FC2ブログ

勇心 純米吟醸 九号酵母

家飲み記録 勇心 純米吟醸 九号酵母

20190307155602226.jpg  20190307155612091.jpg

 香川県綾歌郡綾川町のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 こちらは高松出張時、「ワタナベ酒店」さんで買ったお酒です、ちなみに以前飲んだときも同店での購入です。
 日誌係さんが強く推していたお酒であること、蔵の主力商品が「ライスパワー」という美容・健康食品であることについては、前回の記事で書きました。
 やっぱり東京では見付けられないお酒ですので、久しぶりのチャンスを逃さずセレクトした次第です。
 
 スペックは地元産山田錦を55%まで削った、おそらく加水有りの火入れ酒、値段がちょっとお高いのが難点ではありますね。
 当然ながら本当は生が欲しかったのですが、時期が悪かった…
 2018/11出荷で、実は購入直後ホテルで開栓して感想メモりつつ飲みました。

20190307155621744.jpg  20190307155631319.jpg

 上立香は結構熟感のあるチョコ系のかおりがそこそこに。
 含むと、落ち着いてまろやかな印象の旨味が、少々の辛さを伴ってゆっくりと入ってきて、最後までしっかりとバランスを保ったまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、程よく熟した、甘さ控えめのバナナ的な旨味が中心にあり、そこに結構強めながらもどこか柔らかさのある辛さが伴うことで、非常に飲み進めやすい印象を受けるもの。
 後味は、やはり辛さが引き取って素晴らしいキレ。

 「中庸」を感じさせる、甘、熟、辛が絶妙のバランスを取る、極めてキレの良いお酒でした。
 大体ラベルに書いてある通りの印象の味わいでしたね、コクがあるのにキレがある、というフレーズを思い出しました。
 甘旨味のある、良く出来たひやおろしって雰囲気なんですよ、秋の味覚(さんまとか)に合いそうといいますか。
 私は生の方が好みですが、こちらのほうが万人向けなんじゃないかしら。
 勇心、東京でも入手できるようになってほしいお酒の一つです。

20190307155650155.jpg  20190307155640319.jpg

名称:勇心 純米吟醸 九号酵母
蔵元情報:勇心酒造株式会社
購入価格(税抜):2,000円/720ml
購入した酒屋さん:ワタナベ酒店(高松)
お気に入り度:8.4/9.0

■おまけギャラリー:ホテルでの一人酒盛りの様子
20190307155704614.jpg
 ワタナベ酒店さんで色々とつまみも買いましたが、やはり外飲みより安上がりなのが良いですね…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 勇心 純米吟醸

2019年03月15日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

勇心 純米吟醸 生酒 十四號酵母 26BY

本日の家飲み 勇心 純米吟醸 生酒 十四號酵母 26BY

20160307110427369.jpg  20160307110447904.jpg

 香川県綾歌郡綾川町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 前回の綾菊同様、高松の「ワタナベ酒店」さんで購入したお酒です。
 取扱い銘柄には川鶴や凱陣など、既に全国区で評価されているものもありましたが、やはり出張先では東京でなかなか買えないものが欲しいということでのセレクト。
 特にこの「勇心」は、「日本酒感想日誌」さんのかなりの高評価を見て以来欲しいと思っていた銘柄で、ギャザリーの「いつか飲みたい銘柄」リストにも載せていましたので、今回念願かなっての入手という感じでした。
 ちなみに、こちらを醸す勇心酒造は歴史ある造り酒屋なのですが、現在は「ライスパワー」という美容・健康製品が完全に主になっているようです。
 醸造発酵技術をコアにして見事に業務を発展展開させた成功事例という感じですね、それでいて「酒造」という看板を下ろさないところに哲学を感じます。

 というわけで、今回いただくお酒も生産量が非常に少ないらしく、東京では一度も見かけたことがありません。
 店頭には火入れスペックしかなかったのですが、店長さんに確認したところ、倉庫に一本だけ残っていたのを売っていただきました(ありがとうございます)。
 搾った後にほぼ1年は経過している生酒です、お値段はちょっとお高め。
 ラベルが非常に格好良いですね…、完全にデザイナーのお仕事って感じです。

20160307111044990.jpg  20160307110530792.jpg

 上立ち香は少々落ち着いた感じの濃厚な果実香が控えめに。
 含むと、個性的かつ奥深い感じの濃厚な甘旨味が素直に入ってきて、そのままゆっくりと溶け出し、心地よい苦味を伴い舌触りなめらかに染みこんできます。
 味わいは、洋梨?リンゴ?の熟し切った果実の甘味が主役なのですが、裏にほろ苦さも感じさせ、生酒らしさも残している感じですね。
 後味は、おお、最後の最後に喉奥に心地よい旨味が残る気がする、これはあまり無い経験!

 旨味が香りにならずにしっかりと凝縮されているかのような、骨太かつバランスの良い甘旨酒でした。
 いやあこれはレベル高いです、荒さを全く感じさせず、旨味に個性がある。
 ただ、ちょっと熟し過ぎな感もあったかも、まあこれはお酒のせいではないので、次はより良いタイミングでいただきたいですね。
 勇心、間違いなく首都圏で勝負できる銘柄です、何とか進出してきて欲しいなあ。

20160307110508756.jpg  20160307111026321.jpg

名称:勇心 純米吟醸 生酒 十四號酵母 26BY
精米歩合:55%
使用米:山田錦
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:勇心酒造株式会社
購入価格(税抜):2,000円/720ml
購入した酒屋さん:ワタナベ酒店(高松市)
お気に入り度:8.4/9.0(値段も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 勇心 純米吟醸

2016年03月11日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |