基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 雄山錦  28BY

本日の家飲み 基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 雄山錦  28BY

20170726100820130.jpg  20170726100830383.jpg

 佐賀県三養基郡基山町(みやきぐんきやまちょう)のお酒です。
 前回に引き続き、2本飲み比べの2回目になります。

 こちらの蔵元ホームページを見ると、IWC2015の大吟醸・吟醸の部でGOLDメダル受賞というのを割とデカデカと掲載していますね。
 加えて、銘柄名でググった結果、最近始まったらしいフランスでの日本酒コンクール「蔵マスター」の純米大吟醸部門でも、プラチナ賞を受賞しているようです(前回紹介した山田錦の純米吟醸)。
 ちなみに個人的にはこういう受賞歴のアピールはどんどんやるべきだと思っています。
 日本酒蔵は鑑評会金賞ばっかり重視している感がありますが、審査基準がきちんと公開されていてある程度信頼できるコンペなら、バンバン広告のネタに使って主張して欲しいところ。
 まあ少なくともモ○ドよりはましでしょうしね…(個人的にはアレが書いてあるとむしろマイナス評価)

 閑話休題、今回いただくのは雄山錦の50磨き、前回とは単純に米違いと思われます。
 確か製造年月が1月か2月(裏ラベル撮り忘れてしまいました…)で、開けたのが6月なので、これも約半年は生で寝た状態のものになります。

20170726100843573.jpg

 上立ち香はなぜかレーズンパンを彷彿とさせる奥深く甘味を感じる独特な香りがそこそこに。
 含むと、ほどよく熟した印象の濃厚な甘旨味が、これまた落ち着いた感じの酸を伴って自然な口当たりで入ってきて、ゆっくりじんわりと染み込んできます。
 味わいは、とろみを感じさせるほどに濃厚な熟した果実の甘味を中心にしつつ、少々の酸と優しい渋味が奥深さを与える、個性的かつ飲みごたえのあるもの。
 後味は、最後の最後でほんのりと出てくる苦味が受け持ってしっかりとキレますね。

 濃厚な甘旨味と奥深さ、飲み飽きなさを兼ね備えた、極めて完成度の高い芳醇旨酒でした。
 いやあ良いですね、山田錦同様、完全に私のストライクゾーンのお酒です。
 開栓時期的にフレッシュ感が減退した分味乗りしていると思いますが、それがまた良い方向に出てる印象です、ただこうなると新酒時点の味も気になります。
 基峰鶴、今期のマイ大当たり銘柄の一つですね、来期も是非飲みたいと思いました。

 山田錦と雄山錦を飲み比べた感じとしては、甲乙つけがたいとしかいいようがないかな…
 あえていうと、一杯目はまとまりで山田錦、二杯目は複雑さで雄山錦が、より旨く感じた気がします。
 謎なのは雄山錦の方が出荷日付後なのに熟感があるんですよね…、やっぱり日本酒は難しく奥深いなあ。

 (痛恨の裏ラベル撮り忘れ…)

名称:基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 雄山錦  28BY
精米歩合:50%
使用米:雄山錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社基山商店
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店
お気に入り度:8.5/9.0

20170816111611022.jpg
 せっかくなので飲み比べ記念写真。
 基峰鶴は銘柄ごと「お気に入りに追加」!

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年08月19日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦  28BY

本日の家飲み 基峰鶴(きほうつる)  純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦  28BY

20170726100714456.jpg  20170726100724509.jpg

 佐賀県三養基郡基山町(みやきぐんきやまちょう)のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 東京の居酒屋でもあまり見かけない銘柄だと思います、うのかわ酒店さんでの通販時に、新規銘柄チャレンジの一環としてセレクトしました。
 ただ、何となく名前は前から聞いたことがあり、各所の評判を見る限り「これはいけるはず」という印象を持てたので、今回米違いを2本同時発注で飲み比べと洒落こんでみました。
 蔵元ホームページは結構ちゃんとしている感じで、特約店一覧もあるのは素晴らしい!(現状うのかわさんの掲載が間に合ってませんが…)
 地酒激戦区である佐賀県のお酒というのもポイントですね。

 まずは「酒米の王様」たる山田錦使用、それも50磨きという最近流行りのスペック。
 この鶴をモチーフにしたモダンなラベルは、限定流通ものらしいですね。
 製造年月がH28/12で、開栓がH29/6なので、半年ぐらい店頭で生熟したお酒になります。

20170726100758708.jpg
  20170726100746538.jpg

 上立ち香は落ち着いたマスカット的甘みのある香りがそこそこに。
 含むと、まろやかな印象の濃厚な甘味が柔らかい口当たりで入ってきて、最後までその印象のままゆっくりと口中に広がっていきます。
 味わいは、割りと香りの印象通りのマスカット的ふくよかな甘旨味が最初から最後まで主役を演じますね、バニラ的な奥深さもあって非常に飲みごたえがあります。
 後味は、奥に引っ込んでいた苦渋が表に出てきてしっかりとキレます。

 非常にまろやかで優しい、おちついた芳醇な甘旨味をじっくり素直に楽しめる、程よい生熟酒でした。
 酸は弱めで苦渋で引き締めるタイプなので、ちょっと飲み疲れる感はあるかも(多分熟感のせい)。
 ただ、それを補って余りあるほどに甘旨味の魅力が素晴らしい!28BYの山田の50なのに苦味などの嫌な要素が無いのも特筆すべきで、個人的には大好きなタイプです。
 次回はもう一つの基峰鶴をご紹介します。

 熟感については出荷から半年ほど経っているので、まあ参考までに。
 ただ、そのくらいでは露骨にダレたり崩れたりするお酒では無いということはお伝えしておきます。

20170726100808055.jpg

名称:基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦  28BY
精米歩合:50%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社基山商店
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年08月17日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |