千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒

本日の家飲み 千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒

fc2_2014-05-24_21-53-44-665.jpg  fc2_2014-05-24_21-54-11-860.jpg

 愛媛県喜多郡内子町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め確か初めて。

 このお酒は用事があって行った西武池袋本店でやっていた試飲販売会にて、試飲の上購入しました。
 東京の百貨店の試飲販売には、意外に実力派小規模蔵が来ていたりしてなかなか面白いのです。
 少し貧乏くさい話ですが、高価格帯のお酒は試飲だけでもお得感がありますし…。

 こちらは試飲会限定ラベル(同スペックの通常銘柄もあるらしい)とのことで、黒猫が可愛らしい感じの雰囲気ですね。
 スペック的には、個人的には珍しくアル添ありの吟醸クラスです。
 今回何種類かを飲み比べて決めたのですが、夏酒のわりにしっかりとした味わいが印象的でした。
 まあやはり一杯だけでは何とも言えないので、じっくりと腰を据えていただきます。

fc2_2014-05-24_21-53-22-479.jpg fc2_2014-07-02_01-38-49-328.jpg

 上立ち香は清涼感のある、クセのないセメダイン系の香りが強めに。
 含むと、キリッとした鋭角的な旨味が強烈に入ってきて、強めのアルコール感とともにジリジリと広がります。
 旨味自体は濃厚でしっかりとした甘さもあり、それでいて雑味も少ないまとまりを感じさせるもの。
 後味は、しっかりとアルコールの辛さでキレます。

 夏酒の概念を覆すような、濃厚な旨味を力強いアルコールのキレで引き上げる、キリリとしたお酒でした。
 旨味はむしろ上品なほどに綺麗なのですが、とにかくアル添原酒らしい、ある種のキツさがあるお酒だと思います。
 ただ私、これなら嫌いじゃないですね、本醸造クラスよりは上品さがありますし、加水で旨味が薄まった感じの夏酒より断然好みです。
 純米派ではありますが、こういうアルコールの使い方ならありかもと思いました。
 千代の亀、ウォッチング対象に加えたいと思います。

fc2_2014-07-02_01-38-29-563.jpg

(追記)アップしてから気づいたのですが、実は千代の亀は初飲みではなく半年前にひやおろしを頂いたばかりでした(汗)
 しかも試飲販売で購入しているのも同じですし…、う~ん飲み過ぎで若年性健忘症になってしまったのかしら。
 自戒のために今回の記事は書き直さないでおきます…。
 でも、試飲販売で同じ銘柄をセレクトするあたり、脳よりも舌が覚えていたのかも。

名称:千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒
製法情報:生原酒
精米歩合:55%
酒米:松山三井
アルコール度:18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:千代の亀酒造株式会社(愛媛県喜多郡内子町)
製造年月:2014/4(25BY)
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 千代の亀 吟醸

2014年07月03日 愛媛の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

千代の亀 純米吟醸 ひやおろし

本日の家飲み 千代の亀 純米吟醸 ひやおろし

fc2_2013-11-22_02-41-46-821.jpg  fc2_2013-11-22_02-42-19-888.jpg

 愛媛県喜多郡内子町のお酒です。
 私は今回店頭で初めて知りました。

 初めて知ったお酒をなぜ買ったかというと、何のことは無くデパートの試飲コーナーにあったからです。
 このデパートの試飲コーナーというのは、個人的には日本酒ビギナーに非常にオススメな場所だったりします。
 実際の味にまさる情報はありませんし、地方から東京まで営業に来ている酒蔵さんはやはり意欲があると思いますので…。
 といいつつも、限定品などの掘り出しものについては圧倒的に地酒屋さんの方が有利なので、使い分けが重要ですね。

 閑話休題、今回頂くのは試飲でいろいろとスペックを試した時に一番印象が良かったひやおろしです。
 昨今の常識に従い、使用米(松山三井)をちゃんと記載しているのは好印象。

 上立ち香は熟した甘い感じとアルコールの香りが控えめに。
 含むと、少し熟した感じのバランスの良い旨味が、じわじわと染みこんできます。
 旨味は甘味ほどほどで、熟成感もまあまあ、さらに雑味が少ない感じでクセがないです。
 また、その旨味にこれまたほどほどの辛さが取り付いて、全体としては引き締まった印象。
 後味はその辛さでキリッとキレます。

 良い意味で「中庸」を体現したような旨辛酒でした。
 インパクトは少し薄いですが、飲み飽きない食中酒といった趣です。
 古臭い感じはないのですが、これなら伝統的な辛口派にも勧められるんじゃないかな。
 個人的には、次は生も頂いてみたいと思いました。

 燗をつけると、甘味と辛さが引き立ちます。
 個人的にはこちらも好きです、これからの季節には良いですね。

fc2_2013-11-22_02-42-45-394.jpg  fc2_2013-11-22_02-43-13-598.jpg

名称:千代の亀 純米吟醸 ひやおろし
製法情報:生詰
精米歩合:55%
酒米:松山三井
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:千代の亀酒造株式会社(愛媛県喜多郡内子町)
製造年月:2013/11(24BY)
購入価格(税込)1,601円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年12月08日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |