FC2ブログ

和る(waru) あらばしり特別純米 生酒

家飲み記録 和る(waru) あらばしり特別純米 生酒 

20190724160242364.jpg  20190724160252265.jpg

 山口県萩市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、小山商店購入酒の4本目。

 こちらを醸す岡崎酒造場の通常銘柄は「長門峡」、そちらの方が有名ですね。
 ググってもあまり情報が出てこないので、相当数が少ない限定品なんじゃないかと想像します(蔵元ホームページにも情報は無さそう)。
 割とこういう超限定品とかプライベートブランドとかが多いのも小山商店さんの特徴なんじゃないかと思いますね、それでいて定番品もちゃんと揃えてあるところが凄い。
 
 さて今回は精米歩合60の新酒あらばしりです、いかにもフレッシュな感じですが、1月製造4月開栓なので若干生熟コンディションでいただいてます。
 スペック的に特徴的なのは、麹米に山田錦を使いつつ、掛米に山口県の酒米「西都の雫」を使っていることでしょう。
 西都の雫は山口では結構な蔵が使っている印象ですね、ググると五橋の蔵元の解説記事が出てきました、県としてかなり押してそうな印象ですね。

20190724160302099.jpg  20190724160320185.jpg

 上立ち香はまだ残るフレッシュ感と砂糖菓子的な甘さが混じった香りがそこそこに。
 含むと、かなりスッキリとした印象の旨味がスルスルと入ってきて、心地よい酸と程よい渋味が寄り添うことで、最後まで自然な感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、良い感じのセメダイン感と酸味を伴った引き締まった旨味が主役、渋味が若干あるのですが、全体が非常に良いバランスでまとまっていて、ひたすらスルスルと飲める印象。
 後味は、酸味が程よく引き取る形で、自然に引き上げてくれます。

 飲みごたえのある旨味と、自然な酸渋味がいい感じで溶け合う、飲み飽きない系の芳醇旨酸酒でした。。
 これは役割的には万能のお酒ですね~、食中酒としてバッチリですし、単体で飲んでもなかなか飲みごたえがあります。
 そして、杯を重ねるごとに魅力が増すタイプだと思います、ゆるゆると永遠に飲んでいきたいですねえ。
 和る長門峡も含め、また別のスペックも頂いてみたいと思いました。

20190724160328999.jpg  20190724160311123.jpg

名称:和る(waru) あらばしり特別純米 生酒
蔵元情報:有限会社岡崎酒造場
購入した酒屋さん:小山商店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年08月23日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |