FC2ブログ

奴奈姫 純米吟醸 瓶火入

家飲み記録 奴奈姫(ぬなひめ) 純米吟醸 瓶火入

20180619102404461.jpg  20180619102414776.jpg

 新潟県糸魚川市のお酒です。
 銘柄的には初ですが、同蔵のお酒は4本目とそこそこ回数になってます。

 こちらを醸す猪又酒造の通常銘柄は「月不見の池」、他に「サビ猫ロック」なんてユニークな銘柄もあります。
 蔵元ホームページの商品紹介によると、この「奴奈姫」は「昭和39年に誕生した弊社の純米仕込みの原点」とのこと、まさにロングセラーって感じですね。
 ちなみに、多分由来だろうと思われる「奴奈川姫」について、糸魚川市のホームページに解説が載ってました
 「豊賀」もそうだったと思いますが、地元の神話由来で銘柄名をつけるのは、なんとなく雰囲気が出て良いですね。

 精米歩合は50%、使用米は五百万石と越淡麗だそうです、純新潟スペックって感じですね。
 値段はちょい高めで1,800を越えます、お店では冷蔵庫に入っていましたが、要冷蔵記載が無いので二回火入れかな…

20180619102424706.jpg  20180619102354645.jpg

 上立ち香はちょっと熟した感じのレーズン的香りが仄かに。
 含むと、落ち着いた印象の甘酸旨味が割と軽めの口当たりで入ってきて、飲み応えを維持しながら、最後までやんわりと染み入ってきます。
 味わいは、やはり火入れ、熟感を感じる落ち着いた印象の旨味が主役、苦味はほんのりぐらいで、酸も相まって飲み進めやすい感じですね、全体のまとまりも
 後味は、酸苦が本当に必要最小限の仕事をして、自然に引き上げてくれます。

 バランスの取れた旨味と、熟感と苦味による奥深さが魅力的な、複雑ながらどんどん飲み進めてしまう感じのお酒でした。
 いやあこれは大人の味わいだなあ…、私にはちょっと火入れ感とか熟感に引っかかりを感じたのですが、それが好きな方も多そうな気がします。
 ブランド分け的には分かりやすいですね、生酒派ならおとなしく月不見の池の生を飲むべきでしょう、奴奈姫は日本酒慣れした方にオススメしたいところ。
 猪又酒造の実力を感じた一本でした。

20180619102445128.jpg

名称:奴奈姫 純米吟醸 瓶火入
精米歩合:50%
使用米:越淡麗・五百万石
アルコール度:15.6%
日本酒度:+2
蔵元情報:猪又酒造株式会社
購入価格(税抜):1,860円/720ml
購入した酒屋さん:鈴木酒販(神田)
お気に入り度:8.3(値段も考慮に入れて)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年12月19日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |