FC2ブログ

山本 深蒼 Midnight Blue 生原酒

家飲み記録 山本 深蒼 Midnight Blue (ミッドナイトブルー) 生原酒

20180109130732038.jpg  20180109130741146.jpg

 秋田県山本郡八峰町のお酒です。
 外飲みを含めると相当回数いただいているはずですが、以外にもブログでの登場はまだ3回目でした。

 また面白いネーミングですね…、まあ昔は「ブルーハワイ」なんてお酒も出してた蔵ですし、あまり驚きは無いのですが。
 蔵元の商品紹介ページによると、以前にいただいている黒ラベルについては「ピュアブラック」となり、他にも「ストロベリーレッド」なんてのもあるようです。
 やっぱり都市向けブランドについては、このくらいの見た目の押し出しがあっていいいと個人的には思います(むしろ前にあった、裏ラベルのシルエットが無くなってしまったのがちょっと寂しい)。

 精米歩合は、麹米50%、掛米55%なのですが、使用米は不明、そして特定名称の記載も無くなっているっぽいですね。
 当然アル添は無しですし恐らく純米吟醸を名乗れると思うのですが…、いつの間にか村祐・仙禽フォロワーになっていたのかしら。
 裏ラベルにはピュアブラックとの違いという形で味わいの記載が有ります、やはりブランドの中心にはピュアブラックがあるってことなんでしょうね。

20180109130749696.jpg  20180109130758365.jpg

 上立ち香は濃厚かつフレッシュな柑橘系果実の香りが気持ち強めに。
 含むと、やはりフレッシュかつインパクトのある甘酸旨味が力強く入ってきて、少々粉っぽさも纏いつつ、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、やはりフレッシュな柑橘系果実の甘酸味が完全に主役で、苦渋的なものは完全に裏で飲み飽きなさを添えることに徹していますね、フレッシュジュース系の王道を往く感じ。
 後味は、酸が中心に引き取ってしっかりとキレます。

 酸がしっかりと働いている印象の、甘さとスッキリさを両立させた、スッキリ系フレッシュフルーティー酒の王道を往く感じのお酒でした。
 なんというか、山本は最近のお酒の中央値というか、見た目と違った王道感のある味わいが特長だと思います。
 ブラックとはまた違うのですが(酸味・フレッシュ感寄り)、それでも一つの典型的かつ魅力的なモダン風味を体現しているといいますか…。
 山本、次はまた別スペックを飲んでみたいと思います。

20180109130806589.jpg

名称:山本 深蒼 Midnight Blue 生原酒
精米歩合: 麹:50% 掛:55%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:山本合名会社
購入価格(税抜):1,575円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月15日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

山本 純米吟醸 瓶燗火入れ 急速冷却低温瓶貯蔵 秋田酒こまち

本日の家飲み 山本 純米吟醸 瓶燗火入れ 急速冷却低温瓶貯蔵 秋田酒こまち

20150302144547945.jpg  20150302103423825.jpg

 秋田県山本郡八峰町のお酒です。
 家飲みでも外飲みでも何度もいただいています、もはやお気に入り銘柄ですね。

 いつもは生原酒ばかりをいただいていたので今回はあえて火入れにしてみました。
 「瓶燗火入れ 急速冷却低温瓶貯蔵」とのことですが、ある程度詳しくないとチンプンカンプンではないかしら。
 日本酒の火入れについては、南部美人のwebサイトにとても詳しく載っていましたので、マニアならご一読をお勧めします。
 はしょると、瓶詰してから高温殺菌するのでタンクごとやるより冷却が早く、高温による品質劣化を抑えられているということでしょう、その後の保存もしっかり低温でしていることも表していますね。
 
 スペックは前にもいただいている秋田酒こまちを利用した純米吟醸です。
 山本は他にも米違いや酵母違いでカラフルなラベル商品を色々と出しており、それも気になっていたのですが、タイミング的にこちらをセレクトすることになりました。
 
20150302103340748.jpg

 上立香はセメダイン系の硬い香りが控えめに。
 含むと、バランスの良い印象の旨味が少々のアルコール感と共に入ってきて、若干の渋味と辛さで引き締められながら染み込んできます。
 旨味は全体では引き締った印象なのですが、果実様の甘味もしっかり存在感があります。
 火入れらしい落ち着きもありスイスイいってしまう感じ。
 後味は結構な辛さでしっかりキレます。

 全体として非常にまとまりの良い、芳醇で落ち着いた旨味のあるお酒でした。
 山本はやっぱり個性よりも全体の完成度で勝負するお酒だと思います。
 ただ、それが単に飲みやすいだけでなく飲みごたえがしっかりあるのが魅力、火入れでもそれはしっかり保たれていました。
 今度こそ米違いもいただいてみたいと思います。

20150302103451155.jpg

名称:山本 純米吟醸 瓶燗火入れ 急速冷却低温瓶貯蔵 秋田酒こまち
精米歩合: 麹:50% 掛:55%
使用米:酒こまち
アルコール度:16%
日本酒度:+1
蔵元情報:山本合名会社
購入価格(税抜):1,481円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年03月16日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

山本 純米吟醸 無圧荒走り

年末年始の家飲みその2 山本 純米吟醸 無圧荒走り

 fc2_2013-01-01_23-08-09-297.jpg  fc2_2013-01-01_23-07-18-145.jpg


 山本は「白瀑」を醸す蔵元さんが、特別に魂を込めて地元産の酒米を使って醸した特別なお酒とのこと。
 全体的に黒でまとめられた瓶に、金の箔押しされたラベルはなかなか迫力があります。
 今回はいわゆるあらばしりですが、とくに絞る際に圧力を加えず出てきた分を集めて特別品とのことです。

 fc2_2013-01-01_23-07-39-115.jpg

 上立ち香は心地よい感じのセメダイン香かなあ。
 含むといかにも米の甘旨味と、若干の渋みと酸味がせめぎあう感じ。
 雑味はほとんど無く、非常にバランスの取れた旨味をそのまま楽しめます。
 あらばしりではあるものの、濃厚さより完成度が印象に残りますね。
 ただ、同時にモロに新酒らしい生々しさもあるので、苦手な人は辛いかも。
 逆に、私のような生酒好きにはたまらないです。
 後味は、やっぱり抜群のキレ。

 いやあやっぱり山本は旨いです。
 今回は無圧というだけあって、袋吊りのようなきれいさがある一品でした。
 また、個性より完成度で攻める感じがありながら、私のような個性好きに訴えかける何かも内包している感じです。
 白瀑とともに、今後も注目していきたいと思います。

 fc2_2013-01-02_21-43-01-419.jpg

名称:山本 純米吟醸 無圧荒走り
製法情報:生酒 あらばしり
精米歩合:麹50%、掛55%
酒米:酒こまち
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:山本合名会社(秋田県山本郡八峰町)
製造年月:2012/12(24BY)
購入価格(税込):1,600円/720ml
お気に入り度:8.1/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年01月03日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |