FC2ブログ

大正の鶴 落花流水 純米 27BY

家飲み記録 大正の鶴 落花流水 純米 27BY

20190123232122200.jpg  20190123232131595.jpg

 岡山県真庭市のお酒です。
 家飲み経験はあるのですが、ブログでは初登場ですね。
 
 随分前に「福祝」の記事で書いたのですが、2008年のJ-CASTニュースによると、麻生現副総理はこの「大正の鶴」と「福祝」がお気に入り銘柄だったとのこと。
 そこでは「安くてウマい酒」 を「燗」で飲むスタイルということも書いてありました、今ならわかりますが、やっぱり相当酒好きのコメントですよね…
 私はまだまだ基本冷酒生酒派ではありますが、色々なお酒を試していきたいということと、この「落花流水」という商品は初見だったことから今回セレクトしました。

 赤磐産朝日の65%精米、おそらく加水有の一回火入れで、要冷蔵ではないっぽいですね。
 製造年月はH30年3月ですが、H27BYとのことなので、蔵内で2年以上熟成してからの出荷のようです、開栓はさらに間が空いたH30年10月。


 上立ち香は落ち着いたセメダイン香といったスッキリした香りがそこそこに。
 含むと、そこその濃度の引き締まった旨味がスルスルと入ってきて、存在感のある酸味が最初から最後まで引き締め役に回る感じで、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、甘みはそこそこ、酸がしっかり効いた完熟果実的な旨味が中心、結構色々な味は感じるものの、それを雑味と感じさせない力強さがありますね、特に苦味が抑えられてるのがグッド。
 後味は、やはり酸が引き取る形ながら、実に自然に引き上げてくれます。

 とんがったところを抑えた実にバランスの良い、ガンガンイケる系旨辛酒でした。
 食中酒としても良し、単体でも全然満足感がある辺り非常に万能感があります、2年の熟成を感じさせないところも見事。
 いやあ、こういうお酒を飲むと、インパクト派の私は申し訳なくなるんですよね、絶対こっち系が好きな方は多いと思います。
 大正の鶴、やはり間違いなく実力派銘柄であろうと感じた一本でした。

 燗をつけると…、若干乳酸感が出てきましたね、あとは辛さもマシマシ。
 といいつつ口当たりは柔らかいので、ついつい杯が進んでしまう癒し系燗酒という印象でした。

20190123232449042.jpg


名称:大正の鶴 落花流水 純米 27BY
蔵元情報:酒造株式会社
購入価格(税抜):1,403円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 大正の鶴 純米

2019年01月28日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |