十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒

家飲み記録 十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒

20180312152740286.jpg  20180312152748809.jpg

 長野県木曽郡木祖村のお酒です。
 当ブログでの登場は意外にもまだ2回目ですね、にごり酒特集の7本目。

 銘柄的には3年振りの登場になりますね、外飲みでは結構やっているはずですが、家飲みとなると長野酒はライバルが多過ぎてなかなか機会が…
 といいつつ、このスノーウーマンについては、去年のにごり特集でちらと触れたぐらいに頭には残っていて、実は今期は何が何でも家飲みしようと、出てくる時期を待ち構えていました。
 ちなみにそういう時は酒屋さんに入荷問い合わせぐらいはしますね、そういう労を厭っていては欲しいお酒との出会いを確実にすることはできないのです…

 スペック的には地元産ひとごこちの精米歩合55と、長野のコスパ酒として鉄板って感じですね。
 スノーウーマン要素として、肩の部分に可愛らしい雪だるまシールが貼ってあります、ただ昨今の日本酒業界としてはふざけ方が大人しいかな(笑)
 製造・出荷年月明記は嬉しいですね、両方とも12月で、開栓したのは1月。

20180312152758941.jpg  20180312152815912.jpg

 上立ち香はガス系にごりによくある、セメダイン系のスッキリしたお米の香りがそこそこに。
 含むと、しっかりとした旨味が強めのガスを伴いシュワシュワと入ってきて、そこそこの酸と苦味でしっかりと引き締まりつつ、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、濃い目のおり由来のお米の旨味が中心にあり、甘味はまさに米を噛んだときに少しづつ出て来る感じの、控えめながらしっかりと寄り添ってくれる心地の良いもの。
 後味は酸が引き取ってスッキリキレますね。

 全体的なバランスが非常に高く、マイナス面をほとんど感じさせない、芳醇旨口にごり酒でした。
 一口目より二口目の方が、なんとなく甘味が感じられて、苦味も口に馴染んできますね、完成度の高さの証左かと思います。(逆のお酒も多い)
 本当、全体的にカチっとしているというか、強度が高いんですよ、それでいて甘旨もバッチリ楽しめるというのが素敵。
 十六代九郎右衛門、今後も注目していこうと思いました。

 で、ある意味想定通り、開栓後がまた強いです、当然ガスは少しづつ抜けていきますが、全くダレませんね。
 こういうお酒が冷蔵庫にあると心強いです、冬のにごりとして鉄板のセレクトになり得るかと。

20180312152807470.jpg

紹介:「日本酒と競馬ブログ」さんの同スペックの記事
http://pitarosake.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

名称:十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒
精米歩合:55%
酒米:ひとごこち
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社湯川酒造店
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年04月14日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

十六代九郎右衛門 純米吟醸 ひとごこち 無濾過生原酒

本日の家飲み 十六代九郎右衛門 純米吟醸 ひとごこち 無濾過生原酒

20150112140603384.jpg  20150112140619087.jpg

 長野県木曽郡木祖村のお酒です。
 外では何度もいただいていますが、家飲みは確か初めて。

 「あなたはどこのお酒が好きですか?」と聞かれたら皆さんはどこのお酒と答えるでしょうか。
 私は「一概にいうのは難しいけども、あえていうなら長野酒が一番好き」と答えます。
 「大長野酒まつり」の影響も大きいのですが、それくらいに長野酒の芳醇甘旨傾向は私の好みに合うのです。

 そういうわけでこのブログでも今現在長野酒が掲載最多数なのですが、それでもまだ家飲みできていない銘柄は多々あります。(豊香、くろさわ、今錦、本金などなど…)
 十六代九郎右衛門もその一つでしたが、今回新酒をいきつけの酒屋さんで見かけ、ようやくの購入となりました。
 こちらは長野産ひとごこちを長野D酵母で醸した、裏ラベル曰く「薫り高い鉄板長野スペック」、それも私好みの新酒の無濾過生原酒です。


 上立ち香はスッキリフルーティーな香りが仄かに。
 含むと、フレッシュで高濃度の甘旨味が力強く入ってきて、そのまま素直に染みこんできます。
 旨味はフルーティー系の無濾過生原酒らしい甘味主役で若干の酸味がそこに寄り添う、蜜たっぷりの柑橘系果実様の味わい。
 後味は少々の甘味を残しつつ、最低限の苦味でキレます。

 うっとりとしてしまうような心地良い甘味が魅力の、芳醇甘旨酒でした。
 上立ち香控えめで、含み香と甘旨味が強めという、確かに長野酒らしい感じだったと思います。
 その分ちょっとキレが悪いと思う人も居るかも…、でも私としては凄く好み。
 十六代九郎右衛門、今後もウォッチしていきたいと思います。

20150112140631941.jpg

名称:十六代九郎右衛門 純米吟醸 ひとごこち 無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:ひとごこち
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社湯川酒造店
購入価格(税抜):1,450円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年02月17日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |