FC2ブログ

天上夢幻 純米吟醸 生詰熟成蔵隠し 

家飲み記録 天上夢幻(てんじょうむげん) 純米吟醸 生詰熟成蔵隠し 

20190219100314410.jpg  20190219100322956.jpg

 宮城県加美郡加美町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、仙台出張時購入酒二本目(ラスト)。

 こちらも衝動買いですね、ただ以前にお酒ミライさんのにごり酒の感想記事は見ていて、銘柄名は頭に入ってはいました。
 ホームページを見ると、何と蔵元は藤原鎌足の末裔だとか…、由緒正しい家柄が多い日本酒蔵元の中でもこれはインパクトありますね。
 かなり早い段階から生産高を絞り、品質重視に切り替えているようです。

 今回のお酒は、いかにも限定品っぽいマニア心くすぐるラベルですね。
 ポイントは、10月出荷の蔵元熟成の生詰酒ってところでしょうか、ひやおろし的なスペックかと思います。(あえてそう名乗らないのがニクイ)
 実はにごり酒も並んでいて非常に迷ったのですが、初見銘柄なので色ものを避けてこちらをセレクトしました、12月開栓。

20190219100330894.jpg

 上立ち香は落ち着いた感じの果実系の香りが仄かに。
 含むと、完熟果実的な酸の効いた旨味が自然な口当たりで入ってきて、割と最後までその印象を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、しっかりと味が乗った感じの甘味と、ちょっと乳酸のニュアンスがある柔らかい酸の双方が相まって、存在感と飲み飽きなさを両立させている印象、
 後味は酸が引き取ってしっかりと引き上げてくれます。

 「熟成蔵隠し」というフレーズになかなかに説得力のある、程よく熟した個性的な芳醇甘酸旨味酒でした。
 このバランスは面白いですね、実際主役は甘味だと思いますが、速醸にしては珍しい乳酸感で、ヤクルト的な趣もあるかも。
 いわゆるひやおろしは好きではない自分ですが、この熟感は結構好みです。
 天上夢幻の実力を感じた一本でした、私としては次はやっぱり生を飲んでみたいですね。

20190219133954688.jpg  20190219133944568.jpg

名称:天上夢幻 純米吟醸 生詰熟成蔵隠し
蔵元情報:株式会社中勇酒造店
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:藤崎(仙台)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年03月14日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |