北の錦 「北斗随想」 純米吟醸 28BY

家飲み記録 北の錦 「北斗随想」 純米吟醸 28BY

20171227150807990.jpg  20171227150816973.jpg

 北海道夕張郡栗山町のお酒です。
 北海道出張での購入酒、全3本のうち1本目。

 以前冬花火の記事でも書きましたが、このお酒は私が以前から狙っていた、北の錦の特約店限定ブランドになります。
 これ系のお酒には珍しく、蔵元ホームページに商品紹介および買える店がちゃんと掲載されていたので(素晴らしい!)、一覧にあった「酒舗七蔵」さんまで、帰りの飛行機の時間が迫る中バスに乗って訪問して購入してきました。
 実際同店にはこのお酒以外にも色々と楽しいお酒がありましたので行ってよかったですね、出張時酒屋巡りの醍醐味です。

 スペックは北海道産酒米の吟風を45%とかなり磨いた高精白純米大吟醸ですがお値段は良心的、見た目的にもなかなかのオーラがありますね。
 ただ、残念なことに火入れしかありませんでした…、出張時期がもうちょっと後なら新酒生酒も出ていたかもしれないのですが。
 28BYの11月開栓なので、結構熟成期間を経ています。

20171227150847372.jpg  20171227150912413.jpg

 上立ち香はカラメル感のある熟成香がそこそこに。
含むと、やはりガッツリ熟成香を纏った旨味がググっと入ってきて、ほんのりとした渋味を感じさせつつ、最後まで旨味を主役にしたままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、カラメル的熟成感と少々草的な青渋さがせめぎ合う感じの旨味がメイン…というか、割りとそれが最初から最後まで続きますね、変な苦味等の雑味が無いので素直に楽しめます。
 後味は、そこに少々辛さも加わって、しっかりとキレます。

 しっかり熟成しつつも、独特の青さもあり、なにより高精白的な旨味の純度が魅力的な、ありそうでなさそうな面白いお酒でした。
 私にとってはちょっと甘味が足りない感はありますが、それがもともとなのか、発酵が進んだ結果なのかは気になる所です。
 いやあ、ワンパターンで恐縮ですが、こういうお酒を飲むと、生が、生が飲みたくなります…、少なくとも特約店限定銘柄については生(生熟含む)を増やして欲しいと、私は何度でも言ってしまいますね…
 北斗随想、次いただくときは必ず生をセレクトしようと改めて思いました。

20171227150825788.jpg  20171227150834240.jpg

名称:北の錦 「北斗随想」 純米吟醸 28BY
精米歩合:45%
使用米:吟風
アルコール度:16%
日本酒度:-1
蔵元情報:小林酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:酒舗七蔵(札幌)
お気に入り度:8.3/9.0

■おまけ:「酒舗七蔵」さん店舗外観
20180205192207611.jpg

20180205192220161.jpg

夜の地酒屋さんはオーラがありますね~、入る前からテンションが上がります。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年02月19日 北海道の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

北の錦 純米大吟醸 冬花火

本日の家飲み 北の錦 純米大吟醸 冬花火

20170116134518439.jpg  20170116134528801.jpg

 北海道夕張郡栗山町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、出張酒連載も6本目、折り返し地点となりました。

 こちらのお酒は札幌出張の際、すすきのにある「ヤマショウ酒店」さんで購入したお酒です。
 ちなみに出張帰りに寄る酒屋さんについては前日までにネットで入念に情報収集し、取り扱い銘柄と店舗所在地を勘案して候補をピックアップし、時間が許せば下見をした上で来店することにしています。
 まあそこまでネットリと準備すればお店的に外すことはほぼ無いですね、後は時間および荷物的にどこまで粘るかが勝負になります。(何と戦っているのか…)
 
 閑話休題、今回購入したのは北海道では有名、かつ東京ではあまり見ない「北の錦」の限定純米大吟醸になります。
 現地でしか基本手に入らないお酒(通販除く)である上、地元産吟風使用というスペックもあって、みやげ酒に相応しいと思いセレクトしました。(生酒派の私としては、同蔵の同じく限定品「北斗随想」を狙っていたのですが見当たりませんでした…)

 「冬花火」というネーミングの由来は裏ラベルにあります、白地をうまく使った中々に洒落たデザインかと。
 (恐らく)加水あり、火入れの純米大吟醸ですね。

20170116134539391.jpg  20170116134548285.jpg

 上立ち香は落ち着いたアルコールの香りがそこそこに。
 含むと、程よく熟した甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、アルコールの辛さを若干感じさせつつじんわりと染み込んできます。
 味わいは、若干伝統的な落ち着きを感じさせるマスカット的な甘酸の旨味が主役、兎にも角にも全体のバランスが良くて、しっかりと旨味を感じさせつつキレがバツグンですね。
 後味は辛さを口中に残しつつ、自然かつしっかりとキレます。

 ありがちな香り系大吟醸とは一線を画した、落ち着いてキレの良い旨味が魅力のお酒でした。
 生酒好みの私が、このスペックでこれだけ楽しく飲めるということに、このお酒の完成度の高さをしみじみと感じましたね。
 いやあやっぱり地方大手の限定酒って安定感ありますね…、厳しい状況下で生き残ってきた実力は伊達ではないということなのでしょう。
 北の錦、いつか北斗随想の方も是非いただいてみたいと改めて思いました。

20170116134615896.jpg  20170116134606730.jpg

名称:北の錦 純米大吟醸 冬花火
精米歩合:50%
使用米:吟風
アルコール度:16.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:小林酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:ヤマショウ酒店(札幌)
お気に入り度:8.3/9.0

・おまけ:すすきので撮った雪ミク電車2017ギャラリー
20170116103656935.jpg

20170116103743420.jpg
 時間の関係で乗れなかったのは残念無念…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年01月24日 北海道の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |