FC2ブログ

勝山 「縁」 純米吟醸 限定本生酒

家飲み記録 勝山 「縁」 純米吟醸 限定本生酒

20201130130624664.jpg  20201130130631533.jpg

 宮城県仙台市のお酒です。

 この「縁」は勝山のラインナップの中では一番お安いものですね、当ブログでも一度通常品(火入れ)をご紹介しています。
 今回こちらをセレクトした理由は、最近いただいた同蔵の別ブランド「戦勝政宗」の令和元年初搾り生酒が無茶苦茶旨かったからですね、あれは衝撃的でした。
 その記事でも書きましたが、勝山の「生酒」って本当に少ないっぽいんですよね、今回はたまたま池袋西武に蔵元が生酒を持ってくるという情報を事前にゲットしたので買いに走りました。

 スペックで特徴的なのはやっぱり「ひとめぼれ」を使っているところでしょう、飯米で無茶苦茶レベル高いお酒を造る蔵の一つだと思います。
 「限定 本生酒 要冷蔵」の記載が輝いております。

20201130130637779.jpg

 上立ち香はフレッシュかつスッキリ系の果実香がそこそこに。
 含むと、控えめな甘さを纏ったバランスの良い印象の旨味がスルスルと入ってきて、あくまで裏方に渋味を感じさせつつ、勢いを保ったまま胃の中に流れ込んできます。
 味わいは、フレッシュかつ若干硬質なクリスタルな感じの、旨味渋味を中心とした全体のバランスで透明感を感じさせるもので、程よい飲みごたえと飲み飽きなさを両立させていますね。
 後味は、中庸な濃度を、渋味中心で自然に引き上げます。

 フレッシュかつ渋味を纏ったそこそこの濃度の旨味を、全体として極めて高純度に楽しませてくれるお酒でした。
 う~む、これはまた私からすると評価が難しい…、いかんせん甘旨味が控えめで、バランスとキレで勝負するお酒なので、個人的ストライクゾーンからは若干外れます。
 逆に言うと、バランスとキレを重視する方には、いつもの勝山縁に自然なフレッシュ感が加わったお酒として素直にオススメできるかと。
 これでハッキリわかりましたが、私は少なくとも「縁」より戦勝政宗の方が好みということなのでしょう。(高級品は飲んだこと無いので不明)
 勝山、とりあえず個人的には、戦勝政宗の生酒をガンガン出してほしいところです。

20201130130645457.jpg

名称:勝山 「縁」 純米吟醸 限定本生酒
蔵元情報:勝山酒造株式会社
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:池袋西武
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 勝山 純米吟醸

2020年12月06日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

戦勝政宗 「令和」元年初搾り 純米吟醸 生酒

家飲み記録 戦勝政宗 「令和」元年初搾り 純米吟醸 生酒

20191125133013540.jpg  20191125133021662.jpg

 宮城県仙台市のお酒です。
 ブログでの登場は3回目と、以外に少な目ですね。

 勝山酒造と言えば、個人的には2019年のIWC(インターナショナルワインチャレンジ)で「チャンピオン・サケ」に輝いていたことが最近の印象に残っています。
 ただ、勝山の受賞歴ってそれだけじゃないんですよね…、2019年の蔵マスターでも最高賞取ってますし、サケコンペでは昔から常連ですし…、「献」の商品紹介でのメダル表示なんか凄いことになっています、まさに総ナメって感じ。

 鑑評会同様、こういう日本酒コンテストが銘柄セレクトの際参考になるかどうかについては賛否あると思いますが、ここまで圧倒的だと意識せざるを得ないと思いますね。

 さて、今回いただくのは、勝山のお酒のなかでも個人的に「コスパ」の点で図抜けていると思っている戦勝政宗、その改元記念限定酒になります。
 戦勝政宗の生酒って滅多に見ないんですよね~、今回はちょうどいい機会だと思ってセレクトした次第。
 首のラベルに「令和元年5月に搾ったお酒です」との記載がありますね、ちなみに開栓は7月。

20191125133029603.jpg

 上立ち香はフレッシュ、かつ若干甘さを感じる果実香が控えめに。
 含むと、濃厚かつインパクトのある甘酸味が力強く入ってきますが、一瞬後で出てくるアルコール的な辛さで割としっかりと引き締まりつつ、バランスを保ったまま入り込んできます。
 味わいは、結構味が乗ってきた感じの砂糖的な甘味や、柑橘系果実の酸をしっかりと感じさせつつ、辛さでダレを見事に防ぐ、飲みごたえと飲み飽きなさをしっかりとしたバランスで両立させたもの。
 後味は、辛さがなんというか完璧な感じで、力強くもキツさを抑えてキレます。

 濃厚な甘酸味をしっかりと楽しませてくれつつ、一切のダレを感じさせない、超絶バランスの芳醇酒でした。
 いやあ流石ですねえ…、火入れの戦勝政宗も好きですが、生酒でも全然イケるというか、むしろ生酒の魅力が加わることでより自分好みの方向になってくれた印象。
 高価格でもありませんし、期待通り、いやそれ以上の味わいだったと思いますね、実際この蔵の実力はとんでもないレベルですよええ。
 戦勝政宗、是非この生酒版も通常ラインナップに加えて欲しいと思わせてくれた一本でした。

20191125133037828.jpg

名称:戦勝政宗 「令和」元年初搾り 純米吟醸 生酒
蔵元情報:勝山酒造株式会社
購入価格(税抜):3,200円/1,800ml
購入した酒屋さん:いまでや(通販)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月28日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

勝山 特別純米 濃純旨口 縁

本日の家飲み 勝山 特別純米 濃純旨口 縁(えん)

20150420122623817.jpg  20150420122642444.jpg

 宮城県仙台市のお酒です。
 ブログでは同蔵の限定品である戦勝政宗をすでに紹介していますね。

 戦勝政宗は自分の中でかなりのお気に入りで、特に火入れ酒の中では10本の指に入るレベルで好みだったりします。
 しかし、実は通常品である「勝山(かつやま)」については今まで家飲み経験がなかったため、今回セレクトした次第です。
 ちなみに勝山のラインナップとしてはこちらが最も安価なスペックで、他は全部四合瓶2,500円オーバーという…
 四合瓶三万の「ダイヤモンド暁」に象徴されるように基本高級志向のブランドのようで、なかなか手が出ない銘柄でもあります。

 スペックは、戦勝政宗と同様ひとめぼれを使っているところが特徴でしょう。
 というか戦勝政宗の特別純米とどこが違うのか良くわかりません、ホームページにいろいろ記載はあるんですが…。

20150420122658614.jpg  20150420122716975.jpg

20150420122752271.jpg  20150420122808906.jpg

 上立ち香は落ち着いてバランスのよいお米の香りが控えめに。
 含むと、透明感があってスッキリした印象の旨味がスルッと入ってきて、若干の辛さの刺激でキリリとしたまま流れ込んできます。
 旨味は、ほどほどの濃度で甘さと辛さが拮抗する感じ、ただ苦渋をほとんど感じないためにキツさより柔らかさもあるように思えます。
 後味は透明感とスッキリ感と保ったまま、自然にキレます。

 非常にバランスの良い、クセが無く飲みやすくて優しい印象のお酒でした。
 といいつつ、最近無濾過生原酒ばかり飲んでいるからか、ちょっと薄いような気がしてしまうのはやむを得ないのかしら…
 どちらかと言うと、戦勝政宗の方が濃厚だった気もするのですが、同時に飲まないとちょっと分からないですね(同時でもわからなかったりして)
 兎も角、勝山の安定感をしっかり感じた1本でした。

20150420122730465.jpg  20150420122825197.jpg

名称:勝山 特別純米 濃純旨口 縁
精米歩合:55%
使用米:ひとめぼれ
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:仙台伊澤家 勝山酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 勝山 特別純米

2015年05月29日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |