FC2ブログ

喜平 純米酒 雄町 静岡蔵

家飲み記録 喜平 純米酒 雄町 静岡蔵

20180109120840788.jpg  20180109120849970.jpg

 静岡県静岡市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 出張時購入酒特集の途中ですが、実は今回は出張時ではなく、旅行時に購入したお酒になります。
 まあ旅行というより親戚筋を訪ねた感じですね、場所は熱海。
 
 「喜平」という銘柄は岡山にもあるようですね、そしてこちらのお酒を醸すのは「静岡平喜(ひらき)酒造」
 静岡なんだか岡山なんだか、喜平(きへい)なんだか平喜(ひらき)なんだか、ちょっとワケが分からなくなってきますが(笑)、蔵元ホームページによると沿革的な理由があるみたいですね。
 源流は岡山と同じながら、静岡平喜酒造自体は平成24年創業と、非常に新しいようです。

 今回いただくのは純米表記ながら、雄町を60%まで削っている立派なスペック。
 「雄町サミット」でも賞を取っていたお酒みたいですね、岡山とのつながりをうまく使っているということなのでしょう。
 ちなみに火入れ有で、7月出荷、11月開栓です(初日は帰りの車内だったり…)。


 上立ち香は落ち着いて若干硬質なリンゴ系の香りがそこそこに。
 含むと、やはり香り通りの印象の、程よく落ち着いた甘旨味が柔らかい口当たりで入ってきて、中程度の旨味の濃度を保ったまま、ゆっくりと流れ込んできます。
 味わいは、いわゆるリンゴ系日本酒の王道を行くような甘旨味が主役、苦味も少々ありますが、火入れ的な落ち着きがある上に香りとのバランスがとてもよく飲み飽きない感じに仕上がっています。
 後味は、苦味が最後まで柔らかく引き取ってキレます。

 芳醇旨口純米酒の王道をいきつつ、古臭さの無いバランス系火入れ酒でした。
 甘味は中程度なのですが、芯があるというか、しっかりした味わいなので飲み足り無さはありませんね。
 といいつつ、私の場合例によってこの「生原酒」が飲んでみたいという気分になってしまいますが、まあこれはもはや業のようなものでしょう…
 喜平、今後も注目していきたいと思いました。
 
 開栓後はちょっと苦味が出てきたような…
 私の体調やシチュエーションのせいかもしれませんが、初日が良かった感じではあります。

20180109120857964.jpg  20180109120906765.jpg

名称:喜平 純米酒 雄町 静岡蔵 
精米歩合:60%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:+3
蔵元情報:静岡平喜酒造株式会社
購入価格(税抜):1,334円/720ml
購入した酒屋さん:石和酒店(熱海)
お気に入り度:8.4/9.0

■おまけ:車内で海をバックに記念写真(逆光気味…)
20180208160323113.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 喜平 純米

2018年02月25日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |