FC2ブログ

松乃井 吟醸 なま

家飲み記録 松乃井 吟醸 なま

20191014132133518.jpg  20191014132205149.jpg

 新潟県十日町市のお酒です。
 前回前々回に続いての紹介です、こちらも遠州屋酒店さんで入手。

 こちらのお酒については、遠州屋酒店の店長さんが、「宴会に必ず持っていくお酒」として紹介していました。

 
 一人の酒飲みとして、そういう自分の中での勝負酒というか、他の人に是非飲ませたいお酒が有るっていうのは素晴らしいと思いますね。
 私の場合は花陽浴・風の森・桃の里のどれかかなあと思うのですが、割と保存に気を使う銘柄なのが中々難しいんですよねえ…

 閑話休題、スペックについては…、あまり記載有りませんね、アル添有りの生。
 ただ、精米歩合50%で大吟醸を名乗っていないのは一つのポイントでしょう、軽々しく大吟醸を名乗らないスタンスって感じですね。
 青瓶ですが、口付近を見る限り、薄青瓶問題とは関係ない瓶ですね。

20191014132250554.jpg  20191014132219252.jpg

 上立ち香は程よく熟した感じの果実的香りが仄かに。
 含むと、やはり落ち着いた、存在感の濃い旨味が、アルコールの辛さもあって極めて高密度に凝縮された感じで、ジワジワキリリと染み込んできます。
 味わいは、うーん実にまとまりのある玄人好みの印象の落ち着いた旨渋味が中心にありますね、アルコールの辛さはかなり強いのですがバランスを崩すこと無く、全体として自然にどんどん飲めてしまいます。
 後味は、辛さがバッチリと、しかしなぜかキツさが抑えられつつ、素晴らしくキレます。

 伝統を感じるような落ち着いた旨味と、アルコール由来の辛さをガッツリ感じさせつつ、古臭さを感じさせない良バランス旨辛酒でした。
 これまたアル添否定派に飲んでみて欲しいですね、アル添を感じさせないのではなく、その良さ・意義をストレートに感じさせてくれるお酒だと思います。
 甘さが少ないのは個人的には寂しいですが、そういう系でないので納得感はあります。
 ただ、今の私なら楽しめますが、正直やっぱこの刺激は嫌いな人もいるでしょうね…、まあ慣れと好みでしょう。
 このあたり、個人的には飲めた方が選択肢は広がるとは思いますが、無理に飲むことはないだろうというスタンスです。
 松乃井は、色々と日本酒のイメージを広げさせてくれました。

■紹介:「きたろーの酒ノート」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://sakenotes.hatenablog.jp/entry/2017/08/03/221900

20191014132229661.jpg  20191014132240400.jpg

名称:松乃井 吟醸 なま
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(横浜)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月05日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

松の井 吟醸 火入れ

家飲み記録 松乃井 吟醸 (2017年10月製造)

20191014132301898.jpg  20191014132331480.jpg

新潟県十日町市のお酒です。
同蔵のお酒は家飲み経験有りですが同銘柄は初めて、こちらも遠州屋酒店さんで買えるお酒です。

遠州屋酒店さんの素敵なところその③として、「製造年月が古い掘り出し物のお酒がある」ということがあると思います。
一般的な食料品の感覚では、古いものは悪いものというふうに考えがちだと思いますが、日本酒に関しては、場合によってはワイン的な感覚で、熟成によってより旨くなるということがザラにあるわけです。
ただ、蔵元での管理された熟成と違い、例えばスーパーでの売れ残り酒なんかはだと、管理状態が悪い・または酒質が熟成に向かない等の理由で、単に「老ね」て嫌な匂いが出てくることも多いんですよね。
しかし、遠州屋酒店さんでの取り扱い銘柄は基本的に酒質が「強い」熟成に向くお酒が多いので、割と安心して買えるというのは非常に大きいと思います。

今回いただくのは約1年半前に製造されたものですね、使用米は山田錦の50%精米、アルコール添加有になってます。
火入れということもあり、熟成的にはまだまだ序の口といったところでしょうか。

20191014132341781.jpg  20191014132352379.jpg

上立ち香は実に落ち着いた、果実っぽくも甘さが抑えられた香りが控えめに。
含むと、やはり落ち着いた印象の存在感のある旨味が実に自然な口当たりで入ってきて、火入れ的な含み香を伴いつつも、最後までまとまりを保ったまま染み込んできます。
味わいは、実に柔らかい砂糖菓子のような甘味を纏った、しかしお米を感じる旨味が中心、苦渋もしっかり存在するのですが不思議な程に裏方に徹している印象、アルコール的辛さも浮かずに一体となっている感じですね。
後味は、アルコール的辛さが受け持ちつつも、実に自然な感じで引き上げます。

落ち着いた柔らかい完熟系の旨味を、辛さが最小限の役割を果たして引き上げる、アル添の良さを感じられるお酒でした。
飲み始めに火入れっぽい香りが伴うのが私には若干マイナスではあります、ただそれ以外の部分は素晴らしいバランス。
実際飲みごたえがあるのにどんどん飲めるんですよ、これはやっぱりアル添の利点が最大限に発揮されているように思えますね。
実は松乃井は3スペックほどまとめて入手したので続けてご紹介します。

20191014132403173.jpg

紹介:「きたろーの酒ノート」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://sakenotes.hatenablog.jp/entry/2017/11/02/214941

名称:松乃井 吟醸 (2017年10月製造)
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(横浜)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 松乃井 吟醸

2019年10月30日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

神泉(しんせん) 吟醸 ひやおろし 無濾過原酒

家飲み記録 神泉(しんせん) 吟醸 ひやおろし 無濾過原酒

20190205103154217.jpg  20190205103204249.jpg

 石川県小松市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 今回からまた出張時購入酒に戻ります、こちらは金沢出張の際のもの。
 実はこの出張で一番印象に残ったのは、駅近くの「酒酔 醍醐」というお店での外飲みでした(珍しく出張時にバカスカ飲んでしまった)、その様子は記事下部に写真載せておきます。
 さて、この銘柄は完全初見です、ただ蔵元ホームページは内容、更新頻度ともに凄く充実していて情報は手に入りやすいですね。
 取扱い店一覧を見ると、一部の例外を除いてほぼ全部県内消費のようです。

 いわゆるひやおろしということで、生詰(一回火入れ)、精米歩合60、アル添有となっています。
 正直普通では選ばないスペックですが、未飲銘柄ということでセレクトしてしまいました(あまり良くないことですね…)。

20190205103221556.jpg

 上立香はちょっとケミカル感と草感のある香りが控えめに。
 含むと、割と押しの強い印象の個性的な旨味がグググッと入ってきて、ほんのりとした苦味と絡み合いつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、結構濃い目ながらも甘さは皆無、渋味と草感で何となく紅茶を彷彿とさせる感じですね、若干ケミカル感もあって、なかなか複雑な感じになっています。
 後味は、苦渋が引き取って力強くキレます。

 独特の引き締まりを感じる、濃厚かつ謎の飲み飽き無さがある、渋苦旨味酒でした。
 特にケミカル感と草感が面白いですね、酸で切るのとはまた違うキレがあると思います。
 これはなんというか、単体で飲むお酒ではない感じがしますね、この個性にペアリングする料理を探すべきなのかも。
 神泉、次機会があれば絶対に生をいただこうと思いました。

20190205103239643.jpg  20190205103230913.jpg

名称:神泉(しんせん) 吟醸 ひやおろし 無濾過原酒
蔵元情報:東酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:金丸酒店(金沢)
お気に入り度:8.2/9.0

■おまけギャラリー:「酒酔 醍醐」さんで撮影させてもらった写真(飲んでないのも多いです)

20190215142042029.jpg

20190215142206545.jpg

20190215142056944.jpg  20190215142132886.jpg

20190215142141343.jpg

20190215142107222.jpg

20190215142216789.jpg

20190215142150026.jpg  20190215142224869.jpg

20190215142246881.jpg

20190215142236543.jpg  20190215142309749.jpg

20190215142300013.jpg  20190215142320370.jpg

20190215142330258.jpg  20190215142339909.jpg

20190215142350117.jpg

 改めてみるとヤバいですね…、まあほとんど(特に高級酒)は記念写真ですが。(無二なんて飲めるわけないし)
 カウンター席で店員さんと日本酒談義ですっかり盛り上がってしまいました、素晴らしく、素敵なお店だと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 神泉 吟醸

2019年03月02日 石川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

黒龍 吟醸原酒 「氷室オリジナル」

家飲み記録 黒龍 吟醸原酒 「氷室オリジナル」

20180109130627711.jpg  20180109130637022.jpg

 福井県吉田郡永平寺町のお酒です。
 外飲み家飲みで結構な回数を飲んでおりますが、個別記事はなんとまだ二本目でした。
 
 このお酒は文京区千駄木の「伊勢五本店」さんのオリジナル商品のようです、天下の黒龍でこんなお酒を出せるのだから、蔵元との繋がりの深さを感じますね。
 実は以前に生原酒バージョンが出ていたようなのですが、その時は高速完売状態で買い逃してしまい、今回の火入れバージョンを待つこととなりました。
 ちなみに、生原酒については「しーたかの日本酒アーカイブ」さんが以前に記事にされています(「氷室」についての解説もあるので、興味があれば是非ご訪問を)。
 そちらではちょっと保存状態に難があったようで…、今回火入れになったのもそのあたりの事情があるんでしょうか。

 スペックは五百万石を55%まで磨いたアル添吟醸酒ということで、ここだけみると「いっちょらい」と同様の様です。
 ただ、原酒ですし、他にも違うところはあるんでしょうね、いっちょらいと比べるとお値段もお高め。 

 
 上立ち香は落ち着いた、しかし濃厚でクリーム感のあるお米っぽい香りがそこそこに。
 含むと、ガッツリと辛さ苦さを伴った極めて引き締まった旨味がグッと入り込んできて、最後までその印象を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、うーんメロンというよりはその皮を食べているような苦味と渋味、そしてアルコール的辛さが相まって非常にスパルタな感じがあります、ただバランスが崩れている感じはあまりないですね。
 後味は苦辛がガッツリ引き取ってキレます。

 細めの旨味に青さ苦さ辛さが絡みつく、引き締まりとキレに特化したようなインパクトのあるお酒でした。
 全体的にこのお酒はこういう風に作られたんだなあという納得感はありますね、ただ、コスパも含め個人的にはちょっとあまり魅力を感じませんでした。
 不遜にも言ってしまいますと、大黒龍が限定販売と銘打ってこの値段で売り出すには、ちょっとお粗末な完成度だなあと思ったというのが正直なところです、「良コスパ」かつ「落ち着きとまとまり」が魅力的ないつもの味を知っているだけに…
 何となく消化不良だったこともあり、黒龍については今期生酒もキープしました、いつかご紹介できるかと。

 開栓後は、開栓直後よりはキツさが和らいできたかな…、でもやっぱりスパルタは変わらず。
 ちょっと店頭売りを意識すぎて、引き締まりを重視しすぎた感があるお酒のような気がします。

20180109130645521.jpg

紹介:「しーたかの日本酒アーカイブ」さんの類似スペック(生原酒)の記事
http://sakearchive.hatenablog.jp/entry/Kokuryuu-himuro-namagen

名称:黒龍 吟醸原酒 「氷室オリジナル」
精米歩合:55%
酒米:五百万石
アルコール度:18.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:黒龍酒造株式会社
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 黒龍 吟醸

2018年03月17日 福井の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

里の花 吟醸 無濾過生原酒 中取り 25BY

本日の家飲み 里の花 吟醸 無濾過生原酒 中取り 25BY

20161212101528234.jpg
 (なぜか今回写真撮り忘れ多し…)

 和歌山県有田郡有田川町のお酒です。
 銘柄的には初飲みですが、同蔵のお酒は経験あり(詳しくは後述)。

 こちらを醸す「高垣酒造」は、当ブログでも紹介したことのある「龍神丸」を醸している蔵元です。
 同蔵は「もやしもん」登場で脚光を浴びた直後、8代目杜氏の高垣淳一氏が若くして急逝、その後奥様である任世様が蔵入りして酒造りを継ぐという、まさに激動の数年を経験されています。
 単なる一酒飲みとしては「大変な苦労の中、よくぞ酒造りを続けてくれました…」という想いが強いですね。
 だからというわけではないのですが、今回同蔵のお酒を三本ほどまとめ買いしましたので、続けて紹介したいと思います。

 今回いただくのは、恐らく地元銘柄だと思われる「里の花」の吟醸酒で、約3年の生熟成を経たものになります。
 私にしては珍しくアル添吟醸を買ってみました、どこかで「アル添のお酒は熟成するとアルコールが浮きがちであまりよろしくない」みたいな意見を見たことがあるので、その確認も兼ねております。
 ちなみに同蔵の生熟酒としては前杜氏作の「喜楽里」というお酒を外飲みして、良い意味で衝撃を受けたのも記憶残っていますね。
 (しかし、この蔵も銘柄名が多いんですよね…、使い分けも良く分からないし、正直混乱します。「紀ノ酒」なんてサケコンペで受賞もしてるのに、蔵と結びつけられる人がどれだけいるやら… ブランド的にとても勿体無いと思うなあ。)
 

 上立ち香は意外にもそこそこ熟感があるくらいの香りが仄かに。
 含むと、やはり熟しきった感じの複雑な甘旨味が、唾液腺を刺激する酸味とともにドドドと入ってきて、最後まで濃度を保ちつつ染みこんできます。
 味わいはまさに完熟果実(干しレーズン的?)の旨味が真ん中にあり、そこに強めの酸味と、落ち着いた甘味、ほんのりとした苦味が絡みつくことで、奥深い世界を形作っています。
 後味は若干の苦味を口中に残しつつも、酸味と相まってしっかりとキレます。

 生熟成の複雑な味わいの魅力を、じっくりと伝えてくれる芳醇旨酒でした。
 やっぱりこちらの蔵のお酒は熟成に向く酒質なんでしょうね、龍神丸以外でもそれは変わらないようです。
 アル添熟成ではありますが、アルコールが浮いている感じはそんなにはしなかったですね、むしろ基本純米派の私でも全然違和感無くいただくことができました。
 次回は同蔵の龍神丸をご紹介する予定です。

20161212101536776.jpg  20161212101544246.jpg

名称:里の花 吟醸 無濾過生原酒 中取り 25BY
精米歩合:不明(メモ忘れ)
使用米:不明
アルコール度:不明(メモ忘れ)
日本酒度:不明
蔵元情報:高垣酒造株式会社
購入価格(税抜):セット販売/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 里の花 吟醸

2017年01月08日 和歌山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

射美 吟醸酒 袋吊無濾過生貯蔵 25BY

本日の家飲み 射美 吟醸酒 袋吊無濾過生貯蔵 25BY

1413854438736.jpg  1413854450973.jpg

 岐阜県揖斐郡大野町のお酒です。
 私のマイ殿堂入り銘柄の一つ。

 実はこのお酒、今年の夏に飲んでいたのですが、ラベルの写真なくしたりと個人的トラブルで公開が遅れました…。
 情報が古いのと裏ラベルの写真が見にくいのをご了承ください。

 で、実はこのお酒その裏ラベルに聞き捨てならないことが書いてあります。
 そのまま引用すると「従来の射美とは違った夏にあった味をイメージしました、が、上手くいきませんでした。すいません。」とのこと。
 いやあ、ここまではっきり失敗作って書いてしまうのはある意味凄いですね。
 いかがなものかとも思いますが、まあ巨匠陶芸家のごとく気に入らないから捨てるわけにもいかないでしょうし、よく考えるとなかなか潔いというべきか。

 これだけ書いていても、今の「射美」ブランドなら売れるでしょう、私も逆に味わいが気になって買ってしまいました。
 当ブログには珍しくアル添の吟醸酒です。

1413854470268.jpg

 上立ち香はいつもの射美らしい独特の米の甘さを感じる香りですが、気持ちアルコール強めな感じで、そこそこに。
 含むと、射美好きからすると「ん?」と思うようなクセのある甘旨味が、アルコール感と拮抗しつつ突き刺さってきます。
 旨味は、いつもの上品な甘味を薬臭いクセとアルコールが苛め倒す感じ。
 といいつつ、甘味はやはり魅力的だし、アルコールによるスッキリ感もなかなか。
 後味はアル添らしく、キツくキレます。

 射美らしい甘味が、夏酒指向によって苛められてしまったような印象のお酒でした。
 なんというか、初期の射美のようなこなれていない薬臭さのようなクセが強かったです。
 しかし、目指す方向性は凄くわかるんですよね…、アルコールっぽいキレとか。
 来年の射美のこのスペックに、強く期待をかけたいと思います(買えればですけど…)

1419234879180.jpg

名称:射美 吟醸酒 袋吊無濾過生貯蔵 25BY
精米歩合:50%
酒米:揖斐の誉「S7」
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社
購入価格(税抜):1,425円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 射美 吟醸

2015年01月10日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒

本日の家飲み 千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒

fc2_2014-05-24_21-53-44-665.jpg  fc2_2014-05-24_21-54-11-860.jpg

 愛媛県喜多郡内子町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め確か初めて。

 このお酒は用事があって行った西武池袋本店でやっていた試飲販売会にて、試飲の上購入しました。
 東京の百貨店の試飲販売には、意外に実力派小規模蔵が来ていたりしてなかなか面白いのです。
 少し貧乏くさい話ですが、高価格帯のお酒は試飲だけでもお得感がありますし…。

 こちらは試飲会限定ラベル(同スペックの通常銘柄もあるらしい)とのことで、黒猫が可愛らしい感じの雰囲気ですね。
 スペック的には、個人的には珍しくアル添ありの吟醸クラスです。
 今回何種類かを飲み比べて決めたのですが、夏酒のわりにしっかりとした味わいが印象的でした。
 まあやはり一杯だけでは何とも言えないので、じっくりと腰を据えていただきます。

fc2_2014-05-24_21-53-22-479.jpg fc2_2014-07-02_01-38-49-328.jpg

 上立ち香は清涼感のある、クセのないセメダイン系の香りが強めに。
 含むと、キリッとした鋭角的な旨味が強烈に入ってきて、強めのアルコール感とともにジリジリと広がります。
 旨味自体は濃厚でしっかりとした甘さもあり、それでいて雑味も少ないまとまりを感じさせるもの。
 後味は、しっかりとアルコールの辛さでキレます。

 夏酒の概念を覆すような、濃厚な旨味を力強いアルコールのキレで引き上げる、キリリとしたお酒でした。
 旨味はむしろ上品なほどに綺麗なのですが、とにかくアル添原酒らしい、ある種のキツさがあるお酒だと思います。
 ただ私、これなら嫌いじゃないですね、本醸造クラスよりは上品さがありますし、加水で旨味が薄まった感じの夏酒より断然好みです。
 純米派ではありますが、こういうアルコールの使い方ならありかもと思いました。
 千代の亀、ウォッチング対象に加えたいと思います。

fc2_2014-07-02_01-38-29-563.jpg

(追記)アップしてから気づいたのですが、実は千代の亀は初飲みではなく半年前にひやおろしを頂いたばかりでした(汗)
 しかも試飲販売で購入しているのも同じですし…、う~ん飲み過ぎで若年性健忘症になってしまったのかしら。
 自戒のために今回の記事は書き直さないでおきます…。
 でも、試飲販売で同じ銘柄をセレクトするあたり、脳よりも舌が覚えていたのかも。

名称:千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒
製法情報:生原酒
精米歩合:55%
酒米:松山三井
アルコール度:18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:千代の亀酒造株式会社(愛媛県喜多郡内子町)
製造年月:2014/4(25BY)
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 千代の亀 吟醸

2014年07月03日 愛媛の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |