FC2ブログ

天穏 無濾過純米酒 改良雄町 生もと

家飲み記録 天穏 無濾過純米酒 改良雄町 生もと

20191014145156598.jpg  20191014145206705.jpg

 島根県出雲市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 これまた未飲銘柄というだけで衝動買いしました。
 ただ、山陰の、いかにも燗に向く系のお酒を出している蔵として、何となく頭には残っていた気がします。
 蔵元ホームページにはオンラインショップがあり、このお酒もしっかり載っていました。

 そこにある、味わいと香りのマトリックス図は良いですね、やはり分かりやすいと思います、このお酒は香低めで味は濃い方とのこと。

 スペックもしっかり裏ラベルに記載がありますね、使用米は山陰らしく「改良雄町」、磨きは70%に留めています。
 酵母無添加生もとで、無濾過、加水火入れということで、もうド直球の燗向け山陰スペックという印象。


 上立ち香はほんのりセメダイン風味のキリリとした香りがそこそこに。
 含むと、酸の働きで引き締まった旨味がスルスルと入ってきて、苦味をほんのりと奥に感じさせつつ、最後までカッチリとした印象のまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、セメダイン感と酸のある、非常に硬質かつ透明感すら感じさせるバランスの良い旨味が中心、辛さの刺激も若干あって、とにかく引き締まりが印象に残りますね。
 後味は、酸メインで見事なまでにスッキリキレてくれます。

 骨太ながらも古臭さが無い、食中向けの硬質なモダン系旨酸辛口酒でした。
 これからまだまだ熟成が出来そうな印象ですが、この若い硬質さも中々魅力的だと思いますね。
 如何せん甘味が少なく原酒的な濃さも無いので、自分向けではありませんでしたが、キレ重視の方にはハッキリオススメできますね。
 天穏、生があるならまたいただいてみたいと思いました。

 で、もちろん燗付け必須だろうと思い付けてみると…
 香りは割と露骨に燗酒らしいアルコールがぐっと来る感じですね、最初の口当たりは非常に柔らかくなりますが、やはり後から辛さがやってきます。
 いやあこれはやっぱり山陰らしいなあ…、私にはちょっと早かったかも。

20191014162832940.jpg

名称:天穏 無濾過純米酒 改良雄町 生もと
蔵元情報:板倉酒造有限会社
購入価格(税抜):1,400円ぐらい(レシート紛失…)/720ml
購入した酒屋さん:鈴木酒販(神田)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年12月15日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |