FC2ブログ

天明 瑞穂黄金86 無濾過一回火入

家飲み記録 天明 瑞穂黄金86 無濾過一回火入  

20181018132004777.jpg  20181018132013475.jpg

 福島県河沼郡会津坂下町のお酒です。
 外では何度もいただいていますが、ブログでの登場はまだ2回目。

 天明は押しも押されぬ人気銘柄はありますが、個人的には以前家飲みした時の印象が実はあまり良く無くて、しばらく購入はしていませんでした。
 が、こちらの蔵との繋がりの深い居酒屋である池袋「あまてらす」及び大塚「串駒」では何度か特注品をいただいており、そちらは美味しかったんですよね。
 で、実は今回もあまてらすでこの瑞穂黄金を飲んで、「これは家でじっくりやりたいなあ…」と思って、セレクトした次第です。

 名前の通り、こちらのお酒は「瑞穂黄金」というお米を、精米歩合86%にとどめて醸した低精白酒になっています。
 瑞穂黄金は会津坂下町でしか栽培されていないという超レア米で、基本は食用のようです、それで低精白とは攻めたスペックですね。
 ちなみに珍しい五合瓶です、5月製造を7月開栓。
 どうやら生も出ていたようなのですが、私が買おうと思った時には基本火入れしか見当たりませんでした…
 このあたり日誌係さんはいち早く限定直汲みをゲットしていたようで、流石の一言ですわ。

20181018132035958.jpg  20181018132027228.jpg

 上立ち香は、割とハッキリとしたアルコール香が控えめに。
 含むと、強めながらもどこか柔らかい酸味を伴った旨味が力強く入ってきて、最後までその酸を主役にしたままバランスを崩すことなく染み入ってきます。
 味わいは、伝統的な米の旨味が芯にありながらも、酸味によって軽さ・とっつきやすさを加え、かつ苦系の雑味がバッチリ抑えられているため、びっくりするぐらいスルスル飲んじゃいますね。
 後味は、やはり酸味が引き取って、精米歩合が信じられない純度のまま引き上げます。

 しっかりとした旨味が魅力的かつ、気負わずに飲める気安さも感じる、新世代のお米旨酸味系酒でした。
 ちなみにこの酸は果実と乳酸の間って感じの印象ですね、若干果汁入りのヤクルトとでも言いましょうか。
 それにしても、これ86は凄すぎじゃないかしら…、最近の低精白は全体的にレベル高いですが、これはその中でも出色の出来なんじゃないかと。
 瓶燗急冷一回火入れということで、火入れ臭さが皆無なのも個人的に好印象、かつコスパも素晴らしい。
 天明の実力をしっかり感じた一本でした、今後は注目度を上げていこうかなあ。

 開栓後は全然落ちず、素直に落ち着いてきますね。
 そして燗をつけると…、いやあさらに乳酸が出てきました、まさにホットヤクルト。

20181018132045304.jpg

名称:天明 瑞穂黄金86 無濾過一回火入
精米歩合:86%
使用米:瑞穂黄金
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:曙酒造合資会社
購入価格(税抜):1,500円/900ml
購入した酒屋さん:升本酒店(納戸町)
お気に入り度:8.5/9.0(変化&燗上がり&コスパも考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年11月14日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

天明 本生純米 槽しぼり

本日の家飲み 天明 本生純米 槽しぼり

fc2_2013-12-06_18-31-18-562.jpg  fc2_2013-12-06_18-32-38-801.jpg

 会津のお酒です。
 外では何度かいただいています。

 会津のお酒というと私はどうしてもまず「飛露喜」を思い出してしまいますが、他にも会津娘や奈良萬、そしてこの天明などなど、最近全国区で名が知られてきた銘柄が多くあります。
 震災でいろいろと受難もありつつ存在感を増しているあたり、各酒蔵さんの並々ならぬ努力が想像されますね。

 天明ですが、実は私は外でいただいた時はあまり良い印象を受けていませんでした。
 しかし、周りの評判は上々で、これはくやしいので一度じっくりいただいてみる必要があるとセレクトした次第です。

fc2_2013-12-06_18-34-31-896.jpg

 上立ち香は落ち着いた感じの吟醸香がそこそこに。
 含むと、ちょっと塩っ気を感じるような特徴的な旨味が、熟成感のある苦味と交じり合いつつ広がります。
 旨味は、結構甘味も感じるのですが少しクセがあり、むしろ生っぽい渋味を主に感じる気がします。
 これはかなり玄人好みの味わいですね…、ちょっと変わった辛さというか。
 後味はその渋味を残しつつ、力強くキレます。

 熟成生酒っぽいクセのある、濃厚な旨渋酒でした。
 うーむ、今回はっきりわかったのですが、天明の味わいはやっぱり私には合わない感じです。
 もちろん、決して完成度が低いとは思わないし、他の人の評判はかなり良好なので、単純に「合わない」としか言いようが無いというか…。
 逆に、この個性がツボにハマる人も多いのだと思います。
 色々なお酒を飲んでいるとこんなことも有るんだなあと思った今日このごろでした。

fc2_2013-12-06_18-35-22-006.jpg

名称:天明 本生純米 槽しぼり
製法など:生酒
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:17~18度
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:曙酒造合資会社(福島県河沼郡会津坂下町)
製造年月:2013/10(24BY)
購入価格(税込):1,302円/720ml
お気に入り度:7.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 天明 純米

2013年12月18日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |