FC2ブログ

雅楽代(うたしろ) ~可惜夜(あたらよ)~ 無濾過生原酒

家飲み記録 雅楽代(うたしろ) ~可惜夜(あたらよ)~ 無濾過生原酒

20190530171011402.jpg  20190530171028668.jpg

 新潟県佐渡市のお酒です。
 前回紹介した天領盃と同蔵の、別銘柄。

 この銘柄は、新体制となった天領盃酒造が満を持して新発売した限定ブランドです。
 現蔵元が自ら名付けたわけですし、天領盃以上にその「新しい姿勢」が反映されているお酒といえるんじゃないでしょうか。
 (ちなみに蔵元ホームページにちゃんと買える店一覧が有ります、素晴らしい!)
 なお、購入した酒屋さんによると、蔵元は相当に「風の森」をリスペクトしているらしく、酒質にもそれが反映されているとのこと。
 「MIYASAKA」や「若駒」もそうですし、風の森フォロワー的な銘柄も着実に増えてきていますね、個人的には嬉しいところです。

 使用米は五百万石、精米歩合は非公開らしいです。
 私が購入した無濾過生原酒の四合瓶は、伊勢元酒店さんでしか取り扱いがないらしいですね。
 同店は蔵元と実に密に連携を取って、特別スペック(大体生原酒とか、おりマシマシ)を仕入れたりするタイプのお店なので、なるほど納得という印象です。

20190530171038876.jpg  20190530171101106.jpg

 上立ち香はサイダー的な甘くスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、密度高めの甘旨味が力強く入ってきて、僅かなガス感や濃い渋味とガッチリ絡み合いつつ、実にゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、マスカット的な甘味と、若干のケミカル感、かなり強めの渋味がそれぞれせめぎ合う、高密度で複雑なもの、若干重くはあるのですがミネラル感っぽさもあって独特な飲み飽きなさもあるかも。
 後味はやはりそこそこの渋味を口中に残しつつ、危うくもダレない感じで引き上げていきます。

 心地よい甘旨味に、ガスや渋ケミカルミネラルな独特な風味が絡みつく、なかなかに独特な飲みごたえのあるお酒でした。
 やっぱりこの甘味は好みですねえ、ガス感含め風の森リスペクトというのに納得感はあります、渋味が若干くどい感じがするのも、風の森の低精白に似てる気がしますね。
 これは当然加水火入れすればスッキリするのでしょうが、個人的にはそれじゃつまらないと思ってしまうので、生原酒でもグイグイ飲めるよう、是非この方向性のまま味わいを洗練していって欲しいと思います。
 雅楽代、初造りとして十分美味しく、さらに素敵な可能性を感じさせてくれるお酒でした、今後超要注目ですね。

20190530171049174.jpg

名称:雅楽代(うたしろ) ~可惜夜(あたらよ)~ 無濾過生原酒
蔵元情報:天領盃酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店(尾久)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 雅楽代 天領盃

2019年06月05日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

天領盃 純米吟醸 しぼりたて生原酒

家飲み記録 天領盃 純米吟醸 しぼりたて生原酒

20190530164939037.jpg  20190530164949828.jpg

 新潟県佐渡市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 天領盃については、当時若干24歳の「加登仙一」氏が、個人で調達した資金でなんと蔵ごと買って、現体制になったとのこと。
 最近酒蔵もM&A対象になることが増えてきたとはいえ、流石に個人による買収というのは聞いたことがないですね、かなり話題になっていたと思います。
 (その辺りの事情についてはSAKETIMESに詳しい記事がありました
 実際、確固たる信念の元、自らリスクを取って酒造りの世界に飛び込むその姿勢には脱帽するしかないですね、本当に凄いことかと…
 今回は、応援…というよりも、単純に興味があるのと、記念すべき新体制第一弾ということでセレクトしました。

 スペック的には精米歩合58%の生原酒。
 裏ラベルにメッセージやQRコードが載っているのは今風ですね。
 1月製造、3月開栓。

20190530165017459.jpg

 上立ち香は若干落ち着いた、酸を感じる柑橘系果実の香りが控えめに。
 含むと、かなり酸が効いた、軽さのある旨味がスルスルと入ってきて、若干唾液腺を刺激しつつ、最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり柑橘系果実的な感じで、甘味控えめ、旨味もそこそこの濃度で、酸のスッキリ感がメインに感じますね、かつ苦味等の雑味はしっかり抑えられていて、生原酒らしからぬ飲みやすさでどんどん進む印象。
 後味は、最後までキレイなまま酸味でしっかりとキレます。

 柑橘系果実系の酸が軽さとインパクトを与えつつ、高純度かつキツさも抑えられている、食中に映えるお酒でした。
 若干ケミカル感もあるかな…、でも悪い感じじゃ無いんですよね、なかなかに絶妙なラインを攻めてきている印象。
 私にとっては若干甘味不足ですが、あまり他銘柄を出すのも何ながら、新政とか好きな人は気にいるんじゃないかな…
 新体制初めての造りとは思えないまとまりの良いお酒でした、次回は同蔵の別銘柄をご紹介します。

 で、開栓後上がってくるタイプでしたね~
 甘味も若干出てきたし、速醸としてはかなり強いタイプのお酒でしょう、今後に期待大。

20190530165028736.jpg  20190530165000549.jpg

名称:天領盃 純米吟醸 しぼりたて生原酒
蔵元情報:天領盃酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店(尾久)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年06月03日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |