山間 H27BY 5号 中採り直詰め 無濾過生原酒

本日の家飲み 山間(やんま) H27BY 5号 中採り直詰め 無濾過生原酒

20161219175647594.jpg  20161219175656245.jpg

 新潟県上越市のお酒です。
 ブログでの紹介は4回目と、なかなかな登場回数です。

 山間というと、数年前は入手困難銘柄に片足を突っ込んだぐらいのレベルで入荷即完売状態だった覚えがありますが、最近は割と普通に購入できる印象があります。
 理由としては、生産量関連とか、23BYのヤブタ問題(参考:「いとう酒店」ブログ)が尾を引いているとか、色々と考えられますが、買う側としては非常にありがたい話ではあります、むしろこうあるべきと言いますか。

 そもそも、これだけ地酒全体のレベルが上がってきている今、特定銘柄に人気が集中するのはある意味不自然なことだといえるでしょう。
 最初に有名どころから入るのはある意味当然ですが、ある程度飲めば好みの方向性はつかめるし、そうなれば日本酒ブログなり酒屋コメントなりから自分なりのお気に入り銘柄を探し出すことは決して難しくないはず。
 入手困難銘柄を家飲みするのにそんなに血道を上げる必要は本来はないのです!
 …と、ここまで書いて、説得力の無さ(というか自分に嘘をついている感)に我ながら愕然としましたね、やっぱりそれらを(定価で)手に入れる喜び、優越感というのはそれ自体蠱惑的なものがありますし、その上で飲むとやっぱり旨いんですよね…地酒飲みの業は深い。

 完全に話がズレました、今回いただくのは27BYの無濾過生原酒ということで、やはり一年程度の生熟期間を経てから出荷されたものです。
 その上中取りですからね、個人的に気になる要素が多いスペックだったので、今回久しぶりにセレクトしてみました。

20161219175704197.jpg

 上立ち香は山間的な独特な木香っぽい香りがそこそこに。
 含むと、やはり個性的な旨味がググっと入ってきて、落ち着いた酸味と苦味で輪郭を整えつつ、じんわりと染みこんできます。
 味わいは、山間味としか言いようがない濃厚な旨味がとても素直に熟した感じで、高濃度かつ落ち着きとバランスをを保っている印象。
 後味は若干の苦渋で見事にキレます。

 野太い旨味と苦味がせめぎ合う、超芳醇個性派酒でした。
 やっぱり旨味に前と変わらないオンリーワンの複雑さがありますね…、私は木(樽)っぽいと思っているのですが、言っているのが私だけなので、ズレているかも。
 実は個人的にはこの山間の味はあまり好みではないのですが、それでもこのお酒のまとまりは感じますので、相性が合えばきっと素晴らしくハマると思いますね。
 山間は引き続き情勢を注目したい銘柄です。

 冷酒だと個性が際立つ感じですが、温度が上がってくるとちょっと丸くなって素直に飲めます。
 個人的には常温が断然好き。

20170214160702738.jpg

名称:山間 H27BY 5号 中採り直詰め 無濾過生原酒
精米歩合:60%
使用米:たかね錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:新潟第一酒造株式会社
購入価格(税抜):1,482円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 山間 特別純米

2017年02月24日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

山間 4号 純米吟醸 無濾過生原酒

本日の家飲み 山間 4号 純米吟醸 無濾過生原酒

fc2_2014-01-21_18-18-33-649.jpg  fc2_2014-01-21_18-19-01-404.jpg


 新潟県上越市のお酒です。
 当ブログでも何度か紹介していますね。
 
 こちらは通常銘柄「越の白鳥」を醸す新潟第一酒造の限定品版です。
 昨年まではスペック非公開というのが一つの特徴だったのですが、今年からは方針転換で公開することにしたようですね。
 私はお酒をスペック含めて楽しんでいるので、個人的には嬉しいところです。

 ラベルには明記されていませんが、新潟県産「たかね錦」を使用しているとのこと。
 関東で売られるお酒ではあまり見かけないお米ですね。
 
 さて、注ぐと案の定細かい気泡がグラスに付きますね~。

 上立ち香は濃くて甘めな吟醸香がそこそこに。
 含むと、少々のガス感の刺激と共に、いつもの山間らしいフレッシュでちょっと個性的な旨甘味が元気に踊ります。
 旨味は甘さと苦渋味がそれぞれ強烈に拮抗する形で芳醇な世界を作り出しつつ、ガスがそれを見事に引き締めている印象です。
 この山間の味わいの世界はいつ飲んでも独特だなあ…、私は木香に似たものを感じるのですが私だけかも。
 後味はガスが引き取った後に少々の苦味が残る、ニヒルなキレ。

 他のスペック以上に「山間らしさ」が炸裂する、フレッシュ濃厚個性派酒でした。
 山間も而今・花陽浴と同様、自分の中で「山間味(やんまあじ)」がイメージできる、一本筋が通った個性のある味わいの銘柄です。
 入手難易度はそこそこ高めですが、これからもちょくちょく頂こうと思います。

 開栓後は少しアルコール感が出てくるものの、基本的に味は崩れないですね。
 味わいの芯の強さを感じるお酒でした。

fc2_2014-01-21_18-19-25-900.jpg

名称:山間 4号 純米吟醸 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:たかね錦
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:新潟第一酒蔵株式会社(新潟県上越市)
製造年月:2013/12(25BY)
購入価格(税込):1,785円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 山間 純米吟醸

2014年01月25日 新潟の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

山間 14号 にごり酒

本日の家飲み 山間(やんま) 14号 にごり酒

fc2_2013-04-30_19-16-51-799.jpg  fc2_2013-04-30_19-17-27-650.jpg

 仕込2号に続き、24BYの山間です。
 2号が相当好きな味わいだったため、さてにごりはどんなもんかということでセレクトしました。

 見た目はさわやかなブルーボトルですね。
 今回開栓がかなり大変で、ちょい開けのガス逃がし作業をかなり何度も繰り返す必要がありました。
 ブログ掲載銘柄の中では一番の活きの良さで、かなりひやひや。

 fc2_2013-04-30_19-18-12-285.jpg  fc2_2013-04-30_19-20-29-212.jpg

 注いだときのにごりっぷりも一段と濃厚です。

fc2_2013-04-30_19-20-57-047.jpg

 上立ち香は抑え目で、米と炭酸の香りがほんのり。
 含むと、少々粉っぽさのある米の旨味と苦味、それに強烈なガス感を感じます。
 含んでると口の中でシュワシュワ音がする有様(笑)。
 味わいは、甘味が控えめで、濃厚な旨味を苦渋味が引き締めている印象かな。
 ただ、にごりが相当濃いのでそのまろやかさというか、とろみも特徴だと思います。
 後味は、粉っぽさが少々残りつつも心地よい苦味でしっかりキレます。

 強烈なガス感と、超濃厚なにごりが特徴の、スッキリ系にごりでした。
 ただ、前に頂いた山間で感じた、濃厚ながら整って綺麗な味わいの魅力がかなり薄れてしまったかな…。
 にごりとしてはかなりハイレベルで普通に美味しいのですが。

 なお、開栓後は当然ガス感は減ってきます。
 初日の強烈さも面白いのですが、個人的には2~3日後の微発泡ぐらいになってからのほうが好きかな。
 そのくらいのほうが、山間らしいしっかりと濃厚な味わいを楽しめたと思います。

fc2_2013-04-30_19-20-04-248.jpg

名称:山間 14号 にごり酒
製法情報:生原酒 にごり酒
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:新潟第一酒蔵株式会社(新潟県上越市)
製造年月:2013/4(24BY)
購入価格(税込):1,732円/720ml
お気に入り度:7.7/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年05月04日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

山間 2号 無濾過生原酒

本日の家飲み 山間 2号 無濾過生原酒

fc2_2013-02-06_22-02-02-079.jpg  fc2_2013-02-06_22-02-31-530.jpg

 ブレイク中の山間です。
 24BYの仕込み1号が瞬く間に完売だったため、必死で入手しました。
 これまた予約完売とのことで、相当な入手難易度だったようです。

 現在の山間は「純米(アル添無)の無濾過生原酒」ということ以外スペック非公開の方針らしいですね。
 それで、能書き好きの日本酒マニア達(もちろん自分含む)の確固たる支持を得ているのですからすごい実力といえるでしょう。
 今回いただく仕込2号は、値段的には大体特別純米クラスかなと思います。
 一升瓶の入手になったので、じっくりといただきます。

 上立ち香はフレッシュな果実香がほどほどな感じで心地よく香ります。
 含むと、甘さと旨さがバランス良く混じった、しかし個性的でフレッシュで芳醇な味わいがじんわりと感じられます。
 この旨味はなんだろうな…、最初の印象では木香に似たものを感じたのですが(私だけかも)、非常に洗練されています。
 甘味の裏でしっかり渋苦味が仕事をしているような感じはあるのですが、表には最後までほとんど出てきませんでした、結果的に複雑ながらとてもきれいな味わいになってます。
 そして、まるで大吟醸のような、自然に消えていく後味でした。

 う~ん、先入観をできるだけ持たないよう心掛けて飲みましたが、やっぱり人気に納得の味わいでした。
 新政酒造の「やまユ」と同様、とても大事にされているブランドだということが旨さから伝わってくるようです。
 ただこうなってしまうと、「越の白鳥」と「山間」を同じ値段で並べられたら、「山間」を選んじゃうよなあとも思ってしまいます。
 今後さらに手に入れにくくなることを覚悟した今日この頃でした。

(追記)
 開栓から時間が経つにつれ、渋味が少しずつ前に出てきて、後にも残るようになってきました。
 旨味も多少落ち着いてくるので、好みはあると思いますが、個人的にはなるはやで飲むべきお酒だと思います。

fc2_2013-02-10_20-14-42-277.jpg

名称:山間 2号 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:新潟第一酒蔵株式会社(新潟県上越市)
製造年月:2013/1(24BY)
購入価格(税込):2,850円/1800ml
お気に入り度:8.3/10
40

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 山間

2013年02月12日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |