FC2ブログ

吾有事(わがうじ) 純米吟醸 中取り生 30BY

家飲み記録 吾有事(わがうじ) 純米吟醸 中取り生 30BY

20191014192058771.jpg  20191014192110854.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 銘柄としては2回目の登場となりますね、同蔵の他銘柄に「奥羽自慢」があります。

 本銘柄は、前回の記事で紹介した通り、20代の醸造責任者と販売責任者によるものらしいです。
 若手の造り手と言えば、新潟の荷札酒・あべ、岩手の赤武などが浮かびますね。
 ベテラン杜氏の安定感のあるお酒とはまた違った、モダンさと個性がある銘柄が多い印象があります。
 個人的にはそういう方向性のお酒が好きなので、積極的に攻めていきたいところ。

 ラベルのスペック情報が貧弱なのは残念ですが、購入したいまでやのページを見ると、山形県産の美山錦を使っているようです、精米歩合は55%。
 2月製造を7月頭に開栓しているので、数ヶ月の生熟期間を経たコンディションになってます。


 上立ち香はバニラ感のある甘くてフレッシュな香りが気持ち強めに。
 含むと、実に濃厚な甘旨味が若干のガス感を伴って力強く入ってきて、一瞬後に出てくる苦味があくまで裏方として働いて輪郭を整えつつ、じわりじわりと染み込んできます。
 味わいは、うーん甘味と奥深さをマシマシのクリームソーダ的な甘味が主役ですね、濃度がかなり高い上に、若干の青さは感じるものの苦味がしっかり抑えられているので、その甘味の魅力をどストレートに楽しませてくれます。
 後味は、やはり苦味が引き取る形で、見事なまでにしっかりキレます。

 個性的かつ存在感のある、バニラ感を纏った甘味が非常に心地よい、良バランスの濃厚フレッシュ甘旨酒でした。
 前にもバニラを感じていたので、おそらく「らしさ」はかなり確立されているのでしょう、それは素晴らしいことだと思います。
 なお、私は甘味に焦点を当てていますが、人によっては引き締まりとキレに魅力を感じると思います、それほどに力強くも良バランス。
 前回(28BY)、今後に期待できる味わいだなあと思ったのですが、これは期待以上でしたね、きっかけがあれば荷札、赤武に追いつき追い越すぐらいの銘柄になるんじゃないかしら。
 吾有事、今後超注目していきたいと思いました。

 ただ、開栓後数日経つと、割と甘味が引っ込んできたかな…
 個人的には早飲み推奨。

20191014192413526.jpg  20191014192403276.jpg

名称:吾有事(わがうじ) 純米吟醸 中取り生 30BY
蔵元情報:奥羽自慢株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:いまでや(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年12月03日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

吾有事 純米吟醸 初絞り生

家飲み記録 吾有事(わがうじ) 純米吟醸 初絞り生

20180110013253086.jpg  20180110013302582.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 初飲み銘柄ですが、同蔵のお酒の紹介は2回目。

 こちらを醸す蔵の従来銘柄は「奥羽自慢」、ブログでは約三年前にうすにごり直汲みを紹介しています。
 その時の印象は良かったので、今回新ブランドとして登場したこちらをセレクトしてみました。
 吾有事で検索すると、はせがわ、いまでや、カネセと錚々たる地酒屋が取り扱っていることがわかりますね。(ちなみに私は秋葉原散歩ついでに鈴木酒販で購入)
 はせがわ酒店のブログには、聞きなれない言葉である銘柄名の由来と、醸造責任者と販売責任者には26歳コンビが就任しているという記載がありました。
 一時期廃業の方針を固めていた同蔵が、ばっちり若返って、首都圏の地酒界で評価されているというのは素敵ですね、支援した楯の川酒造は素晴らしいことをしてくれたのだと思います。

 さて、今回いただくのはその新ブランドのまさに第一弾商品である初絞りです。
 裏ラベルが無く、あまり情報がないのはそういう方針なんですかね…、そこは個人的には印象は良くないです。


 上立ち香はバニラ感のある甘めの香りが控えめに。
 含むと、割りと香りの印象通りの濃厚な甘旨味が柔らかい口当たりで入ってきて、徐々に出てくる苦味と拮抗する感じでバランスを取りつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはりバニラ感のある、酸が抑えめで濃厚な甘さが厳然たる主役を演じている印象、ただ苦味にちょっとキツさを感じますね、それも含めて新酒らしい感じ。
 後味も、若干その苦味を口中に残しつつ引き上げていきます。

 新酒らしい苦味の荒さがありつつも、存在感のある濃厚な甘旨味の魅力が勝る、何というか勢いを感じるお酒でした。
 この甘味は凄く好みですね~、それだけに苦味(28BYのお酒に良くあったやつ)が勿体無い感じ。
 今期の後半で、この辺りをうまいこと調整してきたら、紛うことなき本物かと思います。
 吾有事、奥羽自慢ともども、今後も注目していきたいですね。

20180110013311711.jpg  20180110013320484.jpg

名称:吾有事 純米吟醸 初絞り生
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:奥羽自慢株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:鈴木酒販(神田)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年04月27日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |