FC2ブログ

多摩自慢 ささにごり「慶」 純米大吟醸生酒

家飲み記録 多摩自慢 ささにごり「慶」 純米大吟醸生酒

20190723130002511.jpg  20190723130011449.jpg

 東京都福生市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 このお酒は聖蹟桜ヶ丘の地酒屋「小山酒店」さんで購入しました。
 同店は関東の地酒マニアならまあ知らない人はいないだろうというレベルの有名店ですね、通称「地酒の聖地」。
 その業績についてはとてもここでは書ききれないので興味があったら各自ググってください…、まさにレジェンド的なお店ということがわかるかと思います。
 実は私は今更の初来訪だったのですが、いやあ人気があるのもわかる素晴らしいお店でしたね、ついまとめ買いしてしまいました。

 さて、今回紹介するのは同店の割と近くにある酒蔵のお酒ですね、地元も重視しているということなのでしょう。
 限定品ながら、現在ちゃんと商品紹介ページがありました、が、あまり詳細スペックは載ってないなあ。
 精米歩合50の生酒で、「ささにごり」とといいつつにごり濃度は僅少ですね。

20190724160050311.jpg

 上立ち香は甘味濃厚なマスカット系果実の香りがそこそこに。
 含むと、割とにぎやかな印象の甘旨酸味がグググッと入ってきて、新酒らしい苦味が尻上がりに強まることで、結構印象はキリリとしたままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、マスカット的な濃厚かつみずみずしい甘酸味が中心にありつつも、ちょっと苦味がキツく感じますね、ただ含み香は抑えられていて飲み疲れない感じもあります。
 後味は苦味の余韻を残しつつ、結構自然に引き上げてくれます。

 心地よくフレッシュな甘旨酸味と、かなりスパルタな苦味がせめぎ合う、実に新酒生原酒らしいお酒でした。
 最初含んだときの甘さの魅力は素晴らしいんですよね~、ただやっぱりちょっと雑味と粗さキツさが強く出ている印象。
 この甘味を保ちつつ上手く洗練する方向で進めてくれると、私としてはまさにストライクゾーンに入る予感がありますね。
 多満自慢、今後により期待を込めたいと思わせてくれた一本でした。

 次回以降、小山酒店さんでのまとめ買い酒を順次紹介していこうと思います。

20190723130021647.jpg  20190723130036043.jpg

名称:多摩自慢 ささにごり「慶」 純米大吟醸生酒
蔵元情報:石川酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:小山商店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年08月17日 東京の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |