味はマスカット的な果実の甘酸味が主役を演じつつ、裏方に苦味も少し感じますね…結構複雑な味わいかも。
 後味はその苦味を少々舌に残して引き上げます。

 低アル酒だって奥深いんだぞ!と力強く主張するかのような、軽くかつ飲み飽きないお酒でした。
 やっぱり多少物足りなさもあるのですが、それをしっかりカバーする賑やかな味わいもあり、杯を重ねると良さが染み入ってきます。
 思えば「川鶴」らしい低アル酒だったなあ…、今後も追っていこうと思います。

20150827120918125.jpg

名称:かわつる 純米原酒 14
精米歩合:65%
酒米:さぬきよいまい
アルコール度:14度
日本酒度:不明
蔵元情報:川鶴酒造株式会社
購入価格(税込):1,500円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 川鶴 純米

2015年09月11日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

川鶴 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町60

本日の家飲み 川鶴 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町60

fc2_2014-07-03_23-32-05-980.jpg  fc2_2014-07-03_23-32-28-818.jpg

 香川県観音寺市のお酒です。
 外飲みでも家飲みでも何度もいただき、ブログでも紹介している銘柄ですね。

 「鶴」に関係する銘柄第四弾は、ストレートに川鶴です。
 熟成酒や新酒など色々なスペックをいただき、どれも印象が良かったので今年の新酒も購入した次第です。
 個人的には、濃厚勝つ個性的な旨甘味が魅力という印象の銘柄ですね。

 スペックは雄町を60まで磨いた無濾過生原酒ということで、自分にとってはかなり鉄板というか、好みの方向性が期待できるものです。
 ただ、日本酒度+5は通常辛口酒のものなので、そこは少し気になるところ。

fc2_2014-07-03_23-32-51-007.jpg

 上立ち香は濃厚フレッシュな吟醸香がそこそこに。
 含むと、意外にも透明感のある旨みがスッと入ってきて、そこから渋みが中心の味わいが染み出してきます。
 旨みは渋酸が中心の、多少辛さを感じるようなキリっとしたもので、甘さは奥に引っ込んでしまった印象。
 後味はその渋味と辛さでしっかりキレます。

 濃い渋辛酸が中心の、力強いキレが魅力のお酒でした。
 これはこれで濃厚で魅力的なのですが、個人的な川鶴のイメージとは離れてました。
 兎にも角にも甘味が足りないというか…、やはりこのスペックは寝かせたほうが味が開くのかな。
 なぜか家では雄町に偏ってしまったので、次は他のお米をいただいてみようと思います。

 冷やしすぎかな…と思って常温程度まで待ってみましたが、渋みは相変わらずですね。
 ただ、口当たりは自然になるのでどちらかと言うとこちらのほうが良いかも。
 燗も試してみればよかった…。

fc2_2014-07-03_23-33-11-473.jpg

名称:川鶴 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町60
精米歩合:60%
酒米:雄町
アルコール度:17度
日本酒度:+5
蔵元情報:川鶴酒造株式会社
購入価格(税込):1,500円/720ml
お気に入り度:7.8/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 川鶴 特別純米

2014年08月27日 香川の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

外飲み雑記in四ツ谷しんみち3 「和酒とおばんざい 和ごころ」

 先日、四ツ谷しんみち通り入口にある居酒屋「和酒とおばんざい 和ごころ」さんにお邪魔してきました。
 割と最近にも会社の同僚と訪問していますが、今回は母とその友人たちをご案内。

 自分は日本酒に凝りだして以来、お店に連れていかれる立場から案内する立場にすっかり転換した感じです。
 前はお店の予約なんて絶対しないような人間だったのになあ…。
 いやあ実際日本酒は良い趣味だと思います、飲み過ぎて体壊さない限りですが。

 さて、今回頂いたお酒は、金鼓、貴礼、花陽浴、貴一本、あざくら、旭興、川鶴、白隠正宗、君盃です。

 特に印象深かったお酒その1 金鼓 伝承水酛仕込み 濁酒
fc2_2013-07-28_14-45-09-300.jpg
 うわさには聞いていたのですが、米粒がそのまま残っている、にごりを超えたにごりというか、まさに「食べる」感じのお酒でした。
 また、その食感とは裏腹に結構後味がすっきりというのもポイント。
 
 その2、花陽浴 純米吟醸 雄町(写真左)
fc2_2013-07-28_14-48-07-928.jpg
 まあ自分としてはもはや旨いのは当たり前という感覚なのですが、今回全員(4名)ともはっきり旨いという評価だったのが印象的でした。
 う~む、ハイレベルのお酒しかないようなお店の中で、誰が飲んでも明らかに浮くというのはやっぱり凄いです。
 花陽浴がいつまで普通に入手できるのかちょっと不安になりました。

 その3、川鶴 純米大吟醸袋絞り中垂れ&純米吟醸雄町
fc2_2013-07-28_14-50-01-643.jpg
 前回もお気に入り酒でしたが、今回は店長がわざわざ近くの「じきしん」の冷蔵庫から各種持ってきてくれました。
 いろいろなスペックをいただいて、このお酒の方向性は自分にとってやっぱりドンピシャであるという確信をより強めました。

他のラベルはこんな感じ
fc2_2013-07-28_14-48-56-412.jpg  fc2_2013-07-28_14-49-33-536.jpg

fc2_2013-07-28_14-50-38-024.jpg  fc2_2013-07-28_14-51-14-081.jpg

 今回、店長さんがわざわざオススメ酒を口開けで持ってきてくれたり、手ずからのサービスが染み入りました。
 そもそも、初入店の人を連れてきたとき店長さんとペラペラしゃべるだけでも割とドヤることができるわけで、なかなか良い気分だったり。 
 もちろん料理とお酒が一定レベル以上であること前提ですが、外飲みにプラスアルファを求める私にとって、こちらはとても居心地の良いお店です。

 ちなみにお邪魔したのは8/4の「大長野酒祭り」より前だったのですが、イベント当日もいろいろとお世話になってしまいました。
 店長さんには感謝感謝です。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年08月10日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

川鶴 特別純米無濾過生原酒 限定直汲み 讃州オオセト55

本日の家飲み 川鶴 特別純米無濾過生原酒 限定直汲み 讃州オオセト55

fc2_2013-07-06_19-29-58-963.jpg  fc2_2013-07-06_19-30-47-961.jpg

 以前より何度かいただいている香川のお酒です。
 先日外飲みでもいただいて、やはり自分の好みのラインだったのでセレクトしました。

 スペック的には香川産の酒米である「オオセト」を使用しているのが特徴かな。
 悦凱陣を始め、結構多くの銘柄に使われているお米ですね。
 また、財田川地下伏流水使用と明記しているところ「地産」ということをかなり意識しているお酒だと思います。

fc2_2013-07-06_19-30-20-477.jpg

 上立ち香は甘い感じの米の香りが濃厚に。
 含むと、薄いセメダインの膜に覆われた感じのどっしりとした甘旨味の塊がゆっくりと来ます。
 旨味は濃厚な甘味が中心ながら、そこそこの酸渋味とからみ合って表現しづらい複雑な様相を呈しています。
 フルーティーというよりは、熟しきった果実の甘旨味といった印象なのですが、同時にフレッシュ感もあるタイプです。
 後味にはまたセメダインぽい感じが出てきて、甘味を引き取ってキレます。

 自分好みの、味わいの表現が難しい個性派濃厚旨甘酒でした。
 川鶴はどうやらどのスペックも自分のストライクゾーンを外さない銘柄のようです。
 こういう銘柄のストックが増えてくると、家飲みがさらに充実してきて嬉しい限り。
 次は山田錦か雄町を試してみたいと思いました。

 ちなみに、私がセメダインというときは別に悪い意味で使っているのではないので悪しからず。
 日本酒のセメダイン香というのは、接着剤みたいに無機的ではないんですが、表現しようとするとセメダインしかないという感じなんですよね…、最初に表現した人は凄いと思います。
 個人的にはフレッシュな印象を与え、同時に固さを感じさせるもので、良い悪いは場合によりけりかと。
 この川鶴の場合は、断然良い方向に感じました。

fc2_2013-07-06_19-31-17-892.jpg

名称:川鶴 特別純米無濾過生原酒 限定直汲み 讃州オオセト55
製法など:無濾過生原酒 直汲み
精米歩合:55%
酒米:オオセト
アルコール度:17度
酵母:不明
日本酒度:+-0
蔵元情報:川鶴酒造株式会社(香川県観音寺市)
製造年月:2013/4(24BY)
購入価格(税込):1,418円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 川鶴 特別純米

2013年07月19日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

外飲み雑記in四ツ谷しんみち2 「和酒とおばんざい 和ごころ」

 先日、四ツ谷しんみち通り入口にある居酒屋「和酒とおばんざい 和ごころ」さんにお邪魔してきました。
 こちらは前にお邪魔した「和食ダイニング じきしん」さんの姉妹店として、割と最近オープンしたお店です。

 実はこちらのお店にはオープン日に一人でお邪魔して、挨拶してちょっと一杯で帰るつもりが結局数時間居座ってしまったという思い出があります。
 その日は厨房のブレーカーが落ちたりバイトさんがおたおたしていたりと、絵に描いたようなドタバタぶりで、傍から見る分には面白かったなあ(店長さんすみません)。

 まあそんな個人的思い入れを除いても、お酒・料理などなどレベルの高いお店だと思います。
 じきしんに比べると店長の趣味がより濃くでているそうで、和酒により特化した上、銘柄も比較的マニアックなものが多いです。
(私は飲みませんが、焼酎も凄いらしい)
 雰囲気も初日とは全然変わって落ち着いて飲める感じになっています。

 前置きが長くなりましたが、今回いただいたお酒はこちら。
・登水 純米吟醸 無濾過生原酒
・奥播磨 純米
・甲子 純米活性にごり酒
・くどき上手 純米大吟醸 改良信交
・川鶴 懐純米 パスト&クール 23BY
・豊の梅 純米吟醸あらばしり生酒
・仙禽 雄町50 中取り無濾過生原酒
・醴泉 酒無垢 純米吟醸 雄山錦
・山間 2号 
・阿櫻 袋吊り 大吟醸無濾過生原酒 限定荒走り
・辻善兵衛 純米吟醸 雄町 生
・こんな夜に 雷鳥 純米 奔酒
・亜麻猫 生酒
・新・今錦伝 中取り無濾過生 長野ウルトラD
・國乃長 貴一本 生酒
・栄光 朝しぼり 純米吟醸 無濾過生酒 おりがらみ
・超☆房島屋 純米無ろ過生原酒 厳選槽場汲み
・君盃 特別純米酒 あらばしり
・亜麻猫 生酒 23BY
・十四代 中取り純米吟醸 播州山田錦 生詰

 心に残ったお酒その1は川鶴です。
 前に家飲みでいただいてはいるのですが熟成酒だったので印象はあてにせず、今回は先入観なしでいただきました。
 火入れながら完全に芳醇系で、甘旨みがじっくり楽しめる旨酒でした。

fc2_2013-04-23_08-27-19-608.jpg

fc2_2013-04-23_08-30-36-045.jpg

 その2は辻善兵衛。
 これも最近の注目株なのか、イベントや外飲みではちょくちょく見て実際いただいていた銘柄ですが、家飲みは未だできてません。
 今回頂いたスペックは、フレッシュかつ癖のない味わいで私のストライクゾーンでした。

fc2_2013-04-23_08-28-07-072.jpg

fc2_2013-04-23_08-28-40-649.jpg
 
 その3は國乃長の貴一本。
 全く初聞き、初飲み銘柄でしたが、癖のない超濃厚な甘味が特徴の個性酒でした。
 大阪のお酒とのことです、今後マークしてみようと思います。

fc2_2013-04-23_08-29-02-611.jpg

fc2_2013-04-23_08-29-23-084.jpg

他に頂いたお酒はこんな感じ。
fc2_2013-04-23_08-26-52-498.jpg  fc2_2013-04-23_08-27-43-851.jpg

fc2_2013-04-23_08-29-45-361.jpg  fc2_2013-04-23_08-30-11-078.jpg

 店長さんにいろいろとオススメも頂きつつ、自分が好きなものも飲めてとても充実したひとときでした。
 タイミングを見てまたお邪魔したいと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年05月06日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

川鶴 特別純米 備前雄町60 無濾過生原酒 23BY

本日の家飲み 川鶴 特別純米 備前雄町60 無濾過生原酒 23BY

fc2_2013-02-03_19-55-03-916.jpg  fc2_2013-02-03_19-55-29-365.jpg

 出雲月山の時にその魅力について語ってしまった、氷温熟成の無濾過生原酒を今回も選んでみました。
 新酒が美味しいこの季節ですが、さすがにフレッシュなものばかりだと多少飲み飽きる感もあるので、こういうのを挟むのも一興かと思います。
 まあやっぱり芳醇系を選んでしまうわけですが。

 注ぐと、うっすらと琥珀色がかっていて、いい趣です。
 残念ながら写真にはうまく出ませんでした…。

fc2_2013-02-03_20-01-38-861.jpg

 上立ち香は熟した果実香がうっすらという感じです、いわゆる熟成香は皆無。
 含むと、氷温熟成らしい芳醇ながら落ち着いた旨味がじんわり広がります。
 この旨味はまさに熟した果実ですね、表現は難しいですが。
 甘味は抑え目で多少の辛さも感じますが、旨味がまろやかなので全体的には柔らかな印象を受けました。
 最後にはちょっとした苦味が出てきてキレていきます。

 氷温熟成らしくしっかり味が乗っている割に、クセがなく飲みやすい印象でした、完成度高し。
 また、1年氷温熟成している割にお値段が手頃なのも嬉しいところです。
 今度は普通のスペックも飲んでみたいと思います。

 ちなみに、今回ちょっと燗もつけてみました。
 ちょっとピリピリ感がでて舌が痛い感じもあるものの、旨味と甘味がさらに濃厚になって良かったです。
 これも十分ありかと思いました。

fc2_2013-02-03_19-55-52-245.jpg

名称:川鶴 特別純米 備前雄町60 無濾過生原酒 23BY
製法など:無濾過生原酒 氷温熟成
精米歩合:60%
酒米:雄町
アルコール度:17度
酵母:不明
日本酒度:+4
蔵元情報:川鶴酒造株式会社(香川県観音寺市)
製造年月:2013/1(23BY)
購入価格(税込):1,470円/720ml
お気に入り度:7.9/10
36

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年02月05日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |