夜明け前 にごり酒 なまざけ

本日の家飲み 夜明け前 にごり酒 なまざけ
 
fc2_2014-02-19_18-50-33-175.jpg  fc2_2014-02-19_18-51-14-158.jpg

 再び長野酒、上伊那郡辰野町のお酒です。
 意外と私はあまり飲んだことが無かったような。

 ラベルにはスペックがほぼ書いてないのですが、蔵元ホームページ商品紹介には、わりと詳細な記載があります。
 歩合60%で醸造アルコールのみ添加ということで、普通なら本醸造クラスかな。
 
 穴あき栓のおかげで開栓は楽でしたが、いざ注ごうとすると「おり」がほぼ固まっていて、なかなか混ざってくれません。
 振るのも怖いのでゆっくり混ぜましたが、5分ぐらいかかった気が…、それもまた楽しいのですが。
 注ぐと、これはもう特濃といった感じで濁っています。

fc2_2014-02-19_18-51-53-721.jpg  fc2_2014-02-19_18-52-11-602.jpg

 上立ち香は米と炭酸の臭いがほどほどに。
 含むとどろり濃厚で、半分固まりのような米の液体が、強烈な旨味と酸渋を伴って押し寄せて来ます。
 旨味は強めの米の甘旨味に、かなりのアルコール感と酸渋がめまぐるしく絡みつく芳醇そのものの味わい。
 やっぱりこの粘度(?)は凄いですね、ただ、甘ダレもせず粉っぽさも悪く感じないあたり完成度の高さを感じます。
 後味は流石に粉っぽさが残りますが、アル添らしい刺激でしっかりとキレます。

 甘味と旨味超濃厚のにごり酒ながら、それを見事に引き上げていく力強さを感じるお酒でした。
 含んだあとはちょっと噛まないと飲み下しにくいほどですが、それもまた面白く感じます。
 甘味がちゃんとしているので、こういう濃厚にごりの中ではかなり好きなタイプですね。
 ただ、自分としてはやっぱりこれを純米で造ってほしい気もするなあ…、アル添感はやはりちょっと苦手。
 次は夜明け前の通常スペックを是非飲んでみたいと思いました。

 冷やすと酸渋が少しきつい感じですが、温度が上がってくるとまろやかさが増します。
 これは断然常温がオススメ。
 さらに燗をつけると面白いことに飲みやすくなる気がします。
 うん、旨味も濃厚になりますし、これは良い燗上がりですね。

fc2_2014-02-19_18-51-33-673.jpg

名称:夜明け前 にごり酒 なまざけ
製法情報:生酒
精米歩合:60%
酒米:美山錦
アルコール度:18~19%
酵母:不明
日本酒度:-4
蔵元情報:株式会社小野酒造店(長野県上伊那郡辰野町)
製造年月:2013/12(25BY)
購入価格(税込):1,260円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年02月20日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |