FC2ブログ

大雪渓 特別純米 無濾過生原酒 槽場詰め

家飲み記録 大雪渓 特別純米 無濾過生原酒 槽場詰め

20180118144809740.jpg  20180118144819478.jpg

 長野県北安曇郡池田町のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みはあったようななかったような…(呆)

 実は先日長野に小旅行に行きまして、その時に土産酒として何本か購入して帰りました。
 元々長野酒が好きなこともあって、別でも今期結構飲んでおりまして、せっかくなのでここでまとめて掲載していこうと思います。
 プチ長野特集という感じですね。

 で、旅行時に看板とかコンビニのカップ酒で、特によく見かけた銘柄がこの大雪渓だったような気がします。
 あまり東京では出会いませんが、ホームページも立派ですし(買える店一覧があるのが特に素晴らしい!)、まさに地酒の雄という感じなのでしょう。
 そしてそういうお酒を家飲みできる機会というのは結構限られていると思いますね、通販でもなかなか敢えて選ぶ気になりませんし、それこそ出張・旅行時にでも出会わないと…
 ただ、今回は珍しくふくはら酒店さんの店頭に並んでいたのでセレクトしてみました、ググると日本名門酒会の商品紹介ページが出てきたので、そっち系の流通みたいですね。

 ラベル上は記載が無いのですが、そのページによると使用米はひとごこちのようです、精米歩合は長野らしい59%。
 ピチピチ感が魅力らしいのですが、今回は出荷11月のものを今年の2月に開栓と、ちょっと寝かせてしまいました。


 上立ち香はセメダイン感のある青い果実の香りが控えめに。
 含むと、フレッシュな甘酸味が少々の青い苦味を伴って勢い良く入ってきて、最後までその爽やかな印象を保ったまま、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、皮に近い部分のメロンと言った印象の、甘さほどほどかつ苦味と酸味がしっかりと引き締める、新酒生酒的なやんちゃさと一種のまとまりを兼ね備えたもの。
 後味は、苦味が引き取ってしっかりキレます。

 全体的に青い感じながら苦過ぎない、キリリとフレッシュな新酒生らしいお酒でした。
 何気に面白いのは、グラスの水泡や開栓時のシューの勢いに比べて、飲んだときのガス感が(私は)控えめに感じたことだったりします、この辺りは本当は出荷直後に飲むべきお酒だった気もしますね…
 まあ全体的には、新酒としてわりとよくある系の味わいだったように思えます、十分楽しめるのですが、もうちょっと特徴が欲しい気も。
 ともかく、大雪渓、次はまた別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20180118144828004.jpg  20180118144837118.jpg

名称:大雪渓 特別純米 無濾過生原酒 槽場詰め
精米歩合:59%
使用米:ひとごこち
アルコール度:17%
日本酒度:+4
蔵元情報:大雪渓酒造株式会社
購入価格(税抜):1,429円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月11日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |